佐村河内守:交響曲第1番「HIROSHIMA」 大友直人 / 東京so. [廃盤]

はてなブックマークに追加
佐村河内守:交響曲第1番「HIROSHIMA」 大友直人 / 東京so. [廃盤]
CD
  • 原題:
    M.SAMURAGOCHI: SYMPHONY NO.1 "HIROSHIMA"
  • ジャンル:
    クラシック 〜 コンテンポラリー(国内)
  • レーベル:
    コロムビア
  • 規格品番:
    COCQ-84901
  • 価格:
    3,080 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    佐村河内守:交響曲第1番「HIROSHIMA」 大友直人 / 東京so. [廃盤]をAmazon.co.jpで購入する佐村河内守:交響曲第1番「HIROSHIMA」 大友直人 / 東京so. [廃盤]を@TOWER.JPで購入する佐村河内守:交響曲第1番「HIROSHIMA」 大友直人 / 東京so. [廃盤]をHMV.co.jpで購入する佐村河内守:交響曲第1番「HIROSHIMA」 大友直人 / 東京so. [廃盤]を楽天ブックスで購入する佐村河内守:交響曲第1番「HIROSHIMA」 大友直人 / 東京so. [廃盤]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
佐村河内(さむらごうち)守は、広島の被爆2世であり、交響曲第1番は20年余をかけて、全聾となり頭痛症の発作と闘いながら完成させた。曲は後期ロマン派そのもので、80分を超える長大な曲だが、曲の展開、つまり物語の展開がわかりやすいので一気に聴けてしまう。大友指揮する東響の熱演も大きい。
ガイドコメント
全聾の作曲家、佐村河内守(さむらごうち・まもる)が20年余をかけて完成させた作品。盲児の施設での少女との出会いがきっかけとなって作曲されたもので、自伝的な意味合いを持つ魂のシンフォニーだ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    27位 (2012/11/19)  ⇒  7位 (2013/4/1)  ⇒  25位 (4/8)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    3位 (2013/4/1)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    6位 (2013/4/1)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    7位 (2013/4/1)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2013/4/1)  ⇒  8位 (4/8)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    6位 (2012/12/10)  ⇒  3位 (2013/4/1)
  • TOWER RECORDS クラシック アルバム
    1位 (2011/7/18)  ⇒  3位 (7/25)  ⇒  3位 (8/1)  ⇒  4位 (8/8)  ⇒  13位 (8/15)  ⇒  15位 (8/22)  ⇒  8位 (2012/11/5)  ⇒  1位 (11/12)  ⇒  1位 (11/19)  ⇒  1位 (11/26)  ⇒  2位 (12/3)  ⇒  1位 (12/10)  ⇒  1位 (12/17)  ⇒  1位 (12/24)  ⇒  1位 (12/31)  ⇒  5位 (2013/1/7)  ⇒  5位 (1/14)  ⇒  12位 (1/21)  ⇒  8位 (1/28)  ⇒  11位 (2/4)  ⇒  10位 (2/11)  ⇒  17位 (2/18)  ⇒  15位 (2/25)  ⇒  1位 (4/1)  ⇒  1位 (4/8)  ⇒  1位 (4/15)  ⇒  1位 (4/22)  ⇒  1位 (4/29)  ⇒  3位 (5/6)  ⇒  5位 (5/13)  ⇒  3位 (5/20)  ⇒  2位 (5/27)  ⇒  11位 (6/3)  ⇒  1位 (6/10)  ⇒  9位 (6/17)  ⇒  4位 (6/24)  ⇒  5位 (7/1)  ⇒  3位 (7/8)  ⇒  7位 (7/15)  ⇒  14位 (7/22)  ⇒  5位 (7/29)  ⇒  12位 (8/5)  ⇒  5位 (8/12)  ⇒  9位 (8/19)  ⇒  12位 (8/26)  ⇒  18位 (9/16)  ⇒  16位 (12/30)  ⇒  3位 (2014/2/3)
収録曲
佐村河内守:
01交響曲第1番「HIROSHIMA」
演奏
大友直人指揮 東京交響楽団
録音
2011.4
アーティストおよび作曲家
  • 佐村河内守
    1963年9月21日、広島生まれ。4歳からピアノの英才教育を受け、10歳でベートーヴェンやバッハを弾きこなす。作曲家を志望し、独学で音楽理論を学ぶが、17歳で聴覚障害が発症。聴力低下に悩みながら、映画やゲーム音楽を制作。99年にゲーム『鬼武……
  • 大友直人
    1958年、東京生まれの指揮者。桐朋学園大学卒業。22歳でNHK交響楽団を指揮してデビューして以来、国内のオーケストラにとどまらず、コロラド交響楽団、ロイヤル・ストックホルム・フィルなどへも客演。これまでに日本フィルの正指揮者、大阪フィルの……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015