PE'Z / 日本のジャズ-SAMURAI SPIRIT-

はてなブックマークに追加
PE'Z / 日本のジャズ-SAMURAI SPIRIT-
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    NIPPON NO JAZZ - SAMURAI SPIRIT -
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ロードランナー
  • 規格品番:
    RRCA-21027
  • 価格:
    2,857 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    PEPEPEPEPE
ミニ・レビュー
狙ってる感アリアリかと思えば、もう全然フツーに聴けちゃうのがこのバンドの凄さ。(4)なんて吉幾三のアノ曲ですぜ。かくもしつこく“和モノ”に執着し、愉快にこねくり回したジャズがあっただろうか。サムライの美学と小坊主のイタズラ心が混在する快作。
ガイドコメント
『千歳鳥』から約半年ぶりとなるアルバム。今回、ヨーロッパ、アメリカ・ツアーを経てきた彼らが取り組んだのは、日本の名曲のカヴァー集。映画『用心棒』のテーマ曲や、灰田勝彦の「鈴懸の経」などを収録。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    22位 (2006/7/17)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    10位 (2006/7/17)  ⇒  17位 (7/24)
収録曲
01用心棒
巨匠・黒澤明監督の代表作『用心棒』主題曲。ワイルドでアウトローな雰囲気を持つ、“SAMURAI SPIRIT”にあふれた原曲をダイナミックにアレンジ。殺気にも似たクールネスがたとえようもなくカッコいいナンバーだ。
02鈴懸の径
立教大学に歌碑が建てられるほど大ヒットとなった、灰田勝彦による昭和の流行歌「鈴懸の径」を、スピード感あふれる演奏でカヴァー。ヒイズミマサユ機による幻想的でリリカルなピアノが、美しい音の波紋を広げる。
03銀座カンカン娘
“ブギの女王”笠置シズ子が歌い大ヒットとなった、同名映画の主題歌をカヴァー。昭和のポップス史をリードした服部良一による底抜けに明るいサウンドを、その持ち味を殺さないようなサンバ・テイストでリアレンジしたナンバー。
04雪國
カラオケのスタンダード・ナンバーといえる吉幾三の代表曲が、PE'Zの手によって叙情性あふれるジャズ・インストゥルメンタルに大変身。日本人リスナーの琴線に触れる、演歌特有の哀愁を帯びたメロディが、さらにメロディアスに展開していく。
05どんたく
サディスティック・ミカ・バンドの初期アルバム『黒船』に収録の名曲をカヴァー。「博多どんたく」のにぎやかなお祭りテイストを、リズミックで躍動感のあるアレンジで表現。これぞ日本人の日本人による日本人のためのジャズだ。
06おもちゃのチャチャチャ
あまりにも有名な童謡「おもちゃのチャチャチャ」を、PE'Z流にカバー。原曲の親しみやすいメロディを損ねることなく、思わず心がウキウキして胸踊るような、可愛らしい南国テイストにポップ・アレンジ。
07ソーラン節
ニシン漁の歌として有名な北海道民謡を、力強いモダン・ジャズ・テイストにリアレンジしたナンバー。特にイントロは、“ジャズ界の巨人”ジョン・コルトレーンの「A LOVE SUPREME」をも彷彿とさせるスケールの大きさだ。
08ともだち
坂本九が1965年にリリースしたビッグ・バンド・ジャズ・ナンバーを、よりアダルティにアレンジ。テナー・サックスのソロ・パート演奏が強烈な印象を脳裏に残す、ハード・エッジなサウンドに仕上げている。
09小春おばさん
オリジナルは、井上陽水の大ヒットアルバム『氷の世界』収録曲から。ペシミスティックで憂いを帯びたトランペットの音色が、北風すさぶ冬の町の情景を描き出す。メンバーの思い入れが特に強い作品とのことだ。
10
沖縄をイメージする楽曲の代名詞といえばやっぱりコレ。喜納昌吉&チャンプルーズによる「すべての人の心に花を」を、耽美なピアノ・セクションで大胆かつ繊細にリアレンジしてカヴァー。イントロのベース・プレイも陶酔してしまうほどの美しさだ。
11みずいろの雨
トランペットのOhyamaいわく、「アレンジに最も時間がかかった」という作品。シンガー・ソングライター八神純子の1978年リリースのヒット・ナンバーを、躍動的なホーン・セレクションでアレンジしてジャジィに再現している。
12また逢う日まで
アルバム『日本のジャズ-SAMURAI SPIRIT-』のラストを飾るのは、オトナ度高め、ロマンチシズムあふれる小粋なナンバー。“和製トム・ジョーンズ”こと尾崎紀世彦によるヒット・ナンバーを、しっとりとしたミディアム・テンポ・バラードにアレンジしている。
アーティスト
  • PE'Z
    Ohyama“B.M.W”Wataru(tp)、kadota“JAW”Kousuke(sax)、Nirehara Masahiro(b)、ヒイズミマサユ機(key)、航(ds)の5人組“侍ジャズ・バンド”。2000年よりストリートを中心にラ……
  • 同時発売作品
    PE'Z/兆し 其の2-KIZASHI 2-〜獣五少年漂流記〜上巻 [DVD]
    APDV-0002   4,571円+税   2006/07/19 発売
    PEPEPEPEPE
    ジャズをベースにラテンやロックなどをミックス。さらに踊れることを主張するパフォーマンスで知られるジャム・バンドのドキュメンタリーDVD。韓国進出に続き、欧米を視野に入れて彼らが挑んだストリート・ライヴ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015