SUEMITSU&THE SUEMITH / “Man Here Plays Mean Piano” A New Edition 4 Sony Music

はてなブックマークに追加
SUEMITSU&THE SUEMITH / “Man Here Plays Mean Piano” A New Edition 4 Sony Music
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    "MAN HERE PLAYS MEAN PIANO" A NEW EDITION 4 SONY MUSIC
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    Ki / oon
  • 規格品番:
    KSCL-1064
  • 価格:
    2,640 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    SUEMITSU&THE SUEMITH / “Man Here Plays Mean Piano” A New Edition 4 Sony MusicをAmazon.co.jpで購入するSUEMITSU&THE SUEMITH / “Man Here Plays Mean Piano” A New Edition 4 Sony Musicを@TOWER.JPで購入するSUEMITSU&THE SUEMITH / “Man Here Plays Mean Piano” A New Edition 4 Sony MusicをHMV.co.jpで購入するSUEMITSU&THE SUEMITH / “Man Here Plays Mean Piano” A New Edition 4 Sony Musicを楽天ブックスで購入するSUEMITSU&THE SUEMITH / “Man Here Plays Mean Piano” A New Edition 4 Sony MusicをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
基本はベン・フォールズ・ファイヴ風のピアノ・ロックだが、ヒップホップやソフト・ロックの要素も垣間見せ、メジャー初アルバムにしてすでに大器ぶりを窺わせる。バート・バカラックからの影響を公言するだけあり、作曲家としての才能には確かなものがありそう。
ガイドコメント
従来のピアノ・ロックの枠組みをも軽く飛び越えたマッド&センセーショナルな“グラインド・ピアノ・ロック”を叩き鳴らすSUEMITSU&THE SUEMITHのデビュー作にボーナス曲を追加した完全版。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    40位 (2006/4/24)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    20位 (2006/4/17)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    13位 (2006/4/17)  ⇒  14位 (4/24)  ⇒  13位 (5/1)  ⇒  18位 (6/12)
収録曲
01“SUEMITSU”Here Plays Mean Piano
アルバム『Man Here Plays Mean Piano』の幕を華々しく切って落とす、イントロダクション・ナンバー。ナレーションとピアノの力強いメロディが、未来を祝福するかのように鳴り響いている。
02Irony
がっしりとしたバンド・セッションから生み出される極上の美メロは、パワー・ポップとしては完璧といっていい程の完成度。ピアノのフレーズが曲の表情にぐっと奥行きを持たせている。切なくて、甘くて、前向きな、爽快ロック・チューン!
03Arabesque
メロウなメロディで聴かせるロッカ・バラード。こういった曲調だとピアノの音が見せる感情がより豊かで、グランドピアノ・バンドという形態の特性を最も活かした曲だといえる。何度聴いてもまったく飽きがこない名曲。
04Skyscraper
ハードなAメロからBメロ〜サビで一気に弾け飛ぶ。緊張と解放を繰り返すダイナミックでパンキッシュなハード・ナンバー。ピアノがベース・ラインを奏でる、一風変わった使われ方がされているのが印象的だ。
05Basketball Game Crush
ニルヴァーナを彷彿とさせるグランジなギター・リフが映えるロックンロール・ナンバー。粗暴なサウンドに、思わず血液が沸騰するほどの興奮を覚えてしまう。クレイジーでありつつも、どこか洗練されているところが実に彼ららしい。
06The Desperado
一言でいうなら、暴走スウェディッシュ・ポップ。限界まで圧縮されたメロディがポップコーンのように弾け飛ぶアップ・チューン。軽快なフレーズとパンキッシュなビートの程良い融合が、抜群のポップネスを放っている。
07Mini Cooper
パワー・ポップらしいキャッチーなメロディにブラスとストリングスが鮮やかな彩りを添える、軽快なポップ・チューン。タイトル通り、街角を走るミニクーパーのようなかわいらしさとフットワークの軽さが感じられるお洒落な一曲だ。
08Etude
甘酸っぱいメロディが胸を締めつける、ド直球なスウェディッシュ・パワー・ポップ。降り注ぐ極彩色のブラス・ホーンと歌声に、心の底まで幸せが満ちあふれてくる。この高揚感は他では得られないほど圧倒的。
09 (I'm In)Mad Cherry Red
ハードなロック・ナンバーかと思えば、サビで一気に突き抜けるポップ・センスを見せてくれる辺りが何とも憎い。そこから畳み掛けられる七色のコーラス・ワークの美しさといったら! 曲の表情がくるくると変わる、実に多彩な一曲だ。
10Chelsea
感情豊かなピアノの音が、ダイレクトにハートを揺さぶりまくるミドル・チューン。ベン・フォールズが滅茶苦茶ロックになったかのような美メロと力強いアティチュード。美しくて切なくて、けれどちゃんと前向きになれる一曲だ。
〈“SUEMITSU”'z Other Works〉
11Part Of Your World (006 New Recording)
ベン・フォールズ・ミーツ・スウェディッシュ・ポップという禁断の融合を果たしてしまった究極のポップ・ソング。胸キュンメロディがキラメキを放ちながら、高速で駆け抜けていくこの心地よさ。一度聴いたら病みつきになること間違いなし。
12Don't You Worry 'Bout a Thing
アグレッシヴなピアノが爆音で駆け抜けるスピーディなポップ・ナンバー。ピアノ音が全面に怖じされていることもあり、ラウドな演奏な割に、透明感溢れる爽やかな仕上がりでさらりと聴ける。あえていうなら、ピアノ・メロコアというところか。
〈“SUEMITSU”Sings in Japanese〉
13Irony (“Bittersweet Irony”Japanese Version)
全英語詞の「Irony」に、元スーパーカーのいしわたり淳治が日本語歌詞を提供した別ヴァージョン。淳治独自の詩情が曲の別の魅力を引き出し、まったく違う表情を見せている。それでいてまったく違和感を持たせないあたりが上手い。
14Arabesque (“Melody Played by Great Pianist”Japanese Version)
「Arabesque」の日本語詞ヴァージョン。末光篤のメロディといしわたり淳治の歌詞が見事な化学変化を起こし、日本語なのに日本語らしくない不思議な世界観を描き出している。これこそ運命的な出会いといえる究極のコラボレーション。
(11)(12)(13)(14)ボーナストラック
タイアップ
  • 「Arabesque “Melody Played by Great Pianist” Japanese Version」 - NHK-FM「ミュージック・スクエア」オープニングテーマ
  • 「Basketball Game Crush」 - FM宮崎「Radio Paradise 耳が恋した!」オープニングテーマ
  • 「Irony “Bittersweet Irony” Japanese Version」 - FM鹿児島「FRIDAY AIR SHUFFLE HAPPY☆TRACKS」オープニングテーマ
  • 「Irony “Bittersweet Irony” Japanese Version」 - テレビ東京「JAPAN COUNTDOWN」オープニングテーマ
  • 「Irony “Bittersweet Irony” Japanese Version」 - テレビ埼玉「V-Clips」オープニングテーマ
アーティスト
  • 末光篤(SUEMITSU&THE SUEMITH)
    1971年6月4日生まれ、広島県出身のミュージシャン。名古屋音楽大学出身。2006年、SUEMITSU & THE SUEMITHとしてメジャー・デビュー。「Astaire」「Allegro Cantabile」といったヒットを放つほか、木……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015