ブンブンサテライツ / ON

はてなブックマークに追加
ブンブンサテライツ / ON
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    ON
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    gr8! records
  • 規格品番:
    SRCP-401
  • 価格:
    2,933 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ブンブンサテライツ / ONをAmazon.co.jpで購入するブンブンサテライツ / ONを@TOWER.JPで購入するブンブンサテライツ / ONをHMV.co.jpで購入するブンブンサテライツ / ONを楽天ブックスで購入するブンブンサテライツ / ONをTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
常に進化するロックを創造し続けるブンブンサテライツの最強にして最高のロック・アルバム。世界にその実力を認めさせたバンドならではの勢いとクオリティの高いサウンドは必聴だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2006/5/15)  ⇒  4位 (5/22)  ⇒  4位 (5/29)  ⇒  12位 (6/5)  ⇒  18位 (6/12)  ⇒  35位 (6/19)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    3位 (2006/5/15)  ⇒  3位 (5/22)  ⇒  6位 (5/29)  ⇒  10位 (6/5)  ⇒  16位 (6/12)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2006/5/15)  ⇒  2位 (5/22)  ⇒  4位 (5/29)  ⇒  5位 (6/5)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2006/5/15)  ⇒  3位 (5/22)  ⇒  6位 (5/29)  ⇒  8位 (6/5)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    3位 (2006/5/15)  ⇒  2位 (5/22)  ⇒  4位 (5/29)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    3位 (2006/5/15)  ⇒  8位 (5/22)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2006/5/15)  ⇒  3位 (5/22)  ⇒  2位 (5/29)  ⇒  6位 (6/5)  ⇒  7位 (6/12)  ⇒  11位 (6/19)  ⇒  17位 (8/7)  ⇒  10位 (8/14)  ⇒  16位 (8/21)
収録曲
01Kick It Out
「ロックに王者なんかいらない」と権威主義に対して唾を吐く歌詞が印象的で痛快な、ブンブンサテライツ流ロックンロール。細かく刻んだヴォーカル・トラックとラウドなエレクトリック・ギターの絡みが最高にクール!
029 Doors Empire
ディストーションを掛けて歪ませたベース・ラインが印象的なデジタル・ロック。歌詞そのままにどこまでも上り詰める高揚感が圧倒的。生ドラムに細かい編集を加えたりと、勢い任せでは終わらない凝ったサウンド・メイクにも注目だ。
03Girl
少しハネ気味の8ビートに乗せて「そろそろパーティの時間だ」とリスナーに呼びかけるパーティ・ソング。キーボードのウォール・オブ・サウンドの中で川島道行が、キャッチーなメロディ・ラインを歌い上げる。
04id
アヴァンギャルドなビートの中に突然静かなヴォーカル・パートが挿入されたりと、さながら脳内のフラッシュ・バックを音像化したかのような激しい展開を持つ、彼らの懐の深さを知ることができるダンス・ナンバー。
05Play
ディレイを大々的に使用して大きな広がりのある音空間を作り出したメロディック・チューン。手数の多い生ドラムを活かした、ブンブンサテライツ流ドラムンベースといった趣きもあり。ダブのエッセンスを巧みに導入している。
06She's So High
ゆったりとしたエレクトリック・ギターのコード・ストロークをイントロに、酩酊感漂う音世界へと誘われるサイケデリック・チューン。ソウルフルな女性コーラスが良い隠し味となり、まるでゴスペルのような“覚醒”すら感じさせる。
07Pill
疾走感あふれる16ビートに乗せてニューウェイヴ風なギター・リフが激しく奏でられるロック・チューン。要所でシャウトを交える川島道行の熱いヴォーカルに、いやがうえにもテンションが上がってしまう。
08Generator
ミュンヘン・サウンド風な16ビートのシンセ・ベースが印象的なダンス・トラック。ガツガツとしたギターのカッティングを被せて単なるフロア仕様では終わらせないあたりが、ライヴ・バンドとしても名高い彼らの面目躍如。
09Beat It
ギター1本で弾き語っても成立するしっかりとしたメロディ・ラインにキャッチーなコーラス、そしてニューウェイヴ風な音圧の高いキーボードという、ライヴでオーディエンス受けする要素がたっぷりと詰め込まれたアッパー・チューン。
10Porcupine
11Nothing
ブルース・スプリングスティーンやジョニー・サンダースへのオマージュとも解釈できる歌い出しからしてふるっている、ブンブンサテライツ流パンク・ロック。直線的なビートの勢いを殺さないように仕上げられたシンプルなサウンドだ。
12Loaded
80年代末から90年代前半にかけてのマンチェスター・サウンドを、21世紀仕様にアップデートした意欲作。真夜中の行き場のない感情を表現した、ドラムスのシンバル系の音色を強調した奥行きの深いサウンドが魅力的だ。
仕様
初回のみ三方背BOX
タイアップ
  • 「Girl」 - ワーナー・ブラザーズ「DEATH NOTE 〜The Last Name〜」スペシャルサポート楽曲
  • 「KICK IT OUT」 - NHK-BS1「Jリーグタイム」オープニングテーマ
  • 「KICK IT OUT」 - 日産自動車「X-TRAIL」TV-CMソング
  • 「KICK IT OUT」 - 江崎グリコ「ウォータリングキスミント」
  • 「KICK IT OUT」 - 江崎グリコ「ウォータリングキスミント」TV-CMソング
  • 「KICK IT OUT」 - 江崎グリコ「ウォータリングキスミント」TV-CM曲
  • 「PILL」 - メナード化粧品「2006春メイク」TV-CMソング
封入特典
  • オリジナルテッカー(初回のみ)
アーティスト
  • BOOM BOOM SATELLITES
    日本のロック・ユニット。川島道行と中野雅之により1990年に結成。テクノ名門レーベル〈R&S〉より発表した12インチ・シングルが欧州の音楽雑誌などで絶賛され、海外でブレイク。欧州の大型ロックフェス出演やアンダーワールドやモービーらとの欧米ツ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム
[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015