コブクロ / One Song From Two Hearts

はてなブックマークに追加
コブクロ / One Song From Two Hearts
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    ONE SONG FROM TWO HEARTS
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ワーナーミュージック・ジャパン
  • 規格品番:
    WPCL-11686
  • 価格:
    3,000 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    コブクロ / One Song From Two HeartsをAmazon.co.jpで購入するコブクロ / One Song From Two Heartsを@TOWER.JPで購入するコブクロ / One Song From Two HeartsをHMV.co.jpで購入するコブクロ / One Song From Two Heartsを楽天ブックスで購入するコブクロ / One Song From Two HeartsをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
ベスト・アルバムを挟んでのオリジナルとしては約4年半ぶりとなるアルバムは、路上ライヴのアートワークが示唆しているように原点がテーマにあるようだ。アレンジで大きく広げていこうとも、弾き語りで成立する音楽の核がありありと伝わっていく楽曲たちからは作り手の瑞々しい感情があふれてやまない。
ガイドコメント
前作『CALLING』以来約4年4ヵ月ぶりとなる、2013年12月18日リリースのアルバム。「紙飛行機」「あの太陽が、この世界を照らし続けるように。」「Blue Bird」「流星」ほかシングルを含む、映画、ドラマなどでの話題曲も満載。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    13位 (2013/12/16)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    3位 (2013/12/16)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    8位 (2013/12/16)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    4位 (2013/12/16)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2013/12/16)  ⇒  2位 (12/23)  ⇒  5位 (12/30)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    3位 (2013/12/16)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    7位 (2013/12/16)  ⇒  14位 (12/23)  ⇒  15位 (12/30)
収録曲
01 (Are you all set?)
8作目のオリジナル・アルバム『One Song From Two Hearts』のオープニングSE。各パートがセッティングを確かめるように音出しをしている様子を収めたもので、ライヴ直前のような緊張感とワクワク感に満ちている。
02One Song From Two Hearts
23枚目のシングルにして、8thアルバムのタイトル・チューン。“二つの心を重ねて”歌うまっすぐな想いが詰まった壮大なナンバーで、掛け合いのようにフレーズが交錯するサビは力強さに満ちている。一歩ずつ歩く道を踏みしめるようなサウンドにも胸が躍る。
03紙飛行機
フジテレビ系ドラマ『結婚しない』主題歌に起用された22ndシングル。爽やかな風に紙飛行機が舞うようなキャッチーなサビで幕を開けるポップ・チューンで、恋に怯える背中を“怖がらずにその気持ちを飛ばしてごらん”と優しく押してくれる。
04リンゴの花
たおやかなストリングスで幕を開け、ギターのアルペジオを中心とした透明感のあるサウンドで紡がれる悲しくも優しいバラード。先に延ばした約束を叶えることのできないまま会えなくなった人を想い、ファルセットを多用した美しいハーモニーを響かせる。
05ダイヤモンド
「2013 ABC 夏の高校野球」応援ソングに起用されたバラード。傷だらけになりながらも夢に向かって必死に輝く姿を歌った歌詞、穏やかな導入から一気に開けるアレンジ、想いの詰まったヴォーカルなど、すべて要素が見事に絡み合った感動的なナンバーだ。
06SPLASH
熱い夏の恋を歌ったアップ・テンポのナンバー。ブリブリと弾けるブラス・アレンジ、細やかなギターのカッティング、カラフルな女性コーラスなど、ベタともいえるほどに“まさしく”サマー・チューンで、無条件にワクワクさせられる。
07未来切手
江崎グリコ「2段熟カレー」CMソングに起用されたミディアム・ナンバー。“10年後”に向けて書かれた手紙をモチーフに、いま交わす言葉にも“未来切手”が貼られていて未来を変えてくれるんだ、と歌うファンタジックなストーリーに心が温まる。
08モノクローム
愛し合っていたにもかかわらず、離ればなれになってしまった大切な人への思いを綴った悲しいラヴ・ソング。鮮明な思い出が胸を締めつけるさまを、繊細なヴォーカルで描く。フェードアウトで終わるラストが、遠くなっていく距離を表わしているかのようだ。
09あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
21枚目のシングルは映画『岳-ガク-』主題歌。エレキ・ギターが主体のロック然としたサウンドが新鮮なミディアム・ナンバーで、“生きる意味”や“命”といった壮大なテーマを歌い上げる黒田の力のこもったヴォーカルが印象的だ。
10GAME
パーカッションやストリングスを取り入れ、カラフルなサウンドに仕立て上げたフジテレビ系ドラマ『家族の裏事情』主題歌。人生をさまざまな“ゲーム”に見立てつつ、勝っても負けても“FINE PLAY”だと優しく背中を押してくれる。
11流星
フジテレビ系ドラマ『流れ星』主題歌の19thシングルは、笹路正徳が編曲に参加したコブクロならではの感動的なバラード。愛しい君への熱い想いを流星にたとえたラヴ・ソングで、色鮮やかなストリングスが物語をより一層際立たせている。
12Blue Bird
NHKアニメ『バクマン。』オープニング・テーマに起用された20枚目のシングル。“青い空”を飛ぶ目には見えない“青い鳥”。夢を追って上京した主人公を包み込み、力を与える大きな愛を歌う。力強いリズムに胸を突き動かされるようだ。
13LIFE GOES ON
黒田俊介が作詞曲を手がけたナンバー。ピアノを主体に、分厚いコーラスでコーティングしたゴスペル風のアレンジで幕を開けるバラード。“誰が為に 歌い続けていたんだろう”など、活動を休止せざるを得なかった彼らの自問自答にも聴こえる歌詞が心に響く。
14蜜蜂
配信限定シングルとして発表されたNTT西日本のCMソング。花から花を飛び交い命を繋ぐ蜜蜂をモチーフに、言葉が心を繋ぐ存在であってほしいと歌うミディアム・バラード。彼らの歌、そして詩にかける想いが強く胸に迫ってくる。
15今、咲き誇る花たちよ
NHK「ソチオリンピック/パラリンピック」テーマ・ソングとしてシングル・カットされたナンバー。マンドリンやフルートを印象的に用いた壮大なサウンドはどこか異国情緒を感じさせる。畳みかけるようにサビを繰り返すラストの力強さは秀逸。
タイアップ
  • 「Blue Bird」 - 江崎グリコ「2段熟カレー」TV-CMソング
  • 「Blue Bird」 - NHK教育「バクマン。」オープニングテーマ
  • 「GAME」 - フジテレビ「家族の裏事情」主題歌
  • 「One Song From Two Hearts」 - MIZUNO「MIZUNO BASEBALL」TV-CMソング
  • 「あの太陽が、この世界を照らし続けるように。」 - 東宝「岳-ガク-」主題歌
  • 「ダイヤモンド」 - 朝日放送「2013 ABC 夏の高校野球」テーマソング
  • 「ダイヤモンド」 - テレビ朝日「熱闘甲子園」テーマソング
  • 「今,咲き誇る花たちよ」 - NHK「ソチオリンピック・パラリンピック」放送テーマソング
  • 「紙飛行機」 - フジテレビ「結婚しない」主題歌
  • 「未来切手」 - 江崎グリコ「2段熟カレー」TV-CMソング
  • 「流星」 - フジテレビ「流れ星」主題歌
アーティスト
  • コブクロ
    日本の音楽デュオ。ともに1977年3月生まれの大阪府出身の黒田俊介、宮崎県出身の小渕健太郎によって、98年9月に結成。ストリートライヴや学園祭などで注目され、2001年にメジャー・デビュー。飾らない歌詞とメロディの良さで脚光を浴び、2005……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015