クリストファー・オウエンス / リサンドレ [紙ジャケット仕様]

はてなブックマークに追加
クリストファー・オウエンス / リサンドレ [紙ジャケット仕様]
CD
ミニ・レビュー
自身がフロントマンだったガールズ脱退後、本人名義で発表された初ソロ作がこれ。主題となるメロディを変奏する形式で、“長年の彼女未満”ことリサンドレにまつわることなども綴っていく。基本、へなちょこポップだが、作風には愛嬌が。制作裏話を赤裸々に語った、日本独自のインタビューつき。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    10位 (2013/1/7)  ⇒  29位 (1/14)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    18位 (2013/1/7)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    5位 (2013/1/7)  ⇒  13位 (1/14)
収録曲
〈PART ONE〉
01LYSANDRE'S THEME
02HERE WE GO
03NEW YORK CITY
04A BROKEN HEART
05HERE WE GO AGAIN
〈PART TWO〉
06RIVIERA ROCK
07LOVE IS IN THE EAR OF THE LISTENER
08LYSANDRE
09EVERYWHERE YOU KNOW
10CLOSING THEME
〈EPILOGUE〉
11PART OF ME
仕様
紙ジャケット仕様
封入特典
  • 歌詞・対訳/ロング・インタヴュー
アーティスト
  • クリストファー・オウエンス
    米国サンフランシスコのインディ・ロック・バンド、ガールズの元ヴォーカリスト&ソングライター。幼少期をカルト教団で過ごした特異な経験を持つ。2007年、チェット・JR・ホワイトとガールズを結成。2009年にデビュー・アルバム『アルバム』をリリ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015