Jazztronik / Love Tribe [2CD] [廃盤]

はてなブックマークに追加
Jazztronik / Love Tribe [2CD] [廃盤]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    LOVE TRIBE
  • ジャンル:
    エレクトロ/ダンス(国内)
  • レーベル:
    Knife Edge
  • 規格品番:
    PCCA-02375
  • 価格:
    2,074 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Jazztronik / Love Tribe [2CD] [廃盤]をAmazon.co.jpで購入するJazztronik / Love Tribe [2CD] [廃盤]を@TOWER.JPで購入するJazztronik / Love Tribe [2CD] [廃盤]をHMV.co.jpで購入するJazztronik / Love Tribe [2CD] [廃盤]を楽天ブックスで購入するJazztronik / Love Tribe [2CD] [廃盤]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
クラブ・シーンの最前線で活躍するユニットの2枚組。ディスク1はMonday満ちるをフィーチャーしたキラー・トラックを含む新録6曲、ディスク2はパーティの空気を生々しく再現した豪華ミックスCD。低価格で高品質のハウス・チューンが堪能できるのが嬉しい。
ガイドコメント
野崎良太が率いる特定のメンバーを持たない自由なミュージック・プロジェクト、Jazztronikのレーベル移籍第1弾作品。新曲に加え、メジャー・デビュー曲「アオイアサガオ」の未発表ヴァージョンなども楽しめる2枚組だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2007/1/1)  ⇒  3位 (1/8)  ⇒  12位 (1/15)  ⇒  25位 (1/22)  ⇒  23位 (1/29)  ⇒  32位 (2/5)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    4位 (2007/1/1)  ⇒  2位 (1/8)  ⇒  13位 (1/15)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2007/1/1)  ⇒  1位 (1/8)  ⇒  6位 (1/15)  ⇒  8位 (1/22)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2007/1/1)  ⇒  5位 (1/8)  ⇒  10位 (1/15)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    5位 (2007/1/8)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2007/1/1)  ⇒  1位 (1/8)  ⇒  7位 (1/15)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2007/1/1)  ⇒  1位 (1/8)  ⇒  6位 (1/15)  ⇒  8位 (1/22)  ⇒  8位 (1/29)  ⇒  17位 (2/5)
収録曲
[Disc 1]〈Love Tribe〉
01Love Tribe (Main Mix) (feat.Miss Vehna from Soul Trip!!)
Jazztronikのイベント名をタイトルに冠した王道ハウス・チューン。ソウルフルな女性ヴォーカルによる日本語詞や大編成のストリングス・アレンジが印象的。アッパー感とロマンティックをあわせ持った“これぞジャズトロ”な一曲。
02The King of Dance
パーカッションの音色が軽快に跳ね回るハウス・インスト。涼しげな女性ヴォーカルのスキャットとフリーキーなサックスが、全編にセクシーな表情を添えている。9分弱の長尺ながら、耳当たりの優しさから最後まで爽快感が失われることはない。
03Life Syncopetion
ビートを排したトラック上に電子音の粒がカラフルに瞬くインスト・ナンバー。切なく響くピアノのリフが、聴く者の感情を静かに揺さぶる。浮遊感と清涼感に一抹の切なさが加えられた、チルアウトに最適な楽曲といえる。
04Festalica!! (Clap Ya Hands!!)
