ヒラリー・コール / スウィート・モーメント

はてなブックマークに追加
ヒラリー・コール / スウィート・モーメント
CD
ミニ・レビュー
美貌のヴォーカリスト、2009年の本邦デビュー以来人気はまだまだ上昇中のようだ。期待のアルバムはおしゃれなラブ・ソング集。プロデュースがJ.ピザレリ、ゲストにはH.アレン、そしてD.セベスキーのストリング・アレンジとなれば聴く前から期待は高まるところだ。容姿も手伝ってか、非常に端正な出来である。
ガイドコメント
2009年のデビュー以来、数々の名プレーヤーと共演し人気を不動のものとしたヴォーカリスト、ヒラリー・コールによる2011年発表のアルバム。男性のジャズ・シンガーとして確固たる存在となったジョン・ピザレリがプロデューサーを務める新機軸の一作。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    4位 (2011/5/23)  ⇒  7位 (5/30)  ⇒  6位 (6/6)  ⇒  11位 (6/13)  ⇒  19位 (6/20)
収録曲
01MOMENTS LIKE THIS
02I WANNA BE LOVED
03YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TO
04CAN'T WE BE FRIENDS?
05CLOSE YOUR EYES
06THE FOLKS WHO LIVE ON THE HILL
07YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC
08DON'T EVER LEAVE ME|ONCE UPON A SUMMER TIME
09THE END OD A LOVE AFFAIR
10TOO LATE NOW
11COME BACK TO ME
12NOBODY ELSE BUT ME
13THROUGH A THOUSAND DREAMS
14CRY ME A RIVER
15KISS IN THE RAIN
(14)(15)ボーナストラック
演奏
ヒラリー・コール(VO) 他
録音
2010.12
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ヒラリー・コール
    ニューヨーク出身の女性ジャズ・ヴォーカリスト。音楽一家に生まれ、幼い頃からピアノを習う。その後、いくつかの音楽学校で作曲を学び、シンガーとして活動を開始。ニューヨークの有名なオフ・ブロードウェイ・ミュージカルで主演を務めたことも。2009年……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015