オレンジレンジ / NATURAL

はてなブックマークに追加
オレンジレンジ / NATURAL
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    NATURAL
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    gr8! records
  • 規格品番:
    SRCL-5970
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    オレンジレンジ / NATURALをAmazon.co.jpで購入するオレンジレンジ / NATURALを@TOWER.JPで購入するオレンジレンジ / NATURALをHMV.co.jpで購入するオレンジレンジ / NATURALを楽天ブックスで購入するオレンジレンジ / NATURALをTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
シングル「*〜アスタリスク〜」「ラヴ・パレード」「お願い!セニョリータ」「キズナ」を収録した3rdアルバム。デビュー曲をハリウッドでリミックスした「Kirikirimai(Fantastic Four Remix)」も収録。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2005/10/10)  ⇒  8位 (10/17)  ⇒  30位 (10/24)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2005/10/10)  ⇒  6位 (10/17)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2005/10/10)  ⇒  7位 (10/17)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2005/10/10)  ⇒  3位 (10/17)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2005/10/10)  ⇒  7位 (10/17)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2005/10/10)  ⇒  1位 (10/17)  ⇒  7位 (10/24)  ⇒  10位 (10/31)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2005/10/10)  ⇒  5位 (10/17)  ⇒  13位 (10/24)  ⇒  20位 (10/31)
収録曲
01yumekaze
日本テレビ系野球中継『THE LIVE 2005』のイメージ・ソング。バンド・サウンドにストリングスが融合し、いかにもレンジらしい雰囲気で盛り上がる。アルバムのオープニングにふさわしいクリーン・ヒット的ナンバー。
02夢人
レンジ流エレ・ポップ。サウンドのみならずリリックもミクスチャー。おちゃらけつつもシリアスさもあって、前向き感がとてもいい。やる気があるのかないのかわからない最初のセリフにも注目。
03お願い!セニョリータ
イントロのフラメンコ・ギターにビックリ。気付けば、雄叫び、掛け声、コーラス、豪快なギター・リフが暴れる、“夏バカ”なノリノリ・アッパー・チューンに様替わり。本人出演の微炭酸ビタミン飲料『MATCH』CMソングとして話題に。
04Winter Winner
沖縄出身の彼らが妄想で書いたという冬の情景はこんなにもアツい! 気分はノン・ストップ直滑降、厚みのあるコーラスも、このハイ・テンションでアゲアゲなウィンター・チューンをより勢いのあるものにしている。
05CRAZY BAND
淡々としたなかにも生々しさを含んだミクスチャー・ナンバー。一筋縄ではいかない、“ちょっとてごわいぞ、コイツら”と思わせる雰囲気がいい。意外とネガティヴなリリックで、この気まぐれ感、ひねくれ加減は彼らならでは。
06
振り幅の広い音楽性でやりたい放題の彼らがジャズに急接近。クールでジャジィなサウンドから放たれるオレンジレンジ波が、脳内を心地よく刺激する。リラックスして聴くことができるオトナな1曲。
07GOD69
本人出演のサーフ・ブランド『タウン&カントリー』のCMのBGM。一発録りならではのグルーヴ、ラウドで重量感のあるサウンドで、まさにライヴ向きのナンバー。ヴォーカル処理にもにちょっとした遊びがあるのが面白い。
08HYSTERIC TAXI
疾走するスカコア・チューン。今までの彼らがやっていそうでやっていなかったタイプの曲。沖縄の太陽の光をめいっぱい受けて、海岸線をドライヴしている気分になるかも? クラクションやエンジンのSEや“叫び”もあって楽しい。
09pe nyom pong
韓流スターの名前のようなタイトル、こういう遊び全開のナンバーがアルバムの中に普通に収まっているのが彼ららしい。シンプルなアコギのループにのって展開されるシュールな世界。ライヴで聴いてみたい気もするが……。
10盃Jammer
C.I.C(山嵐のSATOSHIと武史)がゲスト参加。ダンスホール・レゲエ本来の濃厚さに、RYOとYOHの低音一家がレンジ・テイストを注入、アッパーなダンス・チューンに仕上がっている。
11*〜アスタリスク〜
シンセサイザーをフィーチャーしたサウンドに、シリアスで格調高いリリック。万人の心に響くロマンティック度の高いポップ・チューン。ちなみにタイトルの由来は*(アスタリスク)の記号が星の形に似ているから。
12sunrise
タイトル通り、陽が昇る時の高揚感や宇宙を漂うような浮遊感をイメージさせ、無限の広がりをみせる絶妙のエレクトロ・サウンド。ラップや優しいサビのメロディとの相性も抜群によく、そのバランス感覚が素晴らしい。
13U topia
ラウドでテクノで、彼らの雑多性をまとめて詰め込んだかのようなナンバー。とことん自由で行きっぱなし感が爽快。リリックといい、セリフといい、外国人ってこんなふうに日本を捉えているんだ的視点が面白い。
14BETWEEN
これもミクスチャー。ヘヴィなギター・リフから炸裂する、ハード・ロックの熱さを身にまとったダンス・ミュージック。ある意味、混沌としているが、レンジからしたらこれも必然で、いたってナチュラル。
15re-cycle
80年代のテクノ・ポップ・テイストがサウンド全体を彩るポップ・チューン。爽やかで穏やかな印象。トラック・メイクに注目して聴くというのも、レンジの曲を楽しむためのひとつのアプローチ法。いろんな発見があるはず。
16キズナ
確信犯的に“泣かせ”を意識した壮大なバラード。二胡、三線といった楽器を取り入れ、沖縄を強く感じさせるサウンドになっている。3MCのヴォーカルの静と動のコントラストが、より楽曲をドラマティックなものにしている。
17ラヴ・パレード
映画『電車男』の主題歌として書き下ろされたミディアム・ラブ・バラード。想いの強さを伝えるかのような激しいバンド・サウンドに泣ける。愛と勇気に溢れた等身大のリリックが、たまらなくピュアでリアル。
18Natural Pop
スーパー・ウキウキ・ポップ・チューン。懐かしさを感じさせる縦横無尽なピコピコ・サウンドはもはや快感。アルバム・タイトルである『NATURAL』そのままの、自然体の5人が姿がここにはある。
19Kirikirimai (Fantastic Four Remix)
映画『ファンタスティック・フォー』のエンディング・テーマとして、世界のトップ・アーチストが集結したアルバム『FANTASTIC 4 THE ALBUM』にも収録。メジャー・デビュー・シングル「キリキリマイ」のリミックス。
タイアップ
  • 「GOD69」 - タウン&カントリー
  • 「kirikirimai〜Fantastic Four Remix〜」 - 20世紀FOX「ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]」劇中歌
  • 「*〜アスタリスク〜」 - テレビ東京「BLEACH」オープニングテーマ
  • 「*〜アスタリスク〜」 - ソニー・コンピュータエンタテインメント「BLEACH ヒート・ザ・ソウル」
  • 「お願い!セニョリータ」 - 大塚化学「MATCH」
  • 「キズナ」 - TBS「いま、会いにゆきます」主題歌
  • 「ラヴ・パレード」 - 東宝「電車男」主題歌
アーティスト
  • ORANGE RANGE
    沖縄県出身のロック・バンド。メンバーはNAOTO(g)、HIROKI(vo)、YAMATO(vo)、RYO(vo)、YOH(b)の5名。2001年に結成し、翌年にアルバム『オレンジボール』でデビュー。2003年にシングル「キリキリマイ」でメ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015