Ken Yokoyama / Not Fooling Anyone

はてなブックマークに追加
Ken Yokoyama / Not Fooling Anyone
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    NOT FOOLING ANYONE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ピザ・オブ・デス
  • 規格品番:
    PZCA-34
  • 価格:
    1,320 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Ken Yokoyama / Not Fooling AnyoneをAmazon.co.jpで購入するKen Yokoyama / Not Fooling Anyoneを@TOWER.JPで購入するKen Yokoyama / Not Fooling AnyoneをHMV.co.jpで購入するKen Yokoyama / Not Fooling Anyoneを楽天ブックスで購入するKen Yokoyama / Not Fooling AnyoneをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
注目のレーベル、ピザ・オブ・デスが放つ3週連続リリース第1弾。同レーベルのオーナーにしてインディ・シーンのカリスマ、元ハイ・スタンダードの横山健のソロ2枚目のシングル。鮮烈なリフでかっとばす「Pressure」、バート・バカラックの名曲「Raindrops Keep Falling On My Head」のメロコア・カヴァーに昇天!
ガイドコメント
元Hi-STANDARDの横山健による2007年2月発表のシングル。ツアー・タイトルにもなったキラー・チューンで、コンピ盤収録曲「My Day」同様にきわめて完成度が高い。印象的なフックと彼らしい力強いサウンドが魅力。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス インディーズ
    1位 (2007/2/19)  ⇒  2位 (2/26)  ⇒  6位 (3/5)  ⇒  5位 (3/12)  ⇒  9位 (3/19)
収録曲
01Pressure
YokoyamaとDuncanとの共作曲ということで、メロディアス・パンクの王道を行く仕上がりとなった。GUNNのドラミングで始まり、プレッシャーとストレスについて叫び放つナンバーだ。
02A Nicky
Yokoyamaが松山のライヴハウス、サロンキティの店長・通称“アニキ”に捧げた曲。「昔はヤンキーだったのに……」とアニキについて暴露する歌詞が楽しい。ジャカジャカとしたギターがゴキゲンなアッパー・チューンだ。
03Not Fooling Anyone
メロディアスなラインをなぞりつつ心地よく疾走していくギターに乗せ、ハスキー・ヴォイスで歌い上げるミディアム・チューン。人間が知らず知らずに被ってしまう別の顔について攻め立てる詞だが、愛がちらほらと見え隠れしている。
04Raindrops Keep Falling On My Head
映画『明日に向って撃て!』の主題歌であるB.J.トーマスの名曲「雨に濡れても」をカヴァー。楽しげな調子のオールディーズが、キッチュでカッコいいメロコアに生まれ変わった。スピード・アップする後半も楽しい。
アーティスト
  • Ken Yokoyama
    1969年10月1日生まれ、東京都出身の日本のギタリスト/ミュージシャン。91年にHi-STANDARDを結成し、2000年まで活動。その後、BBQ CHICKENSやthe 原爆オナニーズとして活動するほか、2004年にはソロ・アルバム『……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015