Namie Amuro/Past<Future [デジパック仕様]

はてなブックマークに追加
Namie Amuro/Past<Future [デジパック仕様]
CD
デジパック仕様
  • アーティスト:
  • 原題:
    PAST < FUTURE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    avex trax
  • 規格品番:
    AVCD-38011
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Namie Amuro/Past<Future [デジパック仕様]をAmazon.co.jpで購入するNamie Amuro/Past<Future [デジパック仕様]をHMV.co.jpで購入するNamie Amuro/Past<Future [デジパック仕様]を楽天ブックスで購入するNamie Amuro/Past<Future [デジパック仕様]を@TOWER.JPで購入する
    Namie Amuro/Past<Future [デジパック仕様]を山野楽器で購入するNamie Amuro/Past<Future [デジパック仕様]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
約2年半ぶり9枚目のオリジナル・アルバム。彼女のヴォーカルを前面に出すだけで終わらず、ビートの強調されたバッキングと拮抗するミックスの曲が大半で、線の細い歌声の奮闘ぶりがけっこう刺激的だ。そういう構成だからこそバラードの「The Meaning Of Us」が目立つと言える。触り甲斐のある24ページのブックレット付き。
約2年半振りとなる、2009年12月16日発表の9枚目のアルバム。自身が出演するVidal SassoonのCMソングとなった「MY LOVE」「COPY THAT」や、ヒット・シングル「WILD」「Dr.」などを収録する。
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2009/12/14)  ⇒  4位 (12/21)  ⇒  3位 (12/28)  ⇒  9位 (2010/1/4)  ⇒  38位 (1/11)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2009/12/14)  ⇒  4位 (12/21)  ⇒  3位 (12/28)  ⇒  7位 (2010/1/4)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2009/12/14)  ⇒  6位 (12/21)  ⇒  7位 (12/28)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2009/12/14)  ⇒  3位 (12/21)  ⇒  3位 (12/28)  ⇒  7位 (2010/1/4)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2009/12/14)  ⇒  5位 (12/21)  ⇒  7位 (12/28)  ⇒  9位 (2010/1/4)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2009/12/14)  ⇒  2位 (12/21)  ⇒  7位 (12/28)  ⇒  4位 (2010/1/4)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2009/12/14)  ⇒  4位 (12/21)  ⇒  2位 (12/28)  ⇒  4位 (2010/1/4)  ⇒  12位 (1/11)  ⇒  20位 (2/1)
トラックリスト
01FAST CAR
ノルウェーのDSign MUSIC制作による、乾いたパーカッションと太いサックスをアクセントにしたブーティなアップ。危なっかしくもイカした男を猛スピードで走る車に見立てて、ほかの誰にも乗らせないと息巻く姉御肌の安室の歌唱が痛快。
02COPY THAT
「ジェームズ・ボンドのテーマ」風イントロと中毒性の高い“コピー!コピー!”のフックが特色のアップ。上司に恋する部下の健気な仕事ぶりを、“有能な参謀”“最強の相棒”とするあたりも『007』風か。“弱音は吐かない!”と言い切る歌唱が共感を呼ぶ。
03LOVE GAME
DOUBLEが詞を提供した、SAトラックワークス陣制作によるクールなアップ。ヒット&アウェイやハートにブローなど、恋愛をボクシングにたとえている。男を誘惑したつもりが逆に惚れてしまったラヴ・アフェアを歌う、精悍でクールなヴォーカルは見事。
04Bad Habit
ランダム・ミュージックのウーゴ・リラらによる、重厚なボトムが響くクラブ・チューン。欲望に勝てない男の浮気癖をあざ笑うかのごとく、魔性の女に変貌した安室が上目線で誘惑。禁断の世界に導くような“ドゥ・ウィ・ドゥー”のコーラスも強く心を揺さぶる。
05Steal my Night
Jeff Miyaharaによる「WANT ME, WANT ME」でも用いたバングラ・ビートを配したアップ。スカして踊る男に早く奪ってよと挑発する、一夜限りのラヴ・アフェア・ソングだ。視線が合ったら外せない迫力が歌唱に存分に表われている。
06FIRST TIMER (feat.DOBERMAN INC)
ドーベルマン・インクを迎えた、バウンシーなクラブ・チューン。おもちゃ箱をひっくり返したようなラップやコーラスが入り乱れるにぎやかなフックは、T・クラ楽曲ならでは。話はシナプスから宇宙までと膨大だが、言いたいのは「最初が一番」ということ。
07WILD
「コカ・コーラ ゼロ」キャンペーンに起用のシングル。ミチコ流の解釈で少子化問題を扱っており、難しく考えず欲望のまま行こう! という大胆な提言を、安室がサラリと歌いのけている。エフェクトを多用するなど、T・クラらしいアレンジはここでも健在。
08Dr.
「WILD」と両A面のシングル。Nao'ymtによる近未来的な世界観を取り入れたクラブ・ミッドで、大仰なオーケストレーションや心拍音などのアイディアが巧み。過去の苦い恋の傷を消し去り二人の愛を救ってとすがる歌唱が、切なくも愛らしい。
09Shut Up
ヴォーカル・エフェクトをアクセントにした、ボトムの厚いロック寄りの一曲。“だからお願い 放っておいて”とクールに言い放つが、中盤での“つまらない争いに巻き込まないで”の哀願にも似た歌唱は、安室の本音を吐露するかのよう。Nao'ymt制作曲。
10MY LOVE
HIRO制作による、シンセ・サウンドを重用したコンテンポラリーなUS調R&B。00年代末のトレンドのオートチューンを効果的に駆使している。今すぐ会いたいという気持ちを“LOVE”の連呼で描写したフックが、何ともキュート。
11The Meaning Of Us
U-Key zone制作によるミディアム・スロー・バラード。気品ある鍵盤が響く美麗な曲だが、壮大というより等身大の愛情を育むような細やかさが秀逸。あなたがそばにいれば強くなれると、成長した大人の女性の愛情を描く。
12Defend Love
Nao'ymt制作の「Dr.」続編ともいえるフューチャリスティックなクラブ・アップ。二人の愛を救ってというパーソナルな愛から、独善的争いなど何の足しになると普遍的な愛へテーマが変化。ドクターへの救いの声も緊迫を増し、強い怒りさえも覚える。
仕様
初回のみデジパック仕様
タイアップ
  • 「COPY THAT」 - P&G「Vidal Sassoon」TV-CMソング
  • 「Dr.」 - P&G「Vidal Sassoon」TV-CMソング
  • 「Dr.」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
  • 「MY LOVE」 - P&G「Vidal Sassoon」TV-CMソング
  • 「WILD」 - エムティーアイ「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「WILD」 - コカ・コーラボトリング「コカ・コーラ・ゼロ」TV-CMソング
  • 「WILD」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
  • 安室奈美恵
    1977年9月20日生まれ、沖縄県那覇市出身のシンガー。15歳の時にスーパーモンキーズの一員としてデビュー。95年の「TRY ME〜私を信