GLAY / MUSIC LIFE

はてなブックマークに追加
GLAY / MUSIC LIFE
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    MUSIC LIFE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    loversoul music&associates
  • 規格品番:
    PCCN-00018
  • 価格:
    2,500 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    GLAY / MUSIC LIFEをAmazon.co.jpで購入するGLAY / MUSIC LIFEを@TOWER.JPで購入するGLAY / MUSIC LIFEをHMV.co.jpで購入するGLAY / MUSIC LIFEを楽天ブックスで購入するGLAY / MUSIC LIFEをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
“GLAYは変わっちゃった”だなんて言う人にこそ聴いてほしい13枚目。もちろんバンドは変わっていくものだけど、それでも個人的にいちばん好きなアルバムだ。切なさ、清涼感、尖鋭性といった従来の魅力が健在な上、今ゆえの奥深さがあるのだから。ビートルズ『リボルバー』なジャケもナイス!★
ガイドコメント
2014年11月5日リリースの通算13枚目のアルバム。「DARK RIVER」「BLEEZE」「百花繚乱」「疾走れ!ミライ」などのシングルを含む、メンバーそれぞれが書き下ろしたバラエティに富んだ一枚となっている。亀田誠治が全曲プロデュース。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    8位 (2014/11/3)  ⇒  31位 (11/10)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    6位 (2014/11/3)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    8位 (2014/11/3)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2014/11/3)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    5位 (2014/11/3)  ⇒  8位 (11/10)  ⇒  14位 (11/17)  ⇒  20位 (11/24)
収録曲
01BLEEZE (Album Ver.)
記念すべき50枚目のシングル。“真夏の愛を抱きしめて〜”とはじまる冒頭のサビが表わすように、ワクワクするような夏の恋を歌ったサマー・チューン。軽快なギターのカッティングとスピード感のあるメロディを軸に、王道といえる展開で駆け抜ける。
02百花繚乱
“YAVAI!YAVAI!カナリYAVAI!”という強烈なサビが印象的な51枚目のシングル。そのサビはもちろん、現代社会への風刺を交えた攻撃的な言葉の数々をラップ風に歌い上げるなど、全体を通じて革新的なアプローチとなっている。
03Only Yesterday
ファンタジックなオープニングから、BOφWYを思わせる軽快なビートで突き進むどこか懐かしいロック・チューン。夏を迎え、昔の恋人を思い出す男の心情を歌ったノスタルジックな歌詞と明るめなメロディの対比が旨に響く。
04疾走れ!ミライ
テレビ東京系アニメ『ダイヤのA』オープニング・テーマとして書き下ろされた51枚目のシングル。青空の下、グラウンドでボールを追いかける球児が浮かぶような爽快感たっぷりのロック・チューンで、夢に向かって“疾走る”ことへのエールも心強い。
05祭りのあと
恋すれど泣き濡れて、もう一度逢いたくて……冒頭のワンフレーズからフォーキーな雰囲気が漂うミディアム・ナンバー。伸びやかなメロディを大事にしたシンプルなアレンジが潔く、子供の頃を思う物語もじんわりと心に染みてくる。
06浮気なKISS ME GIRL
ホーン・セクションを招き軽快なスカ・アレンジを施したナンバー。ドラムには高橋まことが参加していることもあってか、コーラスなどの細部に至るそこかしこにBOφWY的フレイヴァを漂わせるが、ただの真似事に終わらせずGLAYらしさを出しているのがさすが。
07妄想コレクター
爆発力のあるロック・サウンドで突き進むアップ・チューン。しかし、絶妙に配されたピアノによって、焦燥感や鬱屈とした雰囲気を演出。間奏で流されるニュース音声のとおり、少年犯罪をテーマにした言葉の数々が耳に突き刺さる。
08Hospital pm9
病院の待合室で無力に佇む親の心情をリアルに綴った歌詞が印象的なバラード。大切な家族を思う気持ちを託した美しいメロディを、TERUならではの表現力で具現化していくさまは見事のひと言。シンプルなアレンジも映える。
09DARK RIVER
NHKドラマ『激流〜私を憶えていますか?〜』主題歌となった48枚目のシングル。ストリングスを交えたミステリアスなサウンドはどこか歌謡曲的な雰囲気も。“やがて未来呑み込まれて”というTERUの咆哮に耳を奪われる。
10TILL KINGDOM COME
冒頭から登場するギター・リフで引っ張るロックンロール・ナンバー。ドラムには中村達也が参加し、JIROとともにうねるような強固なグルーヴを構築。その上で自由に、ワイルドに、楽しそうに歌い演奏する3人が映える。
11MUSIC LIFE
聖歌隊のようなファンタジックなコーラスから、ストレートな8ビートへと突入するロック・チューン。若きバンドが成功を夢見てもがき奮闘する姿を綴った歌詞が瑞々しく、まるで彼らの昔を見ているかのよう。テクニックに走らない直球アレンジも爽快。
仕様
スリーヴケース付き
タイアップ
  • 「疾走れ!ミライ」 - テレビ東京「ダイヤのA」オープニングテーマ
アーティスト
  • GLAY
    北海道出身のロック・バンド。メンバーはTERU(vo)、JIRO(b)、TAKURO(g)、HISASHI(g)の4名。1988年に結成し、94年に「レイン」でメジャー・デビュー。96年の「グロリアス」でブレイク以降、長きにわたりヒットを放……
  • 同時発売作品
    GLAY / MUSIC LIFE [紙ジャケット仕様] [2CD]
    PCCN-00017   3,700円+税   2014/11/05 発売
    GLAY / MUSIC LIFE [紙ジャケット仕様] [2CD]をamazon.co.jpで購入するGLAY / MUSIC LIFE [紙ジャケット仕様] [2CD]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するGLAY / MUSIC LIFE [紙ジャケット仕様] [2CD]をHMV.co.jpで購入するGLAY / MUSIC LIFE [紙ジャケット仕様] [2CD]を楽天ブックスで購入するGLAY / MUSIC LIFE [紙ジャケット仕様] [2CD]をTSUTAYAで購入する
    2014年11月5日リリースの通算13枚目のアルバム。「DARK RIVER」「BLEEZE」「百花繚乱」「疾走れ!ミライ」などのシングルを含む、メンバーそれぞれが書き下ろしたバラエティに富んだ一枚と……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015