ミヒマル GT / mihimagic [CD+DVD] [限定][廃盤]

はてなブックマークに追加
ミヒマル GT / mihimagic [CD+DVD] [限定][廃盤]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    MIHIMAGIC
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ユニバーサルJ
  • 規格品番:
    UPCH-9269
  • 価格:
    3,561 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ミヒマル GT / mihimagic [CD+DVD] [限定][廃盤]をAmazon.co.jpで購入するミヒマル GT / mihimagic [CD+DVD] [限定][廃盤]を@TOWER.JPで購入するミヒマル GT / mihimagic [CD+DVD] [限定][廃盤]をHMV.co.jpで購入するミヒマル GT / mihimagic [CD+DVD] [限定][廃盤]を楽天ブックスで購入するミヒマル GT / mihimagic [CD+DVD] [限定][廃盤]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
“ヒップ!ポップ!”をキーワードにするミヒマルGTの3作目は、ヒップホップを中心に、サマー・サルサ、レゲエ、ディスコ、ロック、果てはグレン・ミラーまで幅広く取り入れたカラフルでポップな内容。初のカヴァー曲[1](13)には、ピアノで大江千里がゲスト参加。
ガイドコメント
前作から約10ヵ月ぶりとなる3rdアルバム。ヒット・シングル「気分上々↑↑」「いつまでも響くこのmelody」「マジカルスピーカー」や、平松愛理「部屋とYシャツと私」のカヴァーを含む、ユニットとしての勢いを感じられるポップで鮮やかな1枚。
ニュース
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    4位 (2006/9/11)  ⇒  16位 (9/18)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    4位 (2006/9/11)  ⇒  15位 (9/18)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2006/9/11)  ⇒  8位 (9/18)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    5位 (2006/9/11)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    4位 (2006/9/11)  ⇒  7位 (9/18)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    3位 (2006/9/11)  ⇒  8位 (9/18)
収録曲
[Disc 1]
01いつまでも響くこのmelody
02気分上々↑↑
ディスコやらガーリーやらヒップホップやらの種々の音色をグッと凝縮・炸裂させた、まさにミラクルなナンバー。ダリヤ「パルティ」、「music.jp」、テレビ東京系『スキバラ』5月度エンディング・テーマと、驚愕のトリプル・タイアップ盤。
03Drum-Line
ドラムの音が心臓の鼓動のようなビートを刻み、恋に落ちるドキドキ感を醸し出している。マーチング・バンド風のサビ・パートとラップ・パートが交互に流れ、ラストではサビ・パートのドラムにラップが絡んでいくという、最後まで臨場感にあふれる1曲だ。
04マジカルスピーカー
“ザ・マジカルスピーカー”と歌うコーラスがキャッチー。転がるようなピアノがカリビアン・テイストのリズムを繰り出し、夏の開放的な気分を盛り上げてくれる。“受け身だった私”を積極的にしてくれそうなグルーヴィ・チューン。
05Squall
激しい雨の音からイメージされたという、過去の恋愛を振り返る詞が感傷的だ。サンプリングされた雨の音が、詞世界の切なさをいっそう際立たせる。アルバム『mihimagic』曲中では異彩を放つセンチメンタルなナンバーで、ハウス風のアレンジを配したスタイリッシュなバラードだ。
06WAVES (Interlude)
07楽園
沖縄音階で作られたフレーズをループさせ、沖縄民謡風のアレンジにレゲエをミックスした、太陽がかんかんに照りつけるようなサマー・ソング。南国を思わせるリリックとサンプリングされた波の音で、まるでリゾート地にトリップしたかのようだ。
08Hello、Pansy!!
ノリノリのディスコ・ビートに合わせて、思わずハンド・クラップしたくなるキャッチーなナンバー。途中にドラムンベースを採り入れるなど、実は細部まで抜かりのないソリッドなサウンドはさすが。「物思い」(=パンジーの花言葉)にふけるあなたも、この曲で憂鬱な気分を吹き飛ばそう!
