ウィーザー / メイク・ビリーヴ [デジパック仕様]

はてなブックマークに追加
ウィーザー / メイク・ビリーヴ [デジパック仕様]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    MAKE BELIEVE
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    ゲフィン
  • 規格品番:
    UICF-1040
  • 価格:
    2,669 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ウィーザー / メイク・ビリーヴ [デジパック仕様]をAmazon.co.jpで購入するウィーザー / メイク・ビリーヴ [デジパック仕様]を@TOWER.JPで購入するウィーザー / メイク・ビリーヴ [デジパック仕様]をHMV.co.jpで購入するウィーザー / メイク・ビリーヴ [デジパック仕様]を楽天ブックスで購入するウィーザー / メイク・ビリーヴ [デジパック仕様]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
苦難の末に、ようやく届けられたアルバム。前作のザラついた感触とは打って変わり、女性コーラスの使い方やギターの音色の多様性に独特のポップ・センスを感じる。もともと持っていたバンドとしてのダイナミズムも、リック・ルービンが上手く引き出している。
ガイドコメント
『マラドロワ』から約3年ぶり、通算5枚目となるウィーザーのオリジナル・フル・アルバム。良質メロディのパワー・ポップから、泣き虫節が嬉しいナンバーまでヴァラエティ豊かなロック・アルバムとなった。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2005/5/9)  ⇒  3位 (5/16)  ⇒  4位 (5/23)  ⇒  7位 (5/29)  ⇒  20位 (6/6)  ⇒  33位 (6/13)  ⇒  38位 (6/27)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2005/5/9)  ⇒  5位 (5/23)  ⇒  9位 (5/29)  ⇒  18位 (6/6)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2005/5/9)  ⇒  5位 (5/16)  ⇒  6位 (5/29)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2005/5/9)  ⇒  4位 (5/16)  ⇒  7位 (5/23)  ⇒  7位 (5/29)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2005/5/9)  ⇒  2位 (5/16)  ⇒  6位 (5/23)  ⇒  5位 (5/29)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2005/5/9)  ⇒  5位 (5/16)  ⇒  7位 (5/23)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2005/5/9)  ⇒  2位 (5/16)  ⇒  4位 (5/23)  ⇒  6位 (5/29)  ⇒  12位 (6/6)
収録曲
01BEVERLY HILLS
へヴィなサウンドと軽やかなハンド・クラップによるラップ・ロック。ビバリー・ヒルズでのセレブな日々を謳歌している風でいて、実はセレブを揶揄するひねくれた歌詞がおもしろい。スローなテンポながら、メロディは高揚感満点。
02PERFECT SITUATION
彼らの泣きメロが大好物な人は、開始30秒で感涙必至。リック・ルービンのプロデュースでコシの加わったバンド・サウンドが、巧みに起伏を付けての劇的展開をみせる。ピアノとシンセのカラフルな味つけも効果的なナンバーだ。
03THIS IS SUCH A PITY
カーズやバグルズに通じる秀逸なモダン・ポップ・ナンバーで、歌詞には恋人たちの将来への不安が歌われている。意図的にチープな要素を配したキーボード・サウンドが、楽曲全体の哀愁ムードを80年代へと擬似変換。
04HOLD ME
歌唱、演奏のテンションに激しい高低差を付けたドラマティックなナンバー。起伏の激しい曲構成は彼らが得意とするパターンのひとつ。哀願するような歌詞を熱唱するリヴァースの歌声が、過去最大級に染みてくる。
05PEACE
アコースティックとエレクトリック・パートが相互に引き立たせ合っているメロディアスなナンバー。崩壊しかけた関係修復を求める歌詞と関係があるのか、いつもの人を喰ったようなムードは皆無で、ひたすら実直に歌っている。
06WE ARE ALL ON DRUGS
“みんなクスリをやっている”と歌うサビがキャッチーな、ノリの良いハード・ロック・ナンバー。ドラッグ謳歌風の歌詞だが、もちろんこれには逆説的な意図が。ヴァリエーションに富んだギター・サウンドで飽きさせない1曲だ。
07THE DAMAGE IN YOUR HEART
ウィーザーらしからぬシリアスすぎるイントロで幕が開け、最後まで哀愁をふりまき続けるメロウ・ナンバー。恋に破れた主人公が、負け犬人生にとっては大したことじゃないと言いながらも、あれやこれやと語り尽くす。
08PARDON ME
各パートがサビへと集束するスムーズな流れに、リック・ルービンがプロデュースを手がけた成果も顕著なエモーショナル・ナンバー。歌詞では、リヴァースがこれまでに傷つけた不特定多数へ向けての謝罪が綴られている。
09MY BEST FRIEND
ザクザクとしたテンポとサウンドが小気味よいポップ・パンク・ナンバー。映画『シュレック2』のために書かれるも、タイミングが合わずに不採用になった。代わりに採用された別バンドの曲はアカデミー賞にノミネート……。
10THE OTHER WAY
エリオット・スミスの急死で落ち込む、彼の恋人を元気づけようと書かれたナンバー。が、描かれているのは、励まそうにもその勇気が出ずにいるリヴァースのリアルな姿。彼らにしては珍しくメロディがビートリッシュだ。
11FREAK ME OUT
さみしげな雰囲気の美麗ナンバー。この曲で主役を張るしなやかなハーモニーの魅力を、ストリングスなど脇役陣がやんわりとフォロー。彼ら曰く、この曲はクモについて歌ったのだとか。その解釈なら俄然面白みも増す。
12HAUNT YOU EVERY DAY
リヴァースが、ビリー・ジョエルとエルトン・ジョンを意識したと言うとおり、ピアノ・サウンドが大々的にフィーチャーされたバラード。私小説的だったリヴァースの歌詞に、本曲では多面的な表現が加わっている。
13BUTTERFLY
『ピンカートン』収録曲のライヴ・ヴァージョン。原曲はアコースティック・ギターによる弾き語りだが、本曲ではバンド・サウンドによるアレンジでプレイ。穏やかな演奏の彼方から、観客のハイ・テンションな嬌声が聴こえてくる。
14ISLAND IN THE SUN
『ザ・グリーン・アルバム』収録曲のライヴ・ヴァージョンで、イントロが鳴った瞬間にファンからは大歓声。演奏のまとまりではスタジオ版に軍配が上がるだろうが、ライヴならではのラフさが醸し出す憂いもまた染みる。
15BURNDT JAMB
『マラドラワ』収録曲のライヴ・ヴァージョン。原曲では個性的ながらも短すぎたベース・イントロが、本テイクでは遊び心あふれる長めのイントロに。他のパートもスタジオ版とは異なるアレンジを盛り込んでおり、楽しませてくれる。
(13)(14)(15)ボーナストラック
仕様
初回のみデジパック仕様エンハンストCD
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ウィーザー
    米・ロサンゼルス出身のオルタナティヴロック・バンド。メンバーはリヴァース・クオモ(vo,g)、ブライアン・ベル(g)、スコット・シュライナー(b)、パトリック・ウィルソン(ds)の4名。1992年にクオモを中心に結成。94年のデビュー・アル……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015