デヴィッド・ゲッタ / ナッシング・バット・ザ・ビート [廃盤]

はてなブックマークに追加
CD
ガイドコメント
フランス出身のDJにしてプロデューサー、デヴィッド・ゲッタの前作から2年ぶりとなる通算5枚目のアルバム。iTunesダンス・チャートのダンス・チャートで1位を獲得した「ホエア・ゼム・ガールズ・アット」ほか、アゲアゲなナンバーが満載の一枚だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    4位 (2011/8/29)  ⇒  11位 (9/5)  ⇒  7位 (9/12)  ⇒  13位 (9/19)  ⇒  16位 (9/26)  ⇒  25位 (10/3)  ⇒  22位 (10/10)  ⇒  17位 (10/17)  ⇒  25位 (10/24)  ⇒  28位 (11/7)  ⇒  36位 (2012/1/2)  ⇒  27位 (4/2)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    6位 (2011/8/29)  ⇒  11位 (9/5)  ⇒  10位 (9/12)  ⇒  15位 (9/19)  ⇒  16位 (9/26)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    6位 (2011/8/29)  ⇒  9位 (9/19)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2011/8/29)  ⇒  5位 (9/5)  ⇒  3位 (9/12)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    4位 (2011/8/29)  ⇒  8位 (9/5)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2011/8/29)  ⇒  7位 (9/5)  ⇒  3位 (9/12)
収録曲
01WHERE THEM GIRLS AT
“友達が一緒”と答えるお目当てに対して“だったら連れてきてみんなで楽しもう”と、フロー・ライダーとニッキー・ミナージュがカウンター・パンチ。アルバム『ナッシング・バット・ザ・ビート』からのシングル第1弾となるパーティ・ヒットだ。
02LITTLE BAD GIRL
声は紳士的なタイオ・クルーズが、媚びる女たちを尻目に“あの娘が欲しいぜ”とフロアのイケナイ女を品定め。一方、リュダクリスは“ミスター女たらし”と自称して前のめりなフロウをかます。ドラマティックな旋律が印象的なダンス・チューンだ。
03TURN ME ON
愛で私を生き返らせてと懇願するエネルギッシュなパーティ・ダンサー。ニッキー・ミナージュが繰り返す“私に火をつけて!”のコーラスは一途な情熱的歌唱をみせるが、終盤のブリッジでは、ユニークな“らしい”フロウも披露。
04SWEAT
ドライでエレクトロなビートとスヌープ・ドッグのウェットなフロウが溶け合った、乾湿の化学反応が見事なダンサー。舌なめずりで待ちかまえていそうな“お前を汗だくにしたい”というフックを前に、女たちは“ヘビに睨まれたカエル”状態だ。
05WITHOUT YOU
アルバム『ナッシング・バット・ザ・ビート』からのシングル第3弾。“お前なしじゃダメなんだ”と失意に暮れる男を、アッシャーが情感込めて描写。U2「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」にも似た荒涼感とコーラス以降のかすかな高揚感が意外にもマッチ。
06NOTHING REALLY MATTERS
クラブでは一切悩むことなんてないんだよと、憂さ晴らしに浮かれ騒ぐパーティ・ライフについてウィル・アイ・アムがもの申す。軽快なビートのダンサーだが、ウィル・アイ・アムにおあつらえ向きのヒネたビートも用意している。
07I CAN ONLY IMAGINE
興奮を高めるクラップとうねるビートが、空から地上を俯瞰するような爽快なコーラス・パートをお膳立て。クリス・ブラウンの歌唱、リル・ウェインのフロウともに潔いダンサーだが、歌うのは上玉な女への下心だったりする。
08CRANK IT UP
エイコンに寄り添ったアーシーな雰囲気を溶け込ませた、抑揚の激しいメロディが走るエレクトロ・ダンサー。グラビアに載らなくたって彼女はイケイケなんだぜ! と今夜望みを叶えてくれる女子へ賛辞を送る。コーラスのかけ声の煽りも沸点へと高める。
09I JUST WANNA F
「ライク・ア・G6」で採り上げた「ブーツィ・バウンス」作者のデヴとチキチキでも名を挙げたティンバランドが、中毒性高いうねるビートで泳ぐ。A、B……ときて結局互いが求めるのは“F”と、メイクラヴへなだれ込む。ブレイクビーツ風エレクトロだ。
10LUNAR
「月」というタイトルよろしく、スペーシーな空間を創り出すエレクトロニックなビートが支配する近未来な世界観のクラブ・インスト。ビヨンセ「ラン・ザ・ワールド(ガールズ)」提供のアフロジャックが参戦し、ファンキーな風味をちょい足ししている。
11NIGHT OF YOUR LIFE
ずっと愛してくれるなら最高の夜を約束すると声高に告げるのは、客演のジェニファー・ハドソン。軽薄な歌も多い中で、苦難を乗り越えてきた彼女の言葉は重みが違う。その声に負けじと、デヴィッド・ゲッタ制作の4つ打ちトラックもグイグイと展開する。
12REPEAT
マイリー・サイラス「パーティー・イン・ザ・U.S.A.」の作詞で知られるジェシー・Jを迎えての、晴れやかなロック・テイストのクラブ・アップ。文字通り繰り返される“リピート”のフレーズを含め、イキイキとしたヴォーカルとともに展開する快活な曲だ。
13TITANIUM
決めのフレーズ“私はチタンでできている”とは、いくら撃っても倒れない強靱な心を持っていることの比喩。少しばかりリアーナの面影もちらつかせるジャズ系シンガー・ソングライター、シーアのエネルギッシュな歌唱が印象的なエレクトリック・ダンサーだ。
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • デヴィット・ゲッタ
    仏・パリ出身の世界的なハウスDJ/プロデューサー。13歳でミックスをはじめ、17歳からDJとしての活動を開始。以降、祖国のシーンで活躍し、カイリー・ミノーグなどのリミックスも手掛ける。2002年に1stアルバム『JUST A LITTLE ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015