OAU / OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND

はてなブックマークに追加
OAU / OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    タクティクス
  • 規格品番:
    TFCC-86203
  • 価格:
    2,667 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    OAU / OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDをAmazon.co.jpで購入するOAU / OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDをHMV.co.jpで購入するOAU / OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDを楽天ブックスで購入するOAU / OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDを@TOWER.JPで購入する
    OAU / OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDを山野楽器で購入するOAU / OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
アコースティック楽器を中心とした6人編成バンドのファースト・アルバム。ギターとヴァイオリン、ウッド・ベースとのアンサンブルと巧みなコーラスは、ブリティッシュ系フォークを思わせる。大半が英語詞で、深い洞察力から生まれる人生の苦悩や希望を歌う。
ガイドコメント
BRAHMANのTOSHI_LOW率いるアコースティック・バンドのアルバム。ヴァイオリンやパーカッション、アコースティック・ギターといった楽器を駆使し、トラディショナルなサウンドと斬新なアイディアを融合させた音世界を表現する。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    4位 (2006/7/10)  ⇒  10位 (7/17)  ⇒  22位 (7/24)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2006/7/10)  ⇒  14位 (7/17)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    9位 (2006/7/17)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    8位 (2006/7/10)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    8位 (2006/7/10)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    7位 (2006/7/10)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    3位 (2006/7/10)  ⇒  5位 (7/17)  ⇒  10位 (7/24)  ⇒  18位 (7/31)
収録曲
01ホールド・ユア・ヘッド・アップ・ハイ
BRAHMANのメンバーを中心にしたプロジェクトのアルバム『OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND』のオープニング・チューン。カントリー・スタイルなギターが印象的なアコースティック調のサウンドで、ミキシングのテクニックも素晴らしい。
02ディソナント・メロディー
フィドルをフィーチャーしてはいるがカントリー風な色合いは強くなく、どちらかというとブリティッシュ色の強さが垣間見られる、ポップなアコースティック・ナンバー。パーカッシヴなドラミングが魅力的だ。
03ビリーヴ
イントロのギター・アンサンブルで心惹かれ、2つのギターが心地よく交わり生み出される豊潤なサウンドが絶品のナンバー。静かなサウンドの中にも男らしさが感じられるハーモニーが相まって、独特のオリジナリティが感じられる。
04ブラック・アンド・ブルー・モーニング
ドラマティックで壮大に突き進むサウンドが気持ち良く響く、ポップ・ナンバー。シンプルな作りでありながらも、ブレイクやアンサンブルなどで練り上げた過程が垣間見られるアレンジが聴きどころだ。
05レイン
夏らしさが漂うしっとりとしたスロー・ナンバー。スティール・パンとフィドルの軽やかで優美な響きが暑さを癒してくれるよう。無駄な音を極力そぎ落としたアコースティックなサウンド・プロダクションが潔い。
06ホール・ニュー・デイ
カントリー・スタイルのアコギとフィドルのイントロは、“気分はナッシュヴィル”といった古き良きアメリカン・オールディーズ・スタイル。だが、底抜けに明るいわけではなく、どこかブリティッシュな雰囲気を持ったサウンドで、早口言葉のようなメロディもユニーク。
07サンキュー
ギターのカウントから始まるボトル・ネックのイントロが、いい意味でラフ。セッションのような気楽なノリを持ちながらも、ギター・アンサンブルがバランス良くまとめられている。リラックスしたヴォーカルにも好感が持てる作品だ。
08メモリーズ
優しいフィドルのソロが何とも切ない。アルバム『OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND』の中では、最も心に響く、美しいメロディ・ラインが印象的なナンバー。力強いハーモニーが顕著な彼らだが、ここでは、優しいテイストに仕上げている。
09スコール
カントリーでもブルーグラスでもない独特のリズム。むしろ、アイリッシュやトラッド・フォークに通ずるような陰りを持ったサウンドが特色のナンバー。優しげなヴァースと力強いサビとのバランス感覚が素晴らしい。
10アワー・ハンド
イントロのフィドルの優しい音色によって、グイッと心をつかまれるスロー・ナンバー。ほとんどが英詞のアルバム『OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND』のなかで、唯一日本語詞によって手掛けられただけに、彼らのメッセージがより伝わってくるようだ。
11ハルパー
洋楽を意識したメロディ・ラインが垣間見られるが、個性的なリズムを生み出すパーカションが入ってくるだけで、彼ら流の独自のサウンドへ変化していくナンバー。リズム・アンサンブルの演奏が何より素晴らしい。
12ベガーズ・アンド・スレイヴス
ヴァラエティ豊かなリズムの変化が感じられる、アルバム『OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND』を締めくくるプログレッシヴなナンバー。クラシカルな響きを生み出すフィドルが、ヴァイオリン曲といえるほどフィーチャーされている。練りこまれたサウンドが圧巻。
アーティスト
  • OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
    2005年に結成された日本のアコースティック・バンド。TOSHI-LOW以下、MAKOTO、RONZI、KOHKIといったハードコア・パンク・バンド“BRAHMAN”のメンバーとパーカッショニストのKAKUEI、スコットランド系アメリカ人ヴ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える
[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ
[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』[インタビュー] “令和最初の傑作”を読み解く 清 竜人 超ロング・インタビュー
[インタビュー] 島田奈美、最新ベストアルバム発売 島田奈央子、島田奈美を語る[インタビュー] “最強打線”をそろえた初のアルバム。DJ FUKUの『スタメン』
[特集] 「がんばれ!隠れ汗 プロジェクト」とは?『ビオレ さらさらパウダーシート』アニメCM公開中[インタビュー] ロイ-RöE-が描く『ストロベリーナイト・サーガ』の世界
[インタビュー] “まるで13本立てのカルト映画祭”ROLLYが新曲入りセルフカヴァー・アルバム『ROLLY[インタビュー] クールス対談 ジェームス藤木×近田春夫
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015