ザ・スタイル・カウンシル / アワ・フェイヴァリット・ショップ [紙ジャケット仕様] [限定][廃盤]

はてなブックマークに追加
ザ・スタイル・カウンシル / アワ・フェイヴァリット・ショップ [紙ジャケット仕様] [限定][廃盤]
CD
ガイドコメント
「タンブリング・ダウン」「インターナショナリスツ」といった代表的名曲を収録した、2ndフル・アルバムの紙ジャケット、再発盤。85年リリース。前作よりスタイリッシュなサウンド。
収録曲
01HOMEBREAKERS
失業家族の離散を描いた歌詞を通じ、当時のサッチャー政権を批判したミック・タルボット歌唱曲。憂鬱な雰囲気をまとったジャズ・ファンク・ナンバーで、カメール・ハインズの黒々としたベース・ラインが印象的だ。
02ALL GONE AWAY
サッチャー政権下で崩壊した地方経済を、ジャズ・ボッサ調のサウンドに乗せ描いた軽やかなナンバー。深刻な歌詞とフルートの音色も清々しいサウンドとの対照的な雰囲気が、楽曲に込められた格差社会批判を強調している。
03COME TO MILTON KEYNES
郊外都市“ミルトン・キーンズ”をモチーフに、新興住宅地の画一的な不気味さを描いた曲。ストリングスの空虚な美しさで、歌詞の逆説的な効果を補強。イントロのフィル・インも魅力的なアップ・ビート・ナンバーだ。
04INTERNATIONALISTS
左傾化したウェラーが、ニュー・ソウル調トラックをバックに決起と闘争を呼びかけるファンク・ロック・ナンバー。異なる収録内容で発売された『アワ・フェイヴァリット・ショップ』の米国盤では、この曲が表題曲になった。
05A STONES THROW AWAY
南アフリカやポーランドにおける警察の残虐行為への怒りを歌った曲。弦楽四重奏のみをバックに歌うヨーロッパ的雰囲気の曲で、弦の調べの哀切さが、虐げる側、虐げられる側を描いた歌詞が内包する怒りや閉塞感を体現している。
06THE STAND UP DOMICS INSTRUCTIONS
飢餓救済団体“コメディ・リリーフ”設立などチャリティ活動に意欲的なコメディアン、レニー・ヘンリーを起用したファンク・ナンバー。人を笑わせるには人種差別ネタが最適と、笑いのノウハウを逆説的にラッピング。
07BOY WHO CRIED WOLF
重みのないビートが、いかにも80年代的で懐かしく感じられるジャジィなナンバー。全編ウェットな雰囲気のメロディで、ウェラー主宰レーベル“レスポンド”の看板娘トレイシーがバック・ヴォーカルを担当している。
08A MAN OF GREAT PROMISE
ドラッグ禍で死去した友人を追悼したパーソナルなナンバー。悲しみに包まれた歌詞とは裏腹に、ボンゴをフィーチャーした洒脱な曲調は軽快かつファンク。冒頭で鳴る鐘の音は、キンクス「黒い霧を消せ!」を連想させる。
09DOWN IN THE SEINE
たびたびフランスを題材にしてきたウェラーが、フランス語による伊達男歌唱を披露したラブ・ソング。ミック・タルボットが弾くアコーディオンなどで、ベタベタなフレンチ・ムードを演出しているシャンソン風ナンバー。
10THE LODGERS (OR SHE WAS ONLY A SHOPKEEPER'S DAUGHTER)
彼らに対する“オシャレ”なイメージと直結する曲調の傑作ブルー・アイド・ソウル・ナンバー。この時期のウェラーが好んだ、対照的な音と歌詞を組み合わせる手法が採用されており、歌詞では痛烈な政治批判を展開。
11LUCK
願ってもない幸運の訪れに、高ぶる気持ちを抑えられずにいるラブ・ソング。明るい曲調にシリアスな詞を組み合わせることが多かったこの時期の楽曲にしては珍しく、曲も詞も多幸なムードで一致。新しい恋に浮かれて仕方ないウェラーの気分が如実に反映された曲。
12WITH EVERYTHING TO LOSE
ボサ・ノヴァ風の洒落たナンバーで、英国政府の労働政策を批判した歌詞はウェラーではなくスティーヴ・ホワイトが書いた。中盤のムーディなサックスは、アニマル・ナイトライフのビリー・チャップマンが吹いている。
13OUR FAVOURITE SHOP
『アワ・フェイヴァリット・ショップ』における「タンブリング・ダウン」の露払い的楽曲。ミック・タルボットのオルガンを軸にしたアシッド・ジャズの先祖的インスト曲で、サックスがむせぶ後半まで展開に淀みがない。
14WALLS COME TUMBLING DOWN!
ジャム時代の疾走感をギターレス・サウンドで再現した、快心のソウルフル・ナンバー。かつての“怒れる若者”ぶりを思わせるパワフルな歌唱で、民衆の団結とサッチャー政権打倒を呼びかけるプロテスト・ソング。
15SHOUT TO THE TOP
仕様
紙ジャケット仕様
アーティスト
  • ザ・スタイル・カウンシル
    ザ・ジャム解散後にポール・ウェラーがミック・タルボット(key)と結成したユニット。1984年に『カフェ・ブリュ』でデビュー。60年代モータウン・ソウルを機軸に、ジャズやボサ・ノヴァの要素を加えた洒落たサウンドで人気を博し、85年の2作目『……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム
[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場!
[インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表
[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー!
[インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作
[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015