じん / メカクシティレコーズ

はてなブックマークに追加
じん / メカクシティレコーズ
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    MEKAKUCITYRECORDS
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    SOULTAG
  • 規格品番:
    MHCL-2281
  • 価格:
    2,900 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    じん / メカクシティレコーズをAmazon.co.jpで購入するじん / メカクシティレコーズをHMV.co.jpで購入するじん / メカクシティレコーズを楽天ブックスで購入するじん / メカクシティレコーズを@TOWER.JPで購入する
    じん / メカクシティレコーズを山野楽器で購入するじん / メカクシティレコーズをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
小説家としても活躍するマルチクリエイター率いる“カゲロウプロジェクト”の2作目。ソリッドなバンド・アンサンブルから流麗なストリングスまで、ポップな中に独特の緊張感を孕んだサウンドと、ボーカロイドを駆使して速射砲のごとく放たれる言葉が構築する物語調の世界観は中毒性高し。
ガイドコメント
小説家としての顔も持つマルチ・クリエイター、じんの通算2作目となるアルバム。オリコン・チャートで初登場3位を記録したシングル「チルドレンレコード」の再録ヴァージョンなどを収録している。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    9位 (2013/5/27)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    10位 (2013/5/27)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    9位 (2013/5/27)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    8位 (2013/5/27)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    10位 (2013/5/27)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    4位 (2013/5/27)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2013/5/27)  ⇒  13位 (6/3)
収録曲
01サマーエンドロール (Instrumental)
音楽編“カゲロウプロジェクト”の完結編『メカクシティレコーズ』のイントロダクション。阿澄佳奈が声を担当したポエトリーリーディングのような内容になっており、独特の世界観とある種の“予感”を感じさせる、緊迫感のある雰囲気が魅力的だ。
02チルドレンレコード (Re Ver.)
“カゲロウプロジェクト”のオープニング・テーマでもあるファースト・シングル。キャッチーなメロディを疾走感のあるビートでグイグイ引っ張るキラー・チューンで、細かなギミックは施しつつもシンプルなアレンジが好印象。
03夜咄ディセイブ
冒頭のギターのカッティングから、ファンキーなテイストを全面に押し出したナンバー。サビでは疾走感のあるビートに、中盤ではジャズっぽいアプローチなど、シームレスに変化していくアレンジが楽しい。“嘘”をキーワードにした物語も魅力的だ。
04少年ブレイヴ
イントロのギターのストロークから、キラー・チューンの気配プンプンのアップ・ナンバー。バンド隊の音数を若干少なめにして、その隙間を縫うように鳴るピアノが透明感を演出。どこまでもポップなメロディのもと、“少年の勇気”にまつわる物語を紡ぐ。
05夕景イエスタデイ
パーカッションも取り入れたポップなサンバ風のアプローチが新鮮なダンス・ナンバー。気持ちを素直に伝えることのできない二人を描いた歌詞も微笑ましい。終盤の転調やハンドクラップなど、ちょっぴりベタとも思えるキメのフレーズもお約束。
06群青レイン (Re Ver.)
ギターのアルペジオでしっとりと幕を開けるミディアム・バラードで、サビに向けて極端なほどにクレッシェンドしていくエモーショナルなアレンジが印象的。我が子への想いを綴ったような物語とラストの“涙が零れていく”のリフレインが胸に刺さる。
07アウターサイエンス
ギリギリまで歪ませた“ワルい”ギターが唸りを上げるオープニングから、攻撃的なビートで攻めるエレクトロなサウンドが印象的なデジタル・ロック・ナンバー。そのシリアスかつネガティヴな音世界に合わせて、“嘲笑”うような言葉が並んでいる。
08オツキミリサイタル
派手に鳴り響くブラスやハンドクラップをはじめ、徹底してポップでハッピーなテイストにまとめ上げたパーティ・チューン。メロディも突き抜けてキャッチーで、大切な存在を支える健気な想いを綴った物語が心地よく耳に入ってくる。
09ロスタイムメモリー
ギターと歌による穏やかなオープニングから、ギターのリフで一気にテンションを上げるじんならではのギター・ロック・チューン。ハイトーンで荘厳な雰囲気を作り上げるコーラス・ワークや唐突に半分になるテンポなど、細やかなギミックも効果抜群。
10アヤノの幸福理論
アコースティック・ギターを中心に、ストリングスやピアノでドラマティックなサウンドに仕上げた中西亮輔の編曲が光るミディアム・バラード。“家族の思い出”をモチーフとして温かな物語を綴っているが、どこか夏の終わりのような切なさを感じさせる。
11マリーの架空世界
“カゲロウプロジェクト”の音楽編最終章を飾るハートウォームなバラード。時を刻む音ではじまるイントロから、素朴ながら心に自然と溶け込むメロディ、まるで電池が切れたかのように唐突に迎えるラストなど、隙のない世界観を創り上げている。
12クライングプロローグ (Instrumental)
「サマーエンドロール」と対をなすポエトリーリーディング風の小品。声は花澤香菜が担当。前曲「マリーの架空世界」の雰囲気を引き継ぎながら、“もし、あの時に戻れたら……”と語る冒頭はファンタジックな雰囲気に満ちた世界を作り出している。
13サマータイムレコード
「クライングプロローグ」から繋がりを持って幕を開ける“カゲロウプロジェクト”のエンディング・テーマのようなナンバー。さまざまな意味での“夏の終わり”を描いた物語と、爽やかで切ないサウンドという親和性の高い要素を組み合わせている。
仕様
スリーヴケース付き
アーティスト
  • 1990年10月20日生まれ、北海道利尻島出身の作詞・作曲家/小説家/マルチクリエイター。キーボーディストの叔父の影響を受け、6歳からキーボードを始める。2011年よりボーカロイドプロデューサーとして動画投稿を開始。“カゲロウプロジェクト”……
  • 同時発売作品
    MHCL-2278〜80   3,700円+税   2013/05/29 発売
    じん / メカクシティレコーズ [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入するじん / メカクシティレコーズ [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するじん / メカクシティレコーズ [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するじん / メカクシティレコーズ [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するじん / メカクシティレコーズ [CD+DVD] [限定]を山野楽器で購入するじん / メカクシティレコーズ [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    小説家としての顔も持つマルチ・クリエイター、じんの通算2作目となるアルバム。オリコン・チャートで初登場3位を記録したシングル「チルドレンレコード」の再録ヴァージョンなどを収録している。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015