アマリア・ロドリゲス / パリス 1960

はてなブックマークに追加
CD
ガイドコメント
ファドの女王の黄金時代を象徴する、1960年の仏・パリ、ボビノでのライヴ。世界的人気の足がかりとなった格式の高いパリ・オランピアでのライヴとは異なり、庶民的なホールならではのリラックスした歌唱とここでしか歌っていない貴重な楽曲が楽しめる。
※ 曲目等の収録内容は変更になる場合があります。
収録曲
01Luar、Luar
02Calunga
03Quem O Fado Calunga
04Fado Gingao
05Fado Da Madragoa
06Ole、Mi Morena
07Barco Negro
08Guitarra Triste
09Uma Casa Portuguesa
10Lerele
11Aie、Mourir Pour Toi
12Coimbra
13Trepa No Coqueiro
14Lisboa Antiga
15Don Triqui Traque
アーティスト
  • アマリア・ロドリゲス
    1920年生まれ。ポルトガルを代表する音楽、ファドを世界に知らしめた最大の功績者。細やかな節回しと、ゆったりと揺れる大きな抑揚を持つファドを、メリスマと呼ばれる小節を多用しつつ伸びやかに歌い上げ、ポルトガル以外でも高い評価と人気を獲得。50……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015