Ego-Wrappin' / On the Rocks! [デジパック仕様]

はてなブックマークに追加
Ego-Wrappin' / On the Rocks! [デジパック仕様]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    ON THE ROCKS!
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    トイズファクトリー
  • 規格品番:
    TFCC-86196
  • 価格:
    2,857 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Ego-WrappinEgo-WrappinEgo-WrappinEgo-WrappinEgo-Wrappin
    該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
鳴り物入りでデビューした当座に比べると、ヴォーカル、演奏ともに落ち着きが増してきたよう。“昭和歌謡”といったくくり以前に、サーカスめいた無国籍性を、本来身上とするグループだったのでは。童謡を思わせる(4)に、そうした資質がうまく出ている。
ガイドコメント
5thアルバム。新たなアプローチを見せる「天国と白いピエロ」、スケール感あふれる「ロッテンマリー」など、これまでの10年間を集約しながらも更なる飛躍を遂げた会心の作。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    4位 (2006/5/15)  ⇒  9位 (5/22)  ⇒  12位 (5/29)  ⇒  32位 (6/5)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    4位 (2006/5/15)  ⇒  9位 (5/22)  ⇒  8位 (5/29)  ⇒  16位 (6/5)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    4位 (2006/5/15)  ⇒  5位 (5/22)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    4位 (2006/5/15)  ⇒  6位 (5/22)  ⇒  10位 (5/29)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    5位 (2006/5/15)  ⇒  8位 (5/22)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2006/5/15)  ⇒  9位 (5/22)  ⇒  8位 (5/29)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    3位 (2006/5/15)  ⇒  4位 (5/22)  ⇒  5位 (5/29)  ⇒  9位 (6/5)  ⇒  12位 (6/12)
収録曲
01天国と白いピエロ
静かなギターの弾き語りで始まるソウルフルなナンバー。シンプルな演奏と、天国とピエロを描く不思議な詩が、物語のプロローグのような雰囲気を演出する。可愛いらしく囁いたり叫んだり、表情豊かな歌声も新鮮に響いてくる。
02ニュースタイム
趣向を凝らしたメロディが、エレガントなミュージカル風ナンバー。“争いのない町”という言葉を用いて、強いメッセージ性を持たせている。センチメンタルな詞とムーディーな色彩感が、並外れた音楽性を高めている。
03Mother Ship
疾走感あふれるロック・スウィングなキラー・チューン。ショー・タイムを予感させる華やかなサウンドに、中納良恵の歌声がショー・ガールのごとく鮮やかに踊る。軽快でありながら、グルーヴ感に満ちたビビッドな仕上がり。
04ロッテンマリー
大海を思わせる、スケール感たっぷりのブルース風ナンバー。淡々としたリズムなかに甘い歌声が溶ける序盤から、徐々に興奮が渦を巻く演奏へ。音楽性の高さと、楽器のように声を操る中納良恵のヴォーカルが熱を含んで迫ってくる。
05マスターdog
緩やかなスウィングに乗って、彼らの日常を描いたスロー・ナンバー。夜中に小さな近所のレストランを訪れて、熱めのスープを頼む。そして「あなたを思うと眠れない」と静かに歌う。彼らには珍しい親密な雰囲気が漂ってくる。
06Sundance
ギターが心地良いリズムを刻む、ポップでキャッチーなナンバー。一語一語を丁寧に発声する、ソフトなヴォーカルが深い愛情を紡ぎ出すよう。シンプルなサウンドへ採り入れた動物の声を真似た効果音が、大自然の清々しさを運んでくる。
07The Ruling Class
80年代のネオアコ・ブームを代表する、モノクローム・セットのカヴァー。スピード感あふれるジャジィな演奏と熱情的なパーカッションに、高揚感たっぷりのコケティッシュな歌声が絡み合う。エキゾティシズムが官能的に香り立つナンバー。
08レモン
猫のように甘い歌声が心地良くスウィングするメロウ・ナンバー。語尾をまろやかに伸ばす独特の歌い方が、真夏の気だるい午後のムードを描き出す。バックに流れる鼓動のような重低音が、じんわりと温かく染み込んでくる。
09水中ゲーム
幻惑的なギターと和風の妖艶なフルートが美しく溶け合うミディアム・ナンバー。音の海をしなやかに泳ぐ「オースイ、オースイ、スイミー」というヴォーカルがまことに爽やか。新鮮な音を探し続ける彼女たちの独創的な世界が広がりを感じさせている。
10旅先案内人
変幻自在の曲調に、自由な音楽性を詰め込んだポップ・サイケデリック。効果的な演出を持つギター音が、幾重にも広がるコーラス調のメロディを盛り上げていく。ファルセットを巧みに採り入れたパワフルなヴォーカルも胸に迫る。
11inner bell
一定のリズムを持たず、メンバーの表現力がぶつかりあう力作。華麗なセレモニーのように威風堂々とした演奏と、ヴォーカルの力量が問われるア・カペラ部分も盛り込んで展開していく。ほとんどミックスなしで仕上げた緊張感が感じられるナンバー。
仕様
デジパック仕様
アーティスト
  • EGO-WRAPPIN’
    大阪府出身の音楽ユニット。メンバーは中納良恵(vo)森雅樹(g)。1996年に結成し、関西を中心に活動を展開。その後、拠点を東京へ移す。98年に『BLUE SPEAKER』でアルバム・デビュー。2000年の「色彩のブルース」がキャバレー音楽……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場
[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015