KREVA / 愛・自分博 [CD+DVD] [限定][廃盤]

はてなブックマークに追加
KREVA / 愛・自分博 [CD+DVD] [限定][廃盤]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    LOVE EXPO
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    Knife Edge
  • 規格品番:
    PCCA-02222
  • 価格:
    3,300 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    KREVA / 愛・自分博 [CD+DVD] [限定][廃盤]をAmazon.co.jpで購入するKREVA / 愛・自分博 [CD+DVD] [限定][廃盤]を@TOWER.JPで購入するKREVA / 愛・自分博 [CD+DVD] [限定][廃盤]をHMV.co.jpで購入するKREVA / 愛・自分博 [CD+DVD] [限定][廃盤]を楽天ブックスで購入するKREVA / 愛・自分博 [CD+DVD] [限定][廃盤]をTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
ヒット・シングル「イッサイガッサイ」「スタート」「国民的行事」を含む全12曲入りの2ndアルバム。それらシングル曲以外も名曲揃いの傑作に仕上がっている。
ニュース
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2006/1/30)  ⇒  12位 (2/6)  ⇒  24位 (2/13)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    4位 (2006/1/30)  ⇒  8位 (2/6)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2006/1/30)  ⇒  5位 (2/6)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2006/1/30)  ⇒  6位 (2/6)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2006/1/30)  ⇒  5位 (2/6)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2006/1/30)  ⇒  6位 (2/6)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2006/1/30)  ⇒  6位 (2/6)  ⇒  11位 (2/13)
収録曲
[Disc 1]
01H.A.P.P.Y
2ndソロ・アルバム『愛・自分博』のオープニング・トラック。女性コーラスとシンセのループによる優しげなトラックをバックに、前向きなライミングを聴かせる一曲で、タイトルどおりにハッピーにしてくれる。とても和めるリラクゼーションを感じさせ、のんびりとした気分で楽しめる仕上がりとなっている。
02国民的行事
「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」に歌詞を乗せてしまったという、遊び心あふれるトラック。麗しい弦楽の調べに、リズムとスクラッチを乗せ、“やるぞ、やるぞ、やるぞ、俺はやるぞ”とやる気満々を高らかにアピール。かのモーツァルトも、まさかこんな歌詞が付くなんて夢にも思わなかったろう。
03It's for you
耳に残るメロディを奏でるストリングス系のシンセをループさせたトラックが印象的な、ミッド・テンポの叙情的な一曲。淡々としたラップを聴かせるが、ブレイクやコーラスの入れ方でアクセントを付けている。終始低目の声で、語りかけるような優しさを感じさせる。表現力の豊かさとトラック作りの上手さが光る。
04いいと思う
どこかのどかなトラックと女性コーラスが耳につく。そのトラックをバックにしたラップは、全体的にゆったりとした雰囲気。“笑っていいとも”と聴こえるコーラスが、妙にテンションが低くて少しばかりファニーな雰囲気も醸し出している。なんだかホッと一息つけるような優しい一曲で、心地良さが抜群だ。
05island life (feat.SONOMI)
KREVAがプロデュースした女性シンガー、SONOMIをフィーチャリングしたナンバー。沖縄の三線が心地良く響き、タイトルどおり、“島”を想わせる。青森出身のSONOMIに、南国の雰囲気あふれる曲を歌わせるというミスマッチも非常に興味深く、また、見事にハマっている。音楽的センスにあふれる仕上がりだ。
06イッサイガッサイ
