西野カナ / LOVE one.

はてなブックマークに追加
西野カナ / LOVE one.
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    LOVE ONE.
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    SME Records
  • 規格品番:
    SECL-792
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    西野カナ / LOVE one.をAmazon.co.jpで購入する西野カナ / LOVE one.をHMV.co.jpで購入する西野カナ / LOVE one.を楽天ブックスで購入する西野カナ / LOVE one.を@TOWER.JPで購入する
    西野カナ / LOVE one.を山野楽器で購入する西野カナ / LOVE one.をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ガイドコメント
2008年2月のメジャー・デビュー以降のシングルをコンプリートする、西野カナの1stアルバム。WISEをフィーチャーしたヒット曲「遠くても」やm-floのVERBALを迎えた「君の声を」などを含む、充実の楽曲が揃っている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    22位 (2009/6/22)  ⇒  40位 (6/29)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    20位 (2009/6/22)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    6位 (2009/6/22)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    9位 (2009/6/22)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    10位 (2009/6/22)  ⇒  14位 (6/29)
収録曲
01*Prologue*〜Kirari〜
アルバム『LOVE one.』の冒頭を飾る、文字どおりのプロローグ・ナンバー。恋することがこんなにも楽しく嬉しいという気持ちを、ストリングスを軸としたホープフルなサウンドをバックに歌う。今にも夢の中へ滑り込みそうな、ほんわかとした歌唱が魅力。
02遠くても (feat.WISE)
若い世代の遠距離恋愛をリアルにとらえた5thシングル。会いたい気持ちが募る男女の恋仲は、ありふれた言葉でも宝物へと昇華する。シンプルな鍵盤によるキラキラとしたトラックは、ジョルジョ・カンチェミのプロデュース。
03doll
the agniss制作によるダンサブルなエレクトロ・ハウス。電話をかけてきてと哀願する乙女心やベルが鳴る瞬間のときめき、それが叶わず夜が明けてしまった時の無情さを声色を変えて繊細に表現。ディスコ風のファンキーな味付けがグッド。
04Girlfriend
意中の彼にはすでに恋人がいて、友達どまり……。それでもめげない女の子の恋のチャレンジを歌う、爽快なポップ・ロック。弱気と強気の間を行き来する気持ちを映し出した歌唱が楽しい。SiZKプロデュース曲。
05君の声を (feat.VERBAL (m-flo))
制作のジョルジョ・カンチェミと旧知の仲のVERBALを迎えた、キラキラしたセツナ系ミッド。近くにいるのに寄り添えないジレンマを嘆き、“君の声を聞かせて”とファルセットで歌い上げる。VERBALは西野の世界観に感化されたか、普段よりもフロウは甘め。
06Style.
少年や少女と大人の狭間で葛藤するジェネレーションの代弁をするミディアム・ポップ。もう少し子供でいたいという気持ちを、“カミサマ聞いてよ”と懇願。ジョイフルなサウンドと可憐なヴォーカルが魅力の3rdシングルだ。
07Life goes on...
山木隆一郎プロデュースによるミディアム・スロー。陽光に照らされた水面のような、きらめきのあるアレンジが幸せと安堵を運ぶ。自分の原点である家族や故郷、そして親友へ感謝の言葉を綴った、ハートウォームなメッセージ・ソングだ。
08I
アイデンティティを示す“私”をタイトルにした、SiZK制作のデビュー・シングル。バンド・サウンド風のミッドに乗せ、いつもあなたを愛してると歌う、“I”を強調したコーラス・パートのリズムにも注目。“ケータイ世代のカリスマ”による恋愛ソングの原点がここに。
09candy
グエン・ステファニーやファーギーあたりを意識したようなビッチ風エレクトロ・ポップ。“えっ、ちょマジ?!”“ん〜超上がる”などリアルな口調のガールズトークを展開。西野カナもなりきり度全開の歌唱を披露している。制作はJeff Miyahara。
10MAKE UP
失恋後の女性は是非ともチェックしておきたいナンバー。“落ちてる”日々とサヨナラして自分を磨く“メイク”をしようと、前向きな気持ちをうながしてくれる。aiko風のきらめきポップ調サウンドが心地よい4thシングル。
11glowly days
カラフルなアレンジに心躍る、SiZK制作の2ndシングル。スクールデイズをともに過ごした大切な人たちへ、“がんばれ!”と声を届けている。西野の歌唱も風に後押しされて、スイスイと駆け抜けるよう。新生活に戸惑う人たちへのメッセージ・ソングだ。
12celtic
佐久間誠のキラキラした鍵盤系アレンジが楽曲を輝かせるミディアム・バラード。会えない時会いたいよ……西野カナのテーマでもある、心に募る切なさを端的に描いた遠距離恋愛ソングだ。会えた時の素直に愛を伝えられないもどかしさも繊細に歌う。
13君に会いたくなるから
日本のスターゲイトことJeff Miyahara制作の6thシングル。西野カナを象徴する“会いたい”ソングの一つで、哀切度の高いエレクトロ・ポップを基盤にしながら、日野“ジーノ”賢治による華美な鍵盤アレンジで、重たい印象を払拭している。
14*Epilogue*〜LOVE one.〜
アルバム『LOVE one.』のラストを飾るエピローグ。ファンタジックな雰囲気をバックに、英語で“愛は情熱で、親切心で……そして、愛は強いもの”とポエトリーリーディング風に展開。西野カナ流の愛のメッセージを閉じこめた、約1分15秒の小品だ。
タイアップ
  • 「glowly days」 - TBS「カウントダウンTV」エンディングテーマ
  • 「I」 - 日本テレビ「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」POWER PLAY
  • 「MAKE UP」 - ヘキサゴンピクチャーズ「チョコレート・アンダーグラウンド」主題歌
  • 「Style」 - 富山テレビ「bbt music selection」オープニングテーマ
  • 「Style.」 - テレビ東京「SOUL EATER」エンディングテーマ
  • 「君に会いたくなるから」 - レコチョク「レコチョク」TV-CMソング
  • 「君に会いたくなるから」 - 日本テレビ「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」POWER PLAY
  • 「君の声を feat.VERBAL (m-flo)」 - 日本テレビ「フットンダ」エンディングテーマ
アーティスト
  • 西野カナ
    1989年3月18日生まれ、三重県松阪市出身の女性シンガー。愛称は“カナやん”。2008年2月にシングル「I」でメジャー・デビュー。ガーリーでスタリッシュなヴォーカルが若い女性を中心に受けてブレイク。“ケータイ世代のカリスマガール”として人……
  • 同時発売作品
    SECL-790〜1   3,333円+税   2009/06/24 発売
    西野カナ / LOVE one. [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入する西野カナ / LOVE one. [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入する西野カナ / LOVE one. [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入する西野カナ / LOVE one. [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入する西野カナ / LOVE one. [CD+DVD] [限定]を山野楽器で購入する西野カナ / LOVE one. [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    2008年2月のメジャー・デビュー以降のシングルをコンプリートする、西野カナの1stアルバム。WISEをフィーチャーしたヒット曲「遠くても」やm-floのVERBALを迎えた「君の声を」などを含む、充……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015