FANATIC◇CRISIS / neverland

はてなブックマークに追加
FANATIC◇CRISIS / neverland
CD
  • 原題:
    NEVERLAND
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    ソルブレイド / ストイックストーン
  • 規格品番:
    KHCM-1004
  • 価格:
    3,000 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    FANATIC◇CRISIS / neverlandをAmazon.co.jpで購入するFANATIC◇CRISIS / neverlandをHMV.co.jpで購入するFANATIC◇CRISIS / neverlandを楽天ブックスで購入するFANATIC◇CRISIS / neverlandを@TOWER.JPで購入する
    FANATIC◇CRISIS / neverlandを山野楽器で購入するFANATIC◇CRISIS / neverlandをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
93年結成の名古屋出身の5人組。本作はメジャーで6枚目となるアルバム。時代の波に流されず、自らが信じるメジャー感のあるロックの道を確実に突き進んできたことによる安定性がある。それでいて音楽的な拡散を常に意識している点が強み。自由奔放な制作意欲だ。
約1年ぶり、待望のメジャー第6弾アルバムが完成。コア・ファンはもとより一般認識もジワジワ高まりつつある彼ら。新曲「moonlight」ほか、シングル3曲を含む渾身の作となった。
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    9位 (2003/6/30)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    3位 (2003/6/30)
トラックリスト
01everland (Inst.)
02夢じゃない世界。
03Rolling stoned
04moonlight
05シヴァ
06地下鉄のメロディー
07“NEVER LAND”
08MADE IN BLUE
09Fairyland (Inst.)
10BLUE ROSE
強がる寂しがり屋の女性と、愛していると口に出して言えないけれど、抱き締めることならできるという男の奇妙な関係を描いた楽曲。ピアノが渋くスウィンギンな、ジャズ風味のアレンジが良きスパイスに。
11さよならMERMAID
12再生の朝
13流星群
タイアップ
  • 「moonlight」 - 日本テレビ「三宅裕司のドシロウト」エンディングテーマ
  • ファナティック・クライシス
    1990年代後半のビジュアル系ブームからジャンプ・アップした5人組。結成は92年。インディーズで高い人気を獲得した後、97年にメジャー・デビューを果たした。ハードなサウンドとポップなメロディを身上としながら、音楽的には柔軟な姿勢を見せる。デ……
  • カルロス・ジーン
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015