LOVE PSYCHEDELICO / LOVE PSYCHEDELICO 3

はてなブックマークに追加
LOVE PSYCHEDELICO / LOVE PSYCHEDELICO 3
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    LOVE PSYCHEDELICO 3
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ビクター
  • 規格品番:
    VICL-61290
  • 価格:
    2,900 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    LOVE PSYCHEDELICO / LOVE PSYCHEDELICO 3をAmazon.co.jpで購入するLOVE PSYCHEDELICO / LOVE PSYCHEDELICO 3を@TOWER.JPで購入するLOVE PSYCHEDELICO / LOVE PSYCHEDELICO 3をHMV.co.jpで購入するLOVE PSYCHEDELICO / LOVE PSYCHEDELICO 3を楽天ブックスで購入するLOVE PSYCHEDELICO / LOVE PSYCHEDELICO 3をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
2年ぶりとなるサード・アルバムはロックンロールが決して懐古主義へと流れないしなやかさをたたえている。音楽の日常性と風景や感情の彩りが誠実かつ静かに滲み出ているその音と言葉の前では、悦びとかいう大袈裟でない生きることの素敵さを教えられる。★
ガイドコメント
オールド・ファッションでいながらも、新しいグルーヴを聴かせてくれる、LOVE PSYCHEDELICOの3rdアルバム。2年ぶりとなる作品で、先行シングル「My last fight」ほかを収録。
ガイドコメント
オールド・ファッションでいながらも、新しいグルーヴを聴かせてくれるLOVE PSYCHEDELICOの3rdアルバム。前作より2年ぶりとなる作品で、先行シングル「My last fight」ほかを収録。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2004/2/23)  ⇒  1位 (3/1)  ⇒  2位 (3/8)  ⇒  12位 (3/15)  ⇒  21位 (3/22)  ⇒  29位 (3/29)  ⇒  37位 (4/5)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2004/2/23)  ⇒  1位 (3/1)  ⇒  2位 (3/8)  ⇒  14位 (3/15)  ⇒  18位 (3/22)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2004/2/23)  ⇒  2位 (3/1)  ⇒  3位 (3/8)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2004/2/23)  ⇒  1位 (3/1)  ⇒  2位 (3/8)  ⇒  9位 (3/15)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    3位 (2004/2/23)  ⇒  4位 (3/1)  ⇒  4位 (3/8)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2004/2/23)  ⇒  4位 (3/1)  ⇒  2位 (3/8)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2004/2/23)  ⇒  1位 (3/1)  ⇒  2位 (3/8)  ⇒  7位 (3/15)  ⇒  10位 (3/22)  ⇒  17位 (3/29)  ⇒  16位 (4/5)  ⇒  15位 (4/12)
収録曲
01Everybody needs somebody
ローリング・ストーンズのような間を生かしたロック風ギター・リフに、日本語と英語とのバリア・フリーをなし得たヴォーカルがブルージィに絡むナンバー。映画『ホテルビーナス』主題歌。
02Mind across the universe
スリリングなベース・ラインが生み出す強烈なグルーヴ感と乾いたロック・サウンドが共鳴した、デリコ流オルタナティブ・ダンス・チューン。宇宙空間の如くスケール感を放つKUMIのヴォーカルは、Bjorkのそれを彷彿とさせる鮮やかさ。
03My last fight
アップテンポながら、マイナー調で穏やかな印象で綴られていくナンバー。現実を等身大にさらりと歌っているような雰囲気が感じられ、派手さこそないものの、しっとりと聴ける佳曲。
04all over love
けだるさを帯びたメロディ・ラインと、KUMIのアンニュイなヴォーカルが絶妙にマッチした、アダルトなアコースティック・ナンバー。デジタル・サウンドを程よく効かせ、スタイリッシュに仕上げるデリコ的センスも秀逸。
05Happiness
去っていく男を、なす術なく見送る女……、そんな別れのシーンを描いた、GSテイストの軽快なロック・ナンバー。ウェットになりがちな女の心情も、KUMIならではのクールなヴォーカルで綴れば、“潔い別れ”にキマってしまう。
06I am waiting for you
人と人との触れあいをアコースティックの温かい雰囲気で包んだナンバー。日本語と英語を違和感なく織りまぜ、流れるように歌いあげる。彼らにとっての新境地といえる作品だ。
07fleeing star
つかみバッチリのキャッチーなリフに、荒削りなサウンドが、まさにローリング・ストーンズ。キースが乗り移ったかのようなNAOKIのギター・プレイは強烈。KUMIのヴォーカルも心なしか、粘っこいミック風(?)。
08裸の王様
疲れた体を癒しなさいと諭すような、安らぎのあるフォーキーなサウンドが特色。曲の展開によって変化する音のニュアンスが、微妙な心の動きを表現しているよう。陰と陽が絶妙なバランスを保つカントリー風フォーク・ナンバー。
09Silver dust lane
ローリング・ストーンズ「ホンキー・トンク・ウィメン」風の重く引きずるようなアクセントによるギター・リフを軸に、ブルージィなメロディをアンニュイに歌う、渋いヴォーカルが聴けるナンバー。
10Hello
哀愁を帯びたギターがアニマルズを彷彿とさせる、ブリティッシュ・ビート風ナンバー。オールディーズのラジオ局から流れるような懐かしいイントロながら、KUMIのヴォーカルが入った瞬間、それは紛れもなくデリコ・サウンドと化す。
11neverland
ビートルズのかの名曲「ミッシェル」を想い起こさせる、叙情溢れるアコースティック・ナンバー。珠玉のメロディをなぞるKUMIのヴォーカルは、レノン/マッカートニーも絶賛した、カレン・カーペンターのそれを彷彿とさせる。
123
3rdアルバムに収録の、僅か39秒の小曲。反戦デモ・ソングばりの圧倒的なパワーとグルーヴを放ちながら、次なる名ナンバー「GRAPEFRUITS」へと続く。華々しくラストを迎えるためには欠かせない助走といえよう。
13GRAPEFRUITS
シェリル・クロウを彷彿とさせる、荒削りなロック・ナンバー。印象的なフレーズを繰り返すリリックは、同じタイトルを持つオノ・ヨーコの詩集を思わせるが、サウンドはというと、アヴァンギャルドとは程遠い、ポップな仕上がり。
タイアップ
  • 「Everybody needs somebody」 - 松竹\アスミック・エース「ホテル ビーナス」主題歌
  • 「Mind across the universe」 - NTTドコモ「panasonic FOMA P903i」TV-CMソング
  • 「my last fight」 - フジテレビ「ハコイリムスメ!」主題歌
  • 「Silver dust lane」 - 江崎グリコ「ウォータリングキスミント」TV-CMソング
アーティスト
  • LOVE PSYCHEDELICO
    日本のロック・ユニット。愛称は“デリコ”。メンバーはKUMI(vo,g)とNAOKI(g,b)の2名で構成。青山学院大学の音楽サークル内で1997年に結成し、2000年にシングル「LADY MADONNA〜憂鬱なるスパイダー〜」でデビュー。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015