クインシー・ジョーンズを彷彿とさせる、陽気なボッサ・トラック。リムショットを多用した軽快なリズムや情熱的なメロディ・ラインのコーラス・ワーク、奔放なフルートの音色など、ラテン・フレイヴァーがふんだんに盛り込まれた楽曲に仕上がっている。
05Tiger Eyes (English Ver.) (feat.Monday Michiru)
フロアの大定番チューンのセルフ・カヴァー・ヴァージョン。ドラマティックなピアノのフレーズと新たに構築され直したビートが、原曲にはないクールな表情を生み出している。全編英詞のヴォーカルをとるのはクラブ・ジャズの第一人者、マンデイ満ちる。
06Dust to Dust (feat.Robert Gallagher&cro-magnon)
ロック・テイストが前面に押し出された、Jazztronikの新機軸。ヴォーカルにロバート・ギャラガーをフィーチャーし、ドラム、キーボード、シンセ、ベースにディスコ・バンドのクロマニヨンが参戦。生音が多用された肉体的なダンス・トラックとなっている。
[Disc 2]〈Jazztronica!! Annex〉
01One (Jocelyn Brown)
ジョセリン・ブラウンのクラブ・ヒット・ナンバー。ファンキーにうねるベースとソウルフルなヴォーカルをオーソドックスなハウス・ビートでまとめ上げる技からは、貫禄さえ感じられる。緩急のある展開も含め、「踊るための音楽」として見事な強度を誇っている。
02Love Tribe (Jazz Drive Mix) (Jazztronik)
シンプルなハウス・ビートに合わせて表情を変える曲調が印象的。気だるいコーラス・ワーク、疾走するギター、陽気で軽快なホーンのフレーズが交互に姿を現しては消えていき、最後に「Love Tribe」英詞ヴァージョンが登場するという展開も見事。
03Morning Sun (Dim's Disco Classic Re-Blend) (Incognito)
インコグニートによるアッパーなファンキー・ハウス。力強いヴォーカル・ワークと派手に跳ね回るベース・ラインが腰を踊らせる。ストリングスとホーンを大胆に起用し、メロディは常にポップ。まるで宝石のように美しく煌びやかなナンバーだ。
04Hate Won't Change Me (Quentin Harris feat.Byron Stingily)
クエンティン・ハリスによるスペーシーなハウス・トラック。テクノさながらの機械的なビートに合わせ、不穏なメロディのコーラス・ワークが展開される。肉体的な開放感ではなく、メンタルな内向性に作用するダンス・トラックといえる。
05Amor (AmigoSamba Mix) (Los Amigos)
ロス・アミーゴス・インヴィジブルズによる、ダーク・トーンのサンバ・ハウス。サンバのリズムの中で存在感を放つ、気だるく切ないメロディ・ライン。夕日が目の前に浮かんできそうな情熱的な曲調が、パーティの佳境を想起させる。
06アオイアサガオ (12 Inch Ver.) (Jazztronik)
ジャズトロニックのメジャー・デビュー曲「アオイアサガオ」の12インチ・ヴァージョン。サンバをベースにしたハウス・ビートに、軽快なピアノの音色が盛り込まれている。伸びやかな日本語詞のヴォーカルは、いつ聴いても色褪せない。
07EOL Intro (Clap Your Hands) (Luisito Quintero)
サンバ・ベースのハウス・ビートに合わせ、前半はエレクトリックなアコーディオン、中盤からはフリーキーなピアノ、後半部ではサックスの音色がそれぞれ登場する。シンプルなボトムながら、上モノが入れ替わることで表情豊かな楽曲となっている。
08The Principles of Love (Incognito)
ラテンの雰囲気が漂うパーカッシヴなトラック上を、情熱的なヴォーカルが縦横無尽に疾走する。かすれたフルートやスライド・ギターといった音のギミックも細かく盛り込まれ、リミックスのラストにふさわしい、色彩に富んだトラックとなっている。
タイアップ
  • 「Life Syncopation」 - NHK-BS2「デジタルスタジアム」オープニングテーマ
  • 「Love Tribe」 - TBS「王様のブランチ」エンディングテーマ
アーティスト
  • Jazztronik
    1976年3月16日生まれ、東京都出身のミュージシャン、野崎良太の音楽プロジェクト。メンバーを固定せずに自由なスタイルでクラブ系ジャズを展開。99年にインディで1stアルバム『numero uno』を発表。そのブラジリアン・テイストをまぶし……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015