少女時代 / LOVE&PEACE

はてなブックマークに追加
少女時代 / LOVE&PEACE
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    LOVE & PEACE
  • ジャンル:
    エイジアン・ポップ
  • レーベル:
    SMエンタテインメント / NAYUTAWAVE RECORDS
  • 規格品番:
    UPCH-20337
  • 価格:
    3,204 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    少女時代 / LOVE&PEACEをAmazon.co.jpで購入する少女時代 / LOVE&PEACEを@TOWER.JPで購入する少女時代 / LOVE&PEACEをHMV.co.jpで購入する少女時代 / LOVE&PEACEを楽天ブックスで購入する少女時代 / LOVE&PEACEをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
韓国ガールズ・グループの最高潮、少女時代の3枚目の日本オリジナル・アルバム。韓国曲日本語詞、日本オリジナル曲、完全新曲など、超ボーダーレスな全12曲。愛され女子系ポップスも、ヴォーカル・ワークとパフォーマンスで追随を許さない完璧ユーロ・ダンスに仕上げてくるポテンシャルの強さ。
ガイドコメント
前作『GIRLS' GENERATION II 〜Girls&Peace 〜』に続く、2013年12月11日リリースの日本3rdアルバム。「LOVE&GIRLS」「GALAXY SUPERNOVA」といったシングルを含む注目作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    4位 (2013/12/9)  ⇒  11位 (12/16)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    5位 (2013/12/9)  ⇒  18位 (12/16)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    5位 (2013/12/9)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    6位 (2013/12/9)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    5位 (2013/12/9)  ⇒  5位 (12/16)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    3位 (2013/12/9)  ⇒  9位 (12/16)  ⇒  9位 (2014/4/21)
収録曲
01Gossip Girls
高速なクラップを刻むエスニックなリズムが駆け抜けるアッパー・ダンス・チューン。ケチャやバングラ・ビートを思わせる呪術的で妖艶な雰囲気のなかで、“本当は寂しがり屋の女の子なの”と恋に生きる女心の本音をチラリと覗かせる。抑揚激しいフックは中毒性抜群。
02motorcycle
私たちの目指す道をスピード上げて駆け抜けるわと、自信ありげに言い放つ。誰が一緒に乗るのかしら? と挑発しながら、半端なヤツや邪魔するヤツは置いてくわとキメる。クラブユースフルで爽快なデジタル・ダンス・チューンだ。
03FLYERS
アヴリル・ラヴィーン風USガール・ロックを思わせる、キュートで明るいポップ・ロック。大地を蹴って空へ高く舞い上がれ……難しいこと忘れて自分らしくいこうというフレンドリーなメッセージが嬉しい。アガるフックのリフレインは、つい口ずさみたくなるノリの良さ。
04GALAXY SUPERNOVA
スキニージーンズで踊るサマンサタバサCMソングでも話題となった8thシングル。Jeff Miyaharaのアレンジで華やかさを増したトランシーなエレクトロなダンサーで、フックの“トゥトゥトゥルトゥトゥ〜”のキュートなフレーズが耳を強烈に刺激。
05LOVE&GIRLS
1000人の女子が踊るPVであっと言わせた7thシングル。クラップ、ホイッスル、“フゥー、フゥー”のコールが飛び交うリズミカルなダンサーで、“命短し恋せよ乙女”を2010年代風に描いたどこまでも明るく陽気な曲風が魅力だ。
06BEEP BEEP
タイトルの“BEEP”は電信音のこと。なかなか電話に出てくれない意中の彼へ、恋の電波よ届けと祈る姿がいじらしい。“Hello Hello もしもし〜”のフックもキュートだ。Jeff Miyahara制作によるパステルな彩りのダンサブルなポップ・チューン。
07My oh My
60年代ソウル・ポップの影もチラホラと垣間見える、アルバム『LOVE&PEACE』のリード曲。浮気な恋人に愛想を尽かし、“アナタの家はもうないわ”と激怒。愛くるしい曲風だが、家はもう燃やして消しちゃったと内容は過激。
08LIPS
一気にラヴ・アフェアへと突入するホットな情愛を描いた、ヒップホップ・ソウル風アプローチのR&Bチューン。頬と唇がトモダチと愛との境界線……キスで焚き付けられたうごめく感情を吐露する、セクシーな歌唱も魅力だ。
09DO THE CATWALK
モデルのように華やかにランウェイを歩く姿が思い浮かぶ、ファッショナブルなダンス・ポップ。上機嫌な口笛と“ドゥダ、ドゥダ”と繰り返す中毒性あるフックが魅力で、自分に自信持ってと励ますガールズ応援歌となっている。
10Karma Butterfly
メランコリックなEDMサウンドをバックに自らに問い続けるのは、本当の自分を取り戻すのという決意。蝶のように思いのままに飛び立つ……という自己解放ソングで、冷温なシンセ・ビートと熱を帯びたヴォーカルの対比が印象的。
11リンガ・フランカ
キュートでリズミカルなトラックに乗せて、“恋せよ乙女!”を高らかに宣言するガールズ・アンセム。タイトルは“国際共通語”のことだが、ガールズのそれはやっぱり恋愛。少女時代らしい微笑ましいハーモニーで歌い上げる。女子共感度の高いナンバーだ。
12Everyday Love
月、火、水、木、金、土……いつだってあなたへのとめどない想いを寄せる、健気な乙女ゴコロを綴ったナンバー。春らしい晴れやかでカラフルなキラキラ系ポップスによるラヴ・ソングで、終盤にはラップも披露している。
アーティスト
  • 少女時代
    韓国出身の女性アイドル・グループ。SMエンターテインメント所属の練習生の中から選抜された9人で構成。2007年に「また巡り逢えた世界」で韓国デビュー。2009年、「Gee」が韓国ヒットチャート史上初の9週連続1位を記録する爆発的ヒットとなり……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015