マルーン5 / オーヴァーエクスポーズド

はてなブックマークに追加
マルーン5 / オーヴァーエクスポーズド
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    OVEREXPOSED
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    A&M / OCTONE RECORDS
  • 規格品番:
    UICA-1062
  • 価格:
    2,190 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    マルーン5 / オーヴァーエクスポーズド をAmazon.co.jpで購入するマルーン5 / オーヴァーエクスポーズド を@TOWER.JPで購入するマルーン5 / オーヴァーエクスポーズド をHMV.co.jpで購入するマルーン5 / オーヴァーエクスポーズド を楽天ブックスで購入するマルーン5 / オーヴァーエクスポーズド をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
ソウル経由の親しみやすさやメロウさを巧みに介するLAの人気ポップ・ロック・バンドのアルバム。レゲエ調曲も入っていたりもするが、無理なく等身大の現代ポップを送り出す。そして、その奥から“揺らぎ”といいたくなる誘いの感覚があふれでるのは彼らの真骨頂だ。
ガイドコメント
前作『ハンズ・オール・オーヴァー』以来約2年ぶりとなる、4枚目のスタジオ・アルバム。ウィズ・カリファを迎えた「ペイ・フォン」をはじめ、LA録音による多様でポップな仕上がりに。マックス・マーティンがエグゼグティヴ・プロデューサーとして参加。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2012/6/18)  ⇒  3位 (6/25)  ⇒  3位 (7/2)  ⇒  5位 (7/9)  ⇒  8位 (7/16)  ⇒  23位 (7/23)  ⇒  18位 (7/30)  ⇒  16位 (8/6)  ⇒  18位 (8/13)  ⇒  26位 (8/20)  ⇒  29位 (8/27)  ⇒  35位 (10/8)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    3位 (2012/6/18)  ⇒  4位 (6/25)  ⇒  7位 (7/2)  ⇒  6位 (7/9)  ⇒  9位 (7/16)  ⇒  18位 (7/23)  ⇒  15位 (7/30)  ⇒  18位 (8/13)  ⇒  18位 (8/13)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2012/6/18)  ⇒  5位 (6/25)  ⇒  10位 (7/2)  ⇒  5位 (7/9)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2012/6/18)  ⇒  3位 (6/25)  ⇒  5位 (7/2)  ⇒  5位 (7/9)  ⇒  9位 (7/16)  ⇒  10位 (7/23)  ⇒  10位 (8/6)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    3位 (2012/6/18)  ⇒  4位 (6/25)  ⇒  4位 (7/2)  ⇒  5位 (7/9)  ⇒  6位 (7/16)  ⇒  10位 (7/23)  ⇒  8位 (7/30)  ⇒  10位 (8/6)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    3位 (2012/6/18)  ⇒  3位 (6/25)  ⇒  2位 (7/2)  ⇒  4位 (7/9)  ⇒  1位 (7/16)  ⇒  7位 (7/16)  ⇒  5位 (7/23)  ⇒  9位 (7/30)  ⇒  9位 (8/6)  ⇒  9位 (8/13)  ⇒  9位 (8/13)  ⇒  9位 (8/27)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    2位 (2012/6/18)  ⇒  2位 (6/25)  ⇒  1位 (7/2)  ⇒  1位 (7/9)  ⇒  1位 (7/16)  ⇒  5位 (7/23)  ⇒  3位 (7/30)  ⇒  3位 (8/6)  ⇒  5位 (8/13)  ⇒  5位 (8/13)  ⇒  8位 (8/20)  ⇒  10位 (8/27)  ⇒  12位 (10/8)  ⇒  13位 (11/19)
収録曲
01ONE MORE NIGHT
アルバム『オーヴァーエクスポーズド』からの2ndシングル。マックス・マーティンとシェルバック制作によるレゲエのバックビートを用いたやや陰りのある曲で、もう君と過ごすのはあと一晩だけ! といいながらも何度も繰り返す中毒的な関係を歌う。
02PAYPHONE
ベニー・ブランコ、シェルバックとの共作による4thアルバムからの1stカット。君へかけるペイフォンは使い果たしてしまったと失恋を嘆くが、フックのファルセットにはむしろ清々しさも。ウィズ・カリファは上から目線でフロウするが、アダムは最後まで恨み節。
03DAYLIGHT
別れが近づく最後の夜を惜しむ気持ちを歌う、スケールの大きなヴァイブスを持ったミディアム・チューン。バックストリート・ボーイズやブリトニー仕事で著名なマックス・マーティンとアダムの共作で、終盤の“ウオーォ”のリフレインがどこかもの寂しい。
04LUCKY STRIKE
鼓動を高ぶらせる前のめりなビートで展開するキャッチーなアッパー。100万人に一人の“ボクのど真ん中な女性”をラッキー・ストライクと表現。アダムの声もゴキゲンだ。制作はライアン・テダー&ノエル・ザンカネラ。
05THE MAN WHO NEVER LIED
嘘なんてつく男じゃなかったのに……君を傷つけることがどうしてもできなかったと繰り返す痴話喧嘩ストーリー。嫌気がさすテーマだが、ルーマニア出身マリウス・モガとカナダ人ブライアン・ウエストが書いた曲調は軽快なアッパー・ダンサー、というギャップも面白い。
06LOVE SOMEBODY
ライアン・テダー&ノエル・ザンカネラによるディスコ・テイストを効かせた爽快なポップ・ダンサー。僕を頂上へ連れていってくれるような人と恋がしたいと、伸びやかで広がりある歌唱を披露する。気ままに空を舞うような心地よさが魅力。
07LADYKILLER
メンバーのジェイムス・ヴァレンタイン中心に手掛けたミディアム・チューン。どこかしら退廃的なムードも漂うファンキー・テイストの曲で、スリルだけを求める女に騙されるなと諭す。2分40秒強という短い曲だが、存在感は抜群。
08FORTUNE TELLER
太くうねるボトムとアダムの伸びやかなヴォーカルが対照的な4つ打ちダンサー。占い師じゃないから未来はわからないけどそばにいて欲しいと告げる、マルーン5らしい視点の世界観が特色。ノア“メイルボックス”パソヴォイ、ジェイムス、サム・ファラーが制作。
09SAD
ゆっくりと陽が陰っていくような、美しくもはかなげな鍵盤が支配するミディアム・スロー・バラード。きちんと言うべきことを伝えられずに後悔する男の心境を綴る。コーラス終わりの“すごく悲しい”と告げるフレーズが、なんともやるせない。
10TICKETS
外見は完璧、中身は空っぽ。そんな彼女に誰も近づかないのに、なぜか僕だけ……わかっていながら誘惑に負けた男についての自虐ソング。ちょっぴりヒネたメロディとグルーヴィな曲調が彼ららしい。シンガロング必須のコーラスも魅力。
11DOIN' DIRT
スウェーデン出身のシェルバックによる80年代ディスコを彷彿とさせるダンス・チューン。アバあたりの北欧風を想わせる、君のせいで悪さをしちゃってると告げる官能的な歌だ。カッティング・ギターが走り、アダムが軽快に歌う後半が興奮度高し。
12BEAUTIFUL GOODBYE
初めて会った時の瞳の輝きに惹かれ恋に落ちた日を回想しながら、涙を流す君を目の前にした男の心境を綴る。ベニー・ブランコによる安らぎも感じさせるミディアムに寄り添うような、優しくも侘びしい歌唱が印象的だ。
13WIPE YOUR EYES
冒頭からハイトーンのファルセットを効果的に用いた、J.R.ロテムによるミディアム・ポップ・ロック。泣きたくなったらいつでも涙を拭ってあげるよという慰めソングで、アダムの歌唱にも肩をそっと抱くような優しさが感じられる。
14WASTED YEARS
もう君と無駄な時間を過ごしたくないんだとウンザリした気持ちを綴る。時折顔を出すホーンと、南部的な陽気さがチラチラと見える土っぽいロック・サウンドが、いい匙加減で溶け合っている。2005年発表のライヴ盤『ライヴ!』に初収録された曲。
15KISS
プリンスのカヴァー。ブルースの埃っぽさと自由奔放なジャズのアプローチを組み合わせた、どちらかといえば、ファンクというよりプレスリー時代あたりのロックンロール調といった風情。途中でテンポを落としたり、ギター・ソロありと、遊びも存分に入った約7分だ。
16MOVES LIKE JAGGER
口笛の導入、グルーヴィなギター、キャッチーなメロディとヒット要素が詰まった4つ打ちポップ・ダンサー。ジャガーのように振る舞えば君は僕の虜と誘う。アギレラは後半からの登場だが貫禄の存在感。ミック・ジャガーとの“競演”PVも話題に。18ヵ国で1位獲得。
17PAYPHONE
4thアルバム『オーヴァーエクスポーズド』からの1stシングルのリミックス。チキチキと鳴るビートと空間的な広がりを感じる背景を用意して、雲間を浮遊するようなムードに。オリジナルよりもゆったりとしたイメージだ。
18PAYPHONE
アルバム『オーヴァーエクスポーズド』からの1stシングルのリミックス。シンセを大胆に配したトランシーな4つ打ちへと変貌した楽曲は、パーティ御用達のクラブ・ユースな作風。ウィズ・カリファのラップ・パートもより映えた結果に。リミックスだが、約3分と短め。
19PAYPHONE
4thアルバム『オーヴァーエクスポーズド』からの1stシングルのリミックス。どこかプリミティヴで極彩色な雰囲気も感じられるアレンジで、オリジナルとはガラッと変わった印象だ。失恋を嘆く歌だが、曲はアーシーで陽気なものとなった。
(13)(14)(15)(16)(17)(18)(19)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • マルーン5
    米・ロサンゼルス出身のポップ・ロック・バンド。1994年よりアダム・レヴィーンとジェシー・カーマイケルを中心とした4人組、カーラズ・フラワーズとして活動し、5人編成となった2001年を機に現グループ名に改名。翌年のメジャー・デビュー作『ソン……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015