09ツヨクツヨク
テレビ朝日TVアニメ『ガラスの艦隊』オープニング・テーマとなった10thシングル。“自分の殻を打ち破ろう”という熱いリリックをhirokoが力強く歌う。これまでの彼らの曲調とはガラリと変化したディスコ・テイストのロックなサウンドは、彼ら自身の殻をも打ち破ろうとしているかのよう。
10Over Drive (feat.SHOGO (175R))
175RのSHOGOをフィーチャーした3ヴォーカル形式の、とびきりご機嫌なヒップホップ・ナンバー。SHOGO独特の高音ヴォイスがハイテンションな曲のイメージとピタリとマッチしていて、ミヒマルGTのポップな雰囲気に違和感なく溶け込んでいる。
11さよならのうた
日本テレビ系『くりぃむしちゅーのたりらリラ〜ン』のエンディング・テーマ。桜舞う季節に繰り返す出会いと別れをモチーフに、hirokoの透明感ある伸びやかな声で優しく歌い上げた、卒業ソングの新たな定番。
12どーなのよ?最近 (feat.古坂大魔王)
古坂大魔王こと、ノーボトムの古坂和仁を迎えて、ラジオの公開収録風に編集されたトーク。2人のおちゃめな素顔が垣間見られるほか、アルバム『mihimagic』制作秘話も聴けるという、ティー・ブレイク的なあったかトラックだ。
13部屋とYシャツと私 (session with 大江千里)
ユニークな歌詞が魅力的でヒットした、平松愛理の至高のラブ・ソングをカヴァー。ピアノとアレンジは大江千里が担当し、オリジナルとは違ったジャジィで洒脱なムードたっぷりなナンバーに仕上げられている。
14WAVES 2 (Postlude)
[Disc 2]〈DVD〉
01気分上々↑↑ (Promotion Video)
02いつまでも響くこのmelody (Promotion Video)
03いつまでも響くこのmelody (Making)
04マジカルスピーカー (Promotion Video)
05マジカルスピーカー (Making)
タイアップ
  • 「いつまでも響くこのmelody」 - テレビ東京「怨み屋本舗」オープニングテーマ
  • 「さよならのうた」 - 日本テレビ「くりぃむしちゅーのたりらリラ〜ン」エンディングテーマ
  • 「ツヨクツヨク」 - マルハンTV-CMソング
  • 「ツヨクツヨク」 - 朝日放送「ガラスの艦隊」オープニングテーマ
  • 「マジカルスピーカー」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「マジカルスピーカー」 - ダリヤ「パルティ」TV-CMソング
  • 「楽園」 - 九州朝日放送「水と緑のキャンペーン」テーマソング
  • 「気分上々↑↑」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CFソング
  • 「気分上々↑↑」 - エムアップ「アーティスト公式サウンド」TV-CMソング
  • 「気分上々↑↑」 - テレビ東京「スキバラ」エンディングテーマ
  • 「気分上々↑↑」 - ダリヤ「パルティ」CMソング
  • 「気分上々↑↑」 - 任天堂「燃えろ!熱血リズム魂 押忍!闘え!応援団2」TV-CMソング
アーティスト
  • mihimaru GT
    2003年1月に結成された男女2人組のポップ・ユニット。メンバーはhiroko(vo/1984年7月24日兵庫県出身)とmitsuyuki miyake(コンポーザー/1980年10月2日岡山県出身)。SMAPやBoAなどに楽曲提供するmi……
  • 同時発売作品
    ミヒマル GT / mihimagic
    UPCH-1515   2,933円(税込)   2006/09/13 発売
    ミヒマル GT / mihimagicをamazon.co.jpで購入するミヒマル GT / mihimagicをTOWER RECORDS ONLINEで購入するミヒマル GT / mihimagicをHMV.co.jpで購入するミヒマル GT / mihimagicを楽天ブックスで購入するミヒマル GT / mihimagicをTSUTAYAで購入する
    前作から約10ヵ月ぶりとなる3rdアルバム。ヒット・シングル「気分上々↑↑」「いつまでも響くこのmelody」「マジカルスピーカー」や、平松愛理「部屋とYシャツと私」のカヴァーを含む、ユニットとしての……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015