エリック・クラプトン / ミー&Mr.ジョンソン [紙ジャケット仕様]

はてなブックマークに追加
エリック・クラプトン / ミー&Mr.ジョンソン [紙ジャケット仕様]
CD
ミニ・レビュー
94年のNo.1アルバム『フロム・ザ・クレイドル』以来となるブルース・ナンバーのカヴァー集。今回はサザン・ブルースの革新者、ロバート・ジョンソンにこだわった内容で、そのウォーキング・スタイルをはじめ、いつになく揚々とした姿が目に浮かぶ。★
ガイドコメント
2001年の『レプタイル』以来、3年ぶりとなるスタジオ・アルバムは、最も敬愛するブルース・マン、ロバート・ジョンソンのカヴァー・アルバム。クラプトンのルーツを実感できる注目の1枚。
ガイドコメント
2001年の『レプタイル』以来、3年ぶりとなるスタジオ・アルバムは、最も敬愛するブルース・マン、ロバート・ジョンソンのカヴァー・アルバム。クラプトンのルーツを実感できる注目の1枚。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    11位 (2004/3/22)  ⇒  20位 (3/29)  ⇒  18位 (4/5)  ⇒  28位 (4/12)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    8位 (2004/3/22)  ⇒  16位 (3/29)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2004/3/22)  ⇒  8位 (3/29)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    4位 (2004/3/22)  ⇒  7位 (3/29)  ⇒  7位 (4/5)
収録曲
01WHEN YOU GOT A GOOD FRIEND
ミディアム・テンポのシャッフル・ビートに乗って、クラプトンがロバート・ジョンソンばりのヤクザな歌声を聴かせる。唸りを上げるエレクトリック・ギターのソロも含めて、1936年録音のオリジナルにほぼ忠実な演奏が聴ける。2003年の来日公演でも披露された曲。
02LITTLE QUEEN OF SPADES
エレクトリック・ギターとオルガンが唸りをあげるイントロから異教的な雰囲気を醸し出すスロー・ブルース。クラプトンのヴォーカルやギター・ソロにも、背後のマウスハープにも、濃厚な邪気が漂っている。間奏でのビリー・プレストンのオルガン・ソロも秀逸。
03THEY'RE RED HOT
ビリー・プレストンのピアノが軽やかに踊るラグタイム調のパーティ・ソング。ロバート・ジョンソンがブルースだけのミュージシャンではなかったことを証明する陽気な曲。クラプトンの歌声も明るい。ピアノ、マウスハープ、ギターが順番にソロを披露している。
04ME AND THE DAVIL BLUES
音楽のために悪魔に魂を売ったという伝説を生んだロバート・ジョンソンの名曲を、アコースティックなアレンジでカヴァー。ジェリー・ポートノイのブルージィなマウスハープをバックに、ジョンソンの霊が乗り移ったかのようなヴォーカルを聴かせる。
05TRAVELING RIVERSIDE BLUES
クリーム時代の「クロスロード」の原曲のひとつでもあるブルースの名曲。性的な比喩を使った「レモン搾り」の歌詞もよく知られている。ここでのクラプトンのよこしまな歌声はまさにジョンソン譲り。スライド・ギターの邪悪な音色がこの曲の妖しさを象徴している。
06LAST FAIR DEAL GONE DOWN
4よりも2に近いブギのリズムに乗って、ギャンブルや女についてクラプトンが歌う、ミシシッピ州ガルフポートのご当地ソング。この曲のスピード感はブルースというよりもむしろパンクに近い。クラプトンの力強い歌声とスライド・ギターの音色が耳に残る。
07STOP BREAKIN' DOWN BLUES
ストーンズもカヴァーしている名曲。女には不自由しなかったというロバート・ジョンソンの性生活を想像させるスケベなブルース曲。ユルいシャッフル・ビートに乗って、「俺のアレは凄いぜ」などとクラプトンが歌う。比喩の達人だった作者によるセックス編の傑作。
08MILKCOW'S CALF BLUES
巨乳の女性を乳牛にたとえたブルース曲。クリーム版「クロスロード」のテンポを落としたようなハードなリフが先導するヘヴィなブルース・サウンドに乗って、クラプトンのスライド・ギターが唸りを上げる。ロバート・ジョンソンばりに不埒なヴォーカルも良い。
09KIND HEARTED WOMAN BLUES
クラプトンのブルージィなヴォーカルが堪能できるスロー・ブルース。ロバート・ジョンソンが1936年11月に初めて録音した曲だと言われている。よく歌うギター・ソロも秀逸。ブルースの教科書に載せたいような演奏が聴ける。2003年の来日公演でも披露された。
10COME ON IN MY KITCHEN
多くのミュージシャンたちにカヴァーされているロバート・ジョンソンの名曲のひとつ。アンプラグドなアレンジで演奏し、貫禄さえ感じさせる力強いヴォーカルを披露している。ドブロ・ギターによるソロは短いが、この曲によく似合っている音色だ。
11IF I HAD POSSESSION OVER JUDGEMENT DAY
ロバート・ジョンソンの原曲が下敷きにしていると思われる「ローリン・アンド・タンブリン」のスタイルでの演奏が楽しめる。残念ながらギター・ソロはないが、スライド・ギターが全編に渡ってフィーチャーされている。クラプトンのヴォーカルがとてもパワフル。
12LOVE IN VAIN
ストーンズによるカントリー風味のカヴァーがよく知られている名曲。クラプトンはよりオリジナルに近い解釈でカヴァー。ミディアム・テンポのユルいシャッフル・ビートに乗って、適度にレイドバックしたヴォーカルとエキセントリックなギター・ソロを披露している。
1332-30 BLUES
スキップ・ジェイムズの「22-20ブルース」からヒントを得たと思われる曲。アップ・テンポのシャッフル・ビートに乗って、クラプトンはエルヴィスばりのロカビリー・スタイルでカヴァー。間奏ではビリー・プレストンのピアノ・ソロがフィーチャーされている。
14HELL HOUND ON MY TRAIL
おそらく歌うことが難しいはずのロバート・ジョンソンの名曲を、最も独創的な解釈でカヴァーしている。この解釈については批判や疑問もあるだろうが、ここでの彼のヴォーカルはひたすら素晴らしい。そして、スライド・ギターでも鮮やかなプレイを披露している。
仕様
紙ジャケット仕様
アーティスト
  • エリック・クラプトン
    1945年3月30日生まれ、英・サリー州リプリー出身のミュージシャン。本名はエリック・パトリック・クラプトン。ジェフ・ベック、ジミー・ペイジと並ぶ“世界三大ロック・ギタリスト”と称される。63年のヤードバーズを皮切りに、ジョン・メイオール&……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015