T.I. / ペーパー・トレイル〜真実の行方 [限定]

はてなブックマークに追加
T.I. / ペーパー・トレイル〜真実の行方 [限定]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    PAPER TRAIL
  • ジャンル:
    ラップ/ヒップホップ(海外)
  • レーベル:
    アトランティック
  • 規格品番:
    WPCR-13100
  • 価格:
    2,076 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    T.I. / ペーパー・トレイル〜真実の行方 [限定]をAmazon.co.jpで購入するT.I. / ペーパー・トレイル〜真実の行方 [限定]を@TOWER.JPで購入するT.I. / ペーパー・トレイル〜真実の行方 [限定]をHMV.co.jpで購入するT.I. / ペーパー・トレイル〜真実の行方 [限定]を楽天ブックスで購入するT.I. / ペーパー・トレイル〜真実の行方 [限定]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
日本でもヒットした「恋はマイアヒ」をネタ使いし大胆にリアーナを迎えた「マイアヒ・ライフ」、さらにジェイ・Z、カニエ・ウェスト、リル・ウェインと客演した「スワッガー・ライク・アス」とトピック曲が目立つが、初期の作風もうかがえる。波乱の人生を反映した、原点と進取の精神を融合させた6枚目。
ガイドコメント
映画『アメリカン・ギャングスター』への出演を果たすなど幅広い活躍をみせているヒップホップ・アーティスト、T.I.の6thアルバム。危険な香りを漂わせた、緊張感あふれる一枚となっている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    5位 (2008/9/29)  ⇒  8位 (10/6)  ⇒  18位 (10/13)  ⇒  35位 (10/20)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    8位 (2008/9/29)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    6位 (2008/9/29)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2008/9/29)  ⇒  5位 (10/6)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    10位 (2008/9/29)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    6位 (2008/9/29)
収録曲
0156 BARS
デビュー以来の盟友・トゥーンプが制作したアルバム『ペーパー・トレイル』のイントロとなる“56小節”。アンドレ3000、ビギー、2パックなど敬愛するアーティストを挙げるとともに、“スワッガー”(大口叩き)自慢を炸裂させている。
02I'M ILLY
常にオーラを発し“キング”の称号を得たオレのレベルは“イル”を超えて“イリー”に達してると挑発する曲。ラッパー同士のバトルなら任せろと凄む悪びれたフロウがよく合うトラックは、チャック・ディーゼルによるプロデュース。
03READY FOR WHATEVER
“車に銃を載せていただけで刑務所行き”と、自身の銃不法取引容疑による逮捕についての告白。罪は当然のこととしながら、“死ぬか刑務所かしか選択肢がなかった”と当時の苦しい心境をシリアスに綴っている。ドラマ・ボーイ制作曲。
04ON TOP OF THE WORLD
確執が噂されていたリュダクリスの曲に参加したT.I.が、新鋭のB.o.Bを加えての客演返しとなったマイク・リレー。比喩と重複表現を駆使して夢を現実にしたことを誇示しながら、世界のトップに君臨している現状を歌っている。
05LIVE YOUR LIFE
“マイアヒ〜、マイアホ〜”で知られるO-ZONEの大ヒット「恋のマイアヒ」を大胆に採用した超冒険曲。贅沢にもリアーナを迎え、“あなたの人生を生きていけばいいだけ”と歌う。見事にクラブ・バンガーに仕立てたジャスト・ブレイズの手腕が光る。
06WHATEVER YOU LIKE
アルバム『ペーパー・トレイル』のリード・シングルとして1位を記録した、ジム・ジョンシン制作曲。女の身体目当ての成り上がり野郎に対して、T.I.が紳士的に“君が気に入ったものは君のものさ”と貫禄と余裕を見せつけている。
07NO MATTER WHAT
アルバム『ペーパー・トレイル』から最初に公開された、服役直前における決意表明曲。モハメド・アリの言葉“偉大なる者も苦しむ時がある”を引用しつつ、“オレは終わっちゃいねぇ”と告げるセンチメンタルなミッド・スロー・チューン。
08MY LIFE YOUR ENTERTAINMENT
スキャンダルと背中合わせの自身の人生を振り返り、“オレの生き方はオマエにとっての娯楽だな”と皮肉った曲。ニーヨ同様にスターのアッシャーとともに、ショウビズ界を生きる苦悩を切実に語っている。ドラマ・ボーイのプロデュース。
09PORN STAR
リル・Cのプロデュースによるムーディなミッド・チューン。ナンパでゲットした彼女に、たゆたうようなウィスパー・フロウで“キミをポルノ・スターにしちゃってもいいかい”と口説くベッドタイム・ソング。
10SWING YA RAG
アルバム『ペーパー・トレイル』からの2ndシングル。制作も担当したスウィズ・ビーツをフィーチャーし、“ダンスなんかしないでルイ・ヴィトンのバンダナをグルグル回すだけ”とクラブの楽しみ方を伝授するアッパー・バウンス・チューン。
11WHAT UP, WHAT'S HAAPNIN'
ドラマティックなアレンジが緊迫感を煽るドラマ・ボーイ制作曲。ジャズ・フュージョンのハーヴィー・メイソン「ネヴァ・ギヴ・ユー・アップ」を拝借し、低いトーンで不穏なフロウを展開。名前こそ出さないものの、ショーティ・ローへのディス・ソングだ。
12EVERY CHANCE I GET
“どんなチャンスも逃さねぇ”と自身がトップへとたどり着くまでのサクセス・ストーリーを誇示しながら綴っていくミッド・チューン。トゥーンプの情熱的なトラックに乗せられて、T.I.が感情をたぎらせながらフロウするアウトロが秀逸。
13SWAGGA LIKE US
ジェイ・Z、カニエ・ウェスト、リル・ウェインを迎えたなんとも豪華な曲。“あたしたち以上にイケてるヤツなんていないわ”というM.I.A.「ペーパー・プレーンズ」のフレーズを敷き、それぞれが“スワッガー”(大口叩き)自慢を繰り広げている。
14SLIDE SHOW
エルヴィス“ブラック・エルヴィス”ウィリアムス制作によるピースフルなミッド・チューン。ジョン・レジェンドをフィーチャーしているためか、かなりジョン寄りのソウルフルな楽曲で、T.I.がいつもの傲慢なフロウではなく真摯に人生を語る異色作。
15YOU AIN'T MISSIN' NOTHING
哀しみを漂わせるピアノの旋律にギターとホーンが絡むドラマ・ボーイ制作曲。鉄格子の向こう側にいる人たちへ“外の世界で見逃してることなんてそんなにないぜ”と励ます内容だが、当時の刑期を務める自身への問いかけにも聴こえてくる。
16DEAD AND GONE
客演したジャスティン・ティンバーレイクとロブ・ノックスの共同制作によるセンチメンタルなミッド・チューン。美しいピアノと叙情的なストリングスのアクセントが、“昔の自分は消え去った”と告げる意味深な内容をより濃密なものにしている。
17COLLECT CALL
ジェイムズ“ナード”ロセール&ブランドン“B”ラックリー制作による、なめらかでスウィートなブラコン風ミッド・チューン。トップに立ち続ける者の憂鬱と孤独を綴りながら、“オレのコレクト・コールに応えてくれるか”と問う。
18I KNOW YOU MISSED ME
物悲しさを携えたシンセとギターに包まれながら、ファットなボトムの上でリリシストぶりを見せるT.I.に胸が熱くなるミディアム・チューン。プロデュースはグランド・ハッスルからトゥ・バンド・ギークスが担当。
(17)(18)ボーナストラック
タイアップ
  • 「マイアヒ・ライフ feat. リアーナ」 - テレビ東京「SHOWBIZ COUNTDOWN」オープニングテーマ
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • T.I.
    1980年9月25日生まれ、米・アトランタ出身のラッパー/俳優。本名はクリフォード・ジョセフ・ハリス・ジュニア。2001年に『アイム・シリアス』でアルバム・デビュー。2003年の2ndアルバム『トラップ・ミュージック』で全米5位を記録すると……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015