まったりするでもなく、バカ騒ぎするでもなく……なんともいい塩梅のリゾート系サマー・チューン。ゆったりしたリズム・トラックに乗せた木管とアコギの調べが、なんとも心地よい清涼感を生み出している。そよ風に吹かれていたら、いつの間にか猛暑が終わっちゃいました、という感じの爽やかな3分のヒップホップ。
07涙止まれよ (feat.SONOMI)
KREVAのレーベル“くLABEL”の第1弾アーティスト、SONOMIをフィーチャリングしたナンバー。シングルになった「イッサイガッサイ」と同系統の、キャッチーで優しげなトラック作りになっている。SONOMIの歌うコーラスのメロディが非常に印象的で、誰かを励ます前向きなラップと相まって良い効果を生んでいる。
08江戸川ロックオン (feat.CUEZERO、WADA)
CUEZEROとWADAをフィーチャリングし、出身地である江戸川区に対する郷愁を謳った一曲。ゆったりとした雰囲気で、同じ団地に住んでいたというCUEZEROとの相性バッチリのラップを聴かせる。“ガキの頃の話”というコーラスも耳に残る。エンディングは、友人と思われるさまざまな名前を連呼してフェイド・アウトする。
09暗闇のナビゲイラ
重厚なストリングスをサンプリングしたトラックを聴かせる一曲。どこか叙情的なナンバーで、少しばかり寂しげなラップを聴かせるが、優しい雰囲気も感じさせる仕上がりだ。エコーがかかったようなオープニングはタイトルどおり“暗闇”を思わせるなど、視覚的なイメージがどこからともなく沸いてくるような印象。
10トリートメント (feat.DABO、CUEZERO)
DABOとCUEZEROをフィーチャリングした一曲。明るく突き抜けるようなトラックをバックに三者三様のラップを聴かせ、クールに決めてはいるが、楽しさが表に出てしまうような、そんなイメージを思わせる。キャッチーで、思わず体が揺れ動く仕上がりになっており、コミカルなライミングも効果を出している。
11スタート
別れは次へのスタート・ライン。人生のワン・シーンを綴ったリリックに、自身のソロ第二章の始まり宣言を織り交ぜたポジティヴィティあふれる5th。ブラスをフィーチャーしたムーディーなトラックの上を、KREVAならではのメロディアスなフロウが自在に泳ぐ。その豊かな表現力は、まさに叙情派ヒップホップ(?)。
12My Life
タイトルどおり、自分の人生観とでも言うべきライミングを聴かせるナンバー。“タイムマシンなんかいらない”、“今を一番楽しんでいこう”という歌詞に、現在の自分自身に対する自信と信念が感じられる。トラックは実にシンプルで最低限の音数しかないが、それが歌詞とラップをよりいっそう引き立て、強い印象を残す。
[Disc 2]〈DVD〉
01イッサイガッサイ (Video Clips)
02スタート (Video Clips)
03国民的行事 (Video Clips)
04TV SPOT
アーティスト
  • KREVA
    1976年6月18日生まれ、東京都出身のラッパー/シンガー・ソングライター/プロデューサー。愛称は“Dr. K”。大学時代からBY PHAR THE DOPEST、97年よりKICK THE CAN CREWとして活動。「B-BOY PAR……
  • 同時発売作品
    PCCA-02223   3,080円(税込)   2006/02/01 発売
    KREVA / 愛・自分博 [廃盤]をamazon.co.jpで購入するKREVA / 愛・自分博 [廃盤]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するKREVA / 愛・自分博 [廃盤]をHMV.co.jpで購入するKREVA / 愛・自分博 [廃盤]を楽天ブックスで購入するKREVA / 愛・自分博 [廃盤]をTSUTAYAで購入する
    ヒット・シングル「イッサイガッサイ」「スタート」「国民的行事」を含む全12曲入りの2ndアルバム。それらシングル曲以外も名曲揃いの傑作に仕上がっている。……
    PCCA-02224   2,200円(税込)   2006/02/01 発売
    KREVA / 元・新人クレバ [限定][廃盤]をamazon.co.jpで購入するKREVA / 元・新人クレバ [限定][廃盤]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するKREVA / 元・新人クレバ [限定][廃盤]をHMV.co.jpで購入するKREVA / 元・新人クレバ [限定][廃盤]を楽天ブックスで購入するKREVA / 元・新人クレバ [限定][廃盤]をTSUTAYAで購入する
    KICK THE CAN CREWでヒットを連発するKREVAのソロ1stアルバムから、ボーナストラックを1曲カット、ジャケットを新装し、ナイスプライスにて再発。グループ時代よりシンプルでポップなKR……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015