モーツァルト:ピアノ協奏曲第22番・第23番 レヴィン(P)ホグウッド / エンシェントco.

はてなブックマークに追加
モーツァルト:ピアノ協奏曲第22番・第23番 レヴィン(P)ホグウッド / エンシェントco.
CD
  • 原題:
    MOZART: PIANO CONCERTOS NOS.22 & 23
  • ジャンル:
    クラシック 〜 協奏曲
  • レーベル:
    オワゾリール
  • 規格品番:
    POCL-1831
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    モーツァルト:ピアノ協奏曲第22番・第23番 レヴィン(P)ホグウッド / エンシェントco.をAmazon.co.jpで購入するモーツァルト:ピアノ協奏曲第22番・第23番 レヴィン(P)ホグウッド / エンシェントco.をHMV.co.jpで購入するモーツァルト:ピアノ協奏曲第22番・第23番 レヴィン(P)ホグウッド / エンシェントco.を楽天ブックスで購入するモーツァルト:ピアノ協奏曲第22番・第23番 レヴィン(P)ホグウッド / エンシェントco.を@TOWER.JPで購入する
    モーツァルト:ピアノ協奏曲第22番・第23番 レヴィン(P)ホグウッド / エンシェントco.を山野楽器で購入するモーツァルト:ピアノ協奏曲第22番・第23番 レヴィン(P)ホグウッド / エンシェントco.をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
今回の2曲は、モーツァルトが初めてクラリネットを使用した協奏曲だ(K.488の第2楽章のクラリネットはとても美しい)。レヴィンはテイクごとに即興や修飾を新しくし、後に選びとる、というやり方で録音。イマジネーションが豊かで、化石化しない演奏だ。
ガイドコメント
レヴィン&ホグウッドによる、作曲当時のオリジナル楽器を使用したモーツァルトのピアノ協奏曲シリーズ第6弾。当時の演奏スタイルに従った、随所にある即興演奏が聴きもの。
収録曲
●モーツァルト:
01ピアノ協奏曲第23番イ長調K.488
02ピアノ協奏曲第22番変ホ長調K.482
演奏
ロバート・レヴィン(フォルテP)クリストファー・ホグウッド指揮 エンシェント室内管弦楽団
録音
95.8
アーティストおよび作曲家
  • ロバート・レヴィン
    1947年生まれ、アメリカのフォルテピアノとモダン・ピアノ奏者。ハーバード大学を経て、フォルテピアノとモダン・ピアノの演奏家としてリサイタルやオーケストラとの共演に活躍している。一方、モーツァルト研究家としても知られ、レクリエムや協奏交響曲……
  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    1756年生まれ。1791年没。オーストリア出身。早熟の天才児としてデビューし、35歳で早世。ウィーン古典派の一翼を担った。父とともにヨーロッパ各地を回り、それぞれの様式を学び吸収して、独自の音楽を作り上げた。晩年は健康を害し貧窮のなかウィ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「家族ができてすべてが変わった」結婚、子供、生活。激動の7年間を過ごしたT2Kが待望の新作を発表[インタビュー] ハミ出し者の生き様――DOGMA x LORD 8ERZ『DROPOUT SIDING』
[インタビュー] なんもないけどなんかある 踊Foot Works『GOKOH』[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作
[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力
[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”
[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』
[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015