OAU / OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND

はてなブックマークに追加
OAU / OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    タクティクス
  • 規格品番:
    TFCC-86203
  • 価格:
    2,667 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    OAU / OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDをAmazon.co.jpで購入するOAU / OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDを@TOWER.JPで購入するOAU / OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDをHMV.co.jpで購入するOAU / OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDを楽天ブックスで購入するOAU / OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
アコースティック楽器を中心とした6人編成バンドのファースト・アルバム。ギターとヴァイオリン、ウッド・ベースとのアンサンブルと巧みなコーラスは、ブリティッシュ系フォークを思わせる。大半が英語詞で、深い洞察力から生まれる人生の苦悩や希望を歌う。
ガイドコメント
BRAHMANのTOSHI_LOW率いるアコースティック・バンドのアルバム。ヴァイオリンやパーカッション、アコースティック・ギターといった楽器を駆使し、トラディショナルなサウンドと斬新なアイディアを融合させた音世界を表現する。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    4位 (2006/7/10)  ⇒  10位 (7/17)  ⇒  22位 (7/24)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2006/7/10)  ⇒  14位 (7/17)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    9位 (2006/7/17)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    8位 (2006/7/10)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    8位 (2006/7/10)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    7位 (2006/7/10)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    3位 (2006/7/10)  ⇒  5位 (7/17)  ⇒  10位 (7/24)  ⇒  18位 (7/31)
収録曲
01ホールド・ユア・ヘッド・アップ・ハイ
BRAHMANのメンバーを中心にしたプロジェクトのアルバム『OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND』のオープニング・チューン。カントリー・スタイルなギターが印象的なアコースティック調のサウンドで、ミキシングのテクニックも素晴らしい。
02ディソナント・メロディー
フィドルをフィーチャーしてはいるがカントリー風な色合いは強くなく、どちらかというとブリティッシュ色の強さが垣間見られる、ポップなアコースティック・ナンバー。パーカッシヴなドラミングが魅力的だ。
03ビリーヴ
イントロのギター・アンサンブルで心惹かれ、2つのギターが心地よく交わり生み出される豊潤なサウンドが絶品のナンバー。静かなサウンドの中にも男らしさが感じられるハーモニーが相まって、独特のオリジナリティが感じられる。
04ブラック・アンド・ブルー・モーニング
ドラマティックで壮大に突き進むサウンドが気持ち良く響く、ポップ・ナンバー。シンプルな作りでありながらも、ブレイクやアンサンブルなどで練り上げた過程が垣間見られるアレンジが聴きどころだ。
05レイン
夏らしさが漂うしっとりとしたスロー・ナンバー。スティール・パンとフィドルの軽やかで優美な響きが暑さを癒してくれるよう。無駄な音を極力そぎ落としたアコースティックなサウンド・プロダクションが潔い。
06ホール・ニュー・デイ
カントリー・スタイルのアコギとフィドルのイントロは、“気分はナッシュヴィル”といった古き良きアメリカン・オールディーズ・スタイル。だが、底抜けに明るいわけではなく、どこかブリティッシュな雰囲気を持ったサウンドで、早口言葉のようなメロディもユニーク。
07サンキュー
ギターのカウントから始まるボトル・ネックのイントロが、いい意味でラフ。セッションのような気楽なノリを持ちながらも、ギター・アンサンブルがバランス良くまとめられている。リラックスしたヴォーカルにも好感が持てる作品だ。
08メモリーズ
優しいフィドルのソロが何とも切ない。アルバム『OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND』の中では、最も心に響く、美しいメロディ・ラインが印象的なナンバー。力強いハーモニーが顕著な彼らだが、ここでは、優しいテイストに仕上げている。
09スコール
カントリーでもブルーグラスでもない独特のリズム。むしろ、アイリッシュやトラッド・フォークに通ずるような陰りを持ったサウンドが特色のナンバー。優しげなヴァースと力強いサビとのバランス感覚が素晴らしい。
10アワー・ハンド
イントロのフィドルの優しい音色によって、グイッと心をつかまれるスロー・ナンバー。ほとんどが英詞のアルバム『OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND』のなかで、唯一日本語詞によって手掛けられただけに、彼らのメッセージがより伝わってくるようだ。
11ハルパー
洋楽を意識したメロディ・ラインが垣間見られるが、個性的なリズムを生み出すパーカションが入ってくるだけで、彼ら流の独自のサウンドへ変化していくナンバー。リズム・アンサンブルの演奏が何より素晴らしい。
12ベガーズ・アンド・スレイヴス
ヴァラエティ豊かなリズムの変化が感じられる、アルバム『OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND』を締めくくるプログレッシヴなナンバー。クラシカルな響きを生み出すフィドルが、ヴァイオリン曲といえるほどフィーチャーされている。練りこまれたサウンドが圧巻。
アーティスト
  • OAU(OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)
    日本のアコースティック・バンド。メンバーはTOSHI-LOW(vo,g)、MARTIN(vo,vn,g)、KOHKI(g)、MAKOTO(cb)、RONZI(ds)、KAKUEI(perc)の6名。BRAHMANのメンバーを中心として200……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』
[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る
[インタビュー] DJ KAORI、デビュー20周年を迎えた人気DJが、ディズニーの名曲をノンストップミックス[インタビュー] 何事にも全力!丘みどり、デビュー15周年ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] “全曲シングル”なコンピレーション『SLENDERIE ideal』発売記念!藤井 隆×吉田 豪[特集] アルチザン・筒美京平の魅力 [対論]萩原健太×湯浅 学
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015