BUCK-TICK / memento mori

はてなブックマークに追加
BUCK-TICK / memento mori
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    MEMENTO MORI
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    BMG
  • 規格品番:
    BVCR-11127
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    BUCK-TICK / memento moriをAmazon.co.jpで購入するBUCK-TICK / memento moriをHMV.co.jpで購入するBUCK-TICK / memento moriを楽天ブックスで購入するBUCK-TICK / memento moriを@TOWER.JPで購入する
    BUCK-TICK / memento moriを山野楽器で購入するBUCK-TICK / memento moriをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
25年間コンスタントに活動を続けていることがうなずける風格が漂う17ヵ月ぶりの17作目。沖縄民謡っぽい旋律の「Memento mori」をはじめとして多彩な楽曲のクオリティも高く、タイトな音の仕上がりも申し分なく、甘い歌声も嫌みに聴こえぬ大人の貫禄のアルバムである。
BUCK-TICKの2009年2月発表のアルバム。彼らならではの“美しくも儚い世界観”が見事に表現された仕上がりだ。研ぎ澄まされたバンド・サウンドには、20年以上にわたりシーンに影響を与え続けてきた実力が感じられる。
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    4位 (2009/2/16)  ⇒  23位 (2/23)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    5位 (2009/2/16)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    6位 (2009/2/16)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    6位 (2009/2/16)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    4位 (2009/2/16)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    3位 (2009/2/16)  ⇒  13位 (2/23)
トラックリスト
01真っ赤な夜-Bloody-
02Les Enfants Terribles
03GALAXY
04アンブレラ
05勝手にしやがれ
06Coyote
07Message
08Memento mori
09Jonathan Jet-Coaster
10スズメバチ
11Lullaby-3
12MOTEL 13
13セレナーデ-愛しのアンブレラ-Sweety-
14天使は誰だ
15HEAVEN
  • BUCK-TICK
    群馬県出身のロック・バンド。メンバーは櫻井敦司(vo)、今井寿(g)、星野英彦(g)、樋口豊(b)、ヤガミトール(ds)の5名。前身バンド“非難GO-GO”を母体に1985年に結成、87年にメジャー・デビュー。翌年の1stシングル「JUST……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015