中ノ森BAND / OH MY DARLIN'〜Girls having Fun〜

はてなブックマークに追加
中ノ森BAND / OH MY DARLIN'〜Girls having Fun〜
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    OH MY DARLIN' - GIRLS HAVING FUN -
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    インペリアル
  • 規格品番:
    TECI-1122
  • 価格:
    2,800 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    中ノ森BAND / OH MY DARLIN中ノ森BAND / OH MY DARLIN中ノ森BAND / OH MY DARLIN中ノ森BAND / OH MY DARLIN
    中ノ森BAND / OH MY DARLIN中ノ森BAND / OH MY DARLIN該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
ウワサのガールズ・ロック・バンドのファーストは、ハード・ロックをベースにカラフルなリズム、ノイズなど多彩なアイディアを込め、パワーとエンタテインメントの両立を示す見事な仕上がり。ヴォーカル&ギターAYAKOの変幻自在なプレイにも感動。
ガイドコメント
2006年1月リリースの1stアルバム。注目度の高い彼女たちの高いポテンシャルを感じさせる快作で、ヒット曲(4)や王道的ガールズ・ロック調の「Whatever」などを収録。バラエティに富んだ構成で、今後の飛躍を感じさせる。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    17位 (2006/1/23)
収録曲
01smile&wild
中ノ森BANDの音楽が生み出すもの、それをダイレクトに表現したかようなタイトル。キュートに、ワイルドに突っ走るバンド・サウンドは爽快だ。笑顔を振りまきながら演奏する彼女たちの姿が思い浮かぶ。
02ピンクモンスター
笑い声の入ったSEやクラップで始まる、パンキッシュでノリのいいロック・チューン。リラックスした雰囲気の中、おなじみのジミー・ハリーらの手による洋楽テイストのメロディを、甘く激しく歌いこなす中ノ森文子のヴォーカルが痛快。
03Whatever
ブリトニー・スピアーズらへの楽曲提供で知られるジミー・ハリーと中ノ森文子の共作による2ndシングル。この曲のテーマ“カッコカワイイ”を体感できるホットなサウンドとメッセージ性を含んだリリックが融け合ったロック・チューン。
04Oh My Darlin'
ドラマ『鬼嫁日記』の主題歌にもなった3rdシングル。彼女たちにはめずらしいキャッチーなミディアム・ポップなのに、芯の強さを感じさせるところがいい。メジャーとマイナーを行き来するメロディ展開で、恋する想いに揺れる心をリアルに描く。
05恋愛Express
アグレッシヴにリズムを刻むアコギやタブラ(北インドの太鼓)を使ったサウンド・デザインが、勢いだけのガールズ・バンドでないことを示すファンク・チューン。クールに加速し、あふれ出すエモーション、とにかくカッコイイ!
06TOY
中ノ森文子の書く、女の子の本音が見える恋愛リリックもこのバンドの魅力のひとつ。ここでも王道バンド・サウンドにのせ、“年上のダンディ”に向けたストレートな想いを歌っている。クールダウンするかのようなCメロの展開が面白い。
07ラブ♥コントロール
外国の作家の手による秀逸なメロディに、中ノ森文子の突き放した感じのある、ハスキーなヴォーカルがよくなじむ。誰でも口ずさめるキャッチーさとカッコよさが同居した、疾走系ロック・チューンだ。
08クイックサンド
ジミー・ハリーらが手掛けたナンバーで、ゴリゴリと力技で押すだけではなく、表情豊かで説得力を持ったヴォーカルが楽しめるミディアム・チューン。さりげなく楽曲の終わりを告げるアコギの音が、サウンド的にもメリハリが効いている。
09
ガツガツとした攻めの演奏を聴かせてくれる前向きなロックンロール。ノリのいい掛け声も入り、知らないうちにテンションも高まる。バンド感にあふれ、ライヴでの盛り上がりが想像できるナンバー。もう理屈抜きに楽しめる!
10磁石
強く激しい想いをぶつけるミディアム・チューン。効果的なギター・リフ、キーボードから放たれるストリングス系の音色、アグレシッヴに動くベース、ドラマ性を持ったドラミング……。彼女たちが出す音にも注目してほしい。
11サテライト
甘いメロディがたまらない、これぞガールズ・ポップといった感じの胸キュン・ソング。70年代のアメリカの良質なポップ・ソングを彷彿とさせつつ、中ノ森BANDらしいバンド・サウンドで恋する気持ちを盛り上げる。
12new world
Tourbillonの葉山拓亮による楽曲。ヴォーカルにエフェクトをかけ、ともすれば退廃的で、しかし真摯なメッセージを含んだコアなナンバー。サウンド面も含め、また違ったバンドの一面を見ることができて面白い。
13シークレットプール
外国の作家を起用したナンバーで、洋楽テイストのメロディを巧みに操るヴォーカルが、タブーなはずの恋愛を気持ちいいくらいまっすぐに歌う。その中にちょっぴり見え隠れするせつなさがいい。コーラスの使い方も上手い。
14ラズベリーパイ
恋する気持ちをお菓子にたとえ、タイトルそのままに甘酸っぱさが全編に拡がるミディアム・ポップ・チューン。柔らかなアコギのアルペジオからはじまる、洋楽ノリのナンバーをナチュラルに歌い演奏した、等身大のデビュー・シングル。
タイアップ
  • 「Oh My Darlin’」 - フジテレビ「鬼嫁日記」主題歌
  • 「Whatever」 - サンテレビ「MUSIC B.B.」オープニングテーマ
  • 「Whatever」 - フジテレビ「お台場学園〜文化祭」イメージソング
  • 「Whatever」 - 日本テレビ「サルヂエ」エンディングテーマ
  • 「Whatever」 - TBS「江戸前鮨職人 きららの仕事」エンディングテーマ
  • 「Whatever」 - 日本テレビ「少年チャンプル」エンディングテーマ
  • 「ラズベリーパイ」 - サンテレビ「MUSIC B.B.」オープニングテーマ
  • 「ラズベリーパイ」 - フジテレビ「みんな昔は子供だった」挿入歌
  • 「ラズベリーパイ」 - 日本テレビ「サルヂエ」エンディングテーマ
  • 「ラズベリーパイ」 - 日本テレビ「少年チャンプル」エンディングテーマ
  • 「ラズベリーパイ」 - ファミリーマート「包み仕立て弁当」
アーティスト
  • 中ノ森BAND
    中ノ森文子(AYAKO:vo,g)を中心とするガールズ・バンド。2005年2月、シングル「ラズベリーパイ」でデビュー。シングル曲が立て続けにタイアップ曲となり、注目度を高めた。等身大の歌詞をキャッチーなメロディと軽快なロック・サウンドに乗せ……
  • 同時発売作品
    中ノ森BAND / OH MY DARLIN'〜Girls having Fun〜 [CD+DVD]
    TECI-1121   3,200円+税   2006/01/11 発売
    中ノ森BAND / OH MY DARLIN中ノ森BAND / OH MY DARLIN中ノ森BAND / OH MY DARLIN中ノ森BAND / OH MY DARLIN中ノ森BAND / OH MY DARLIN中ノ森BAND / OH MY DARLIN該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    2006年1月リリースの1stアルバム。注目度の高い彼女たちの高いポテンシャルを感じさせる快作で、ヒット曲「Oh My Darlin'」や王道的ガールズ・ロック調の「Whatever」などを収録。バラ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015