ライムスター / メイドインジャパン ザ・ベスト・オブ・ライムスター [2CD+DVD] [限定]

はてなブックマークに追加
ライムスター / メイドインジャパン ザ・ベスト・オブ・ライムスター [2CD+DVD] [限定]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    MADE IN JAPAN - THE BEST OF RHYMESTER
  • ジャンル:
    ラップ/ヒップホップ(国内)
  • レーベル:
    ネオサイト
  • 規格品番:
    KSCL-1112〜4
  • 価格:
    4,070 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ライムスター / メイドインジャパン ザ・ベスト・オブ・ライムスター [2CD+DVD] [限定]をAmazon.co.jpで購入するライムスター / メイドインジャパン ザ・ベスト・オブ・ライムスター [2CD+DVD] [限定]を@TOWER.JPで購入するライムスター / メイドインジャパン ザ・ベスト・オブ・ライムスター [2CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するライムスター / メイドインジャパン ザ・ベスト・オブ・ライムスター [2CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するライムスター / メイドインジャパン ザ・ベスト・オブ・ライムスター [2CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
ヒップホップ・グループ、RHYMESTERの2枚組ベスト・アルバム。インディーズ時代の楽曲や豪華アーティストとのコラボ作、「けしからん」のバンド・リアレンジ・ヴァージョンなどを収録。キャリア18年の集大成といえる作品だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2007/1/29)  ⇒  19位 (2/5)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    5位 (2007/1/29)  ⇒  16位 (2/5)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    4位 (2007/1/29)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    6位 (2007/1/29)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    5位 (2007/1/29)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2007/1/29)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2007/1/29)  ⇒  10位 (2/5)  ⇒  19位 (2/12)
収録曲
[Disc 1]
01キング オブ ステージ (Re-Recording)
ライムスターのイベント名ともなっている名を冠した彼らの代表曲。緩いBPMでうねるホーンに乗せて、グルーヴィなフロウが姿を現す。ベスト・アルバム用にレコーディングされたニュー・ヴァージョンだ。
02B-BOYイズム
大ネタ、Jimmy Castor Bunchの「It's Just Begun」のリフが用いられたB-BOY賛歌。軽快なテンポとファンキーな上モノ、邦楽ヒップホップが萌芽し始めた時代に紡がれたたくましいリリックは、ユーモアの中にも重みが垣間見られる。
03ザ・グレート・アマチュアリズム
高いBPMに合わせて竹内朋康(スーパー・バター・ドッグ)のアコギがかき鳴らされる、マボロシの前身ともいえる楽曲。シンプルな中にも老かいさを感じるプロフェショナルな仕事で、B-BOYの初期衝動が歌われている。
04肉体関係 part2 (逆featuring クレイジーケンバンド)
05ウワサの真相 (feat.F.O.H)
06WE LOVE HIP HOP
BPMを落としたトラックがヘヴィにグルーヴする、エレキ・ギターのチョーキングが鋭く響くヒップホップ賛歌。ジャンルの垣根を超えた活躍を見せるライムスターが歌うからこそ、ストレートなタイトルがダイレクトに響く。
07ビッグ・ウェンズデー (feat.MAKI THE MAGIC)
ブラックライトとミラーボールの似合う、メロディアスなディスコ・トラック。イントロでのMAKI THE MAGICの煽りから、ウィットに富んだ下ネタが流れ出す。「人間PCエンジン」「トベトベツチノコ」といった、思わずにニヤけてしまうフロウの大洪水。
08ブレックファスト・クラブ
イントロでスクラッチされる「延長戦ファミレスに持ち越し」というフレーズは、「ビッグ・ウェンズデー」でのMummy-Dのもの。遊び人集団ライムスターの脱力系リアル・ライフ。ワウのかかったエレキ・ピアノのリフがポップだ。
09口からでまかせ (feat.King Ghidorah&Soul Scream)
キングギドラ+Soul Scream+ライムスターという、豪華すぎるメンツによる共作。トラックにもさまざまな要素が縦横無尽に用いられ、時に不穏に、時にユーモラスに、“スター”ラッパーらのフロウをカラフルに彩っている。
10隣の芝生にホール・イン・ワン (feat.BOY-KEN)
BOY-KENが歌うダンスホール調フックのエロさが、ライムスターの下ネタと化学反応を起こした、禁断の火遊び叙事詩。曲中で用いられる「ナイスショット!」「ナイスイン!」はゲームソフト「みんなのゴルフ」からのサンプリング。
1110 Balls+2 (feat.Kick The Can Crew)
KICK THE CAN CREWをフィーチャーした、「“キャノン”と“ボール2”ブラさげた俺たち」の歌。それぞれのテクニカルなラップと、ド派手なユニゾンによるフックがジュラシック5を彷彿とさせる。トラックはトランペットが映えるラテン調。
12This Y'all、That's Y'all (session with SUPER BUTTER DOG)
13けしからん (session with SCOOBIE DO)
[Disc 2]
01オイ!
ベスト・アルバム『メイドインジャパン』収録唯一の新録曲。これぞライムスターとでも言うべきファンキーなトラックのBPMは程良く速めに設定され、オーソドックスな中にも説得力が感じられる味のあるリリックが光る。まさに「レジェンドの現在進行形」の名に恥じぬ楽曲だ。
02ロイヤル・ストレート・フラッシュ
ビッグバンド・ジャズの重厚なホーンが、カジノのようなゴージャスな雰囲気を彷彿とさせる。ヒップホップ・マナーから逸脱した特徴的な4つ打ちビートからライムスターの異物感が読み取れる、オリジナリティあふれる楽曲。
03HEAT ISLAND (feat.FIRE BALL)
04ライムスターイズインザハウス
DJ JIN節が炸裂する、80年代ミドルスクール・スタイル。大胆にエコーを効かせた派手なヴォーカル、録音の荒いドラム・ビート。そして何より耳に残るのはDJ JINの思い切りのいい2枚使いとスクラッチ。「やっぱヒップホップ最高」というリリックに納得。
05Walk On-Hey、DJ JIN Pt.2-
「DJがラップ」というタブー中のタブーをやり切るところに、ライムスターらしいアナーキズムが満ちあふれている。野太く男らしいDJ JINの声が、アドレナリンに作用するファンク・チューン。うねる低音のベース・ラインが、拍車をかけてサウンドを太くしている。
06続・現金に体を張れ
宇多丸&Mummy-Dの老かいなユニゾンとDJ JINの本能むき出しの雄叫びによる掛け合いフックが秀逸。極太のドラム・ビート、ファンキーなベース・ラインとキーボードのフレーズ、すべてが奇跡的な完成度で絡み合った重厚な楽曲だ。
07911エブリデイ
“9.11”米国同時多発テロへのライムスターからの回答。レゲエ調の跳ねるようなリズムに乗せて、暗い中にもユーモアの光るリリックが紡がれていく。飄々とした客観的な目線から、ライムスターらしいシニカルさが感じ取れる。
08プリズナーNo.1、2、3 (session with Aquapit&Yosuke Onuma)
「自由」に対する態度が寓話的に語られる、哲学的な楽曲。ジャズとボサ・ノヴァを往復する表情豊かなトラックと、脱獄をメタファーにした含蓄のあるリリック。音と言葉が高いレベルで融合した、映画のように壮大な楽曲だ。
09グレイゾーン
バングラ・ビートのように跳ねるドラムが印象的。クールなフルートのフレーズに合わせて淡々と語られる、皮肉でユニークなライムスター節。「敵? 味方? いやノーサイド」という、ライムスターの存在をそのまま言い替えたようなタイトルが意味深だ。
10耳ヲ貸スベキ
落ち着いたBPM上にウッド・ベースの音色が溶け込んだトラックがクール。「Check It Out」の日本語訳とでも言うべき、「耳ヲ貸スベキ」というフレーズが耳に残る。トラック、フロウともに、邦楽ヒップホップ初期の楽曲とは思えない完成度だ。
11リスペクト (feat.RAPPAGARIYA)
ラッパ我リヤのハードでグルーヴィなヴァースが聴けるヒップホップ賛歌。苦楽をともにした者同士による、感動的なリスペクト合戦。スティール・パンの音色が爽やかに鳴り響き、夕日が沈む水平線のような美しいトラックに仕上がっている。
12WELCOME2MYROOM
ライムスターの楽曲の中でも1、2を争うユニークさを持った楽曲。クレイジーケンバンドによる渋みのあるジャズネタが大きくグルーヴするループに合わせて、2人の玄人ライマーが部屋の中心で不満を叫ぶ。ハードコアな家呑み派ヒップホップだ。
13And You Don't Stop (Re-Work)
初期の楽曲の新録ヴァージョン。ラムゼイ・ルイス「Sun Doddess」の2枚使いによるトラックが、中空を漂うようなループ感を生み出している。「オレらもいいトシなのに いつまでたってもこの調子」というリリックが時間を越えて奏でられる。
[Disc 3]〈DVD〉
01This Y'all、That's Y'all (session with SUPER BUTTER DOG)
02ザ・グレート・アマチュアリズム
03逃走のファンク
04HEAT ISLAND (feat.FIRE BALL)
05B-BOYイズム
06ロイヤル・ストレート・フラッシュ
07ウワサの真相 (feat.F.O.H)
08現金に体を張れ
09耳ヲ貸スベキ
10ブラザーズ (feat.KOHEI)
11WELCOME2MYROOM
12肉体関係 part2 (逆featuring クレイジーケンバンド)
タイアップ
  • 「HEAT ISLAND」 - フジテレビ「怪〜ayakashi〜Japanese Classic Horror〜」オープニングテーマ
  • 「WELCOME 2 MY ROOM」 - テレビ東京「流派-R」エンディングテーマ
  • 「ウワサの真相(featuring F.O.H)」 - TBS「カウントダウンTV」エンディングテーマ
  • 「肉体関係 part2 逆featuring クレイジーケンバンド」 - テレビ東京「JAPAN COUNTDOWN」オープニングテーマ
封入特典
  • 豪華ブックレット
アーティスト
  • RHYMESTER
    日本のヒップホップ・グループ。メンバーは宇多丸、Mummy-Dの2MCとDJ JINの3名で構成。1989年に結成し、93年にアルバム『俺に言わせりゃ』でデビュー。圧倒的なスキルとパフォーマンスから“キング・オブ・ステージ”の異名をとり、2……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015