オリジナル・ラヴ / LOVE! LOVE!&LOVE! [2CD] [再発][廃盤]

はてなブックマークに追加
オリジナル・ラヴ / LOVE! LOVE!&LOVE! [2CD] [再発][廃盤]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    LOVE! LOVE! & LOVE!
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    イーストワールド
  • 規格品番:
    TOCT-10429〜30
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    オリジナル・ラヴ / LOVE! LOVE!&LOVE! [2CD] [再発][廃盤]をAmazon.co.jpで購入するオリジナル・ラヴ / LOVE! LOVE!&LOVE! [2CD] [再発][廃盤]を@TOWER.JPで購入するオリジナル・ラヴ / LOVE! LOVE!&LOVE! [2CD] [再発][廃盤]をHMV.co.jpで購入するオリジナル・ラヴ / LOVE! LOVE!&LOVE! [2CD] [再発][廃盤]を楽天ブックスで購入するオリジナル・ラヴ / LOVE! LOVE!&LOVE! [2CD] [再発][廃盤]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
ピチカート・ファイヴを脱退後、オリジナル・ラヴに専念することになった田島貴男率いる6人組のCD2枚組のデビュー作。流行のブラック・ミュージックの要素からひねったポップ感覚まで才気は十二分。きまじめさが少し作品を重くしているところも。
収録曲
[Disc 1]
01BODY FRESHER
記念すべき1stメジャー・アルバム『LOVE!LOVE!&LOVE!』のオープニングを飾るスムージーなジャズ曲。初期のエロティックなナンバーのひとつだが、ユーモラスなSE的イントロやストレートな4ビートを取り入れることで、シャレた雰囲気に仕上げている。いい意味でクセの抜けた田島貴男のヴォーカルも魅力的。
02BLUE TALK
メジャー・デビュー・シングル「Deep French Kiss」のカップリングとなったラテン・ジャズ・ナンバー。アフロ・キューバン・リズムによる王道的なラテン・フレーズのイントロから怪しげな4ビート・ジャズへ展開し、ライヴ映えする派手やかなエンディングを迎える。田島貴男の控えめなヴォーカルも実に魅力的。
03DEEP FRENCH KISS
91年6月14日リリースの記念すべきメジャー・デビュー・シングル曲。アシッド・ジャズとも“渋谷系”ともいわれるグルーヴィでシャレたサウンドが特徴。爽やかにエロティックな歌詞は、当時ドラマーとして在籍していた宮田繁男が手掛けている。まだ主流ではなかった12センチ・シングル盤でのリリースも話題になった。
04GIANT LOVE
05SWEET AND SUGAR NIGHT
06FAT LOVE STORY
07TIME
08夜をぶっとばせ
“渋谷系”の王道を行く軽快なポップ・チューン。小西康陽が手掛けるエロティックな歌詞と田島貴男のシャウト気味のパワフルなヴォーカルが魅力。ピチカート・ファイヴのアルバムにも収録されている人気曲で、若干バック・ビートが強調されたグルーヴにピチカートの名残がある。ライヴでは弾き語りで披露されることも多い。
[Disc 2]
01LOVE VISTA
02WITHOUT YOU
03I WANT YOU
04DARLIN'
05JUMPIN' JACK JIVE
06LOVE SONG
07ORANGE MECHANIC SUICIDE
田島貴男が17歳の頃に書いたという最初期のナンバー。意味深な歌詞と気だるい歌いまわしが醸し出す独特の世界観が魅力で、インディ時代のアルバム『ORIGINAL LOVE』収録のポップなアレンジとは大きく異なる。さらにライヴではギターの弾き語りも披露するなど、彼の振り幅の広い音楽性を感じさせる一曲だ。
アーティスト
  • ORIGINAL LOVE
    日本の音楽ユニット。1985年に田島貴男を中心として結成したレッドカーテンが前身。87年より“オリジナル・ラヴ”として活動を開始。ロック、ブルース、パンク、ジャズ、ワールド・ミュージックなど幅広い音楽性を吸収したソウルフルなポップ・ソングを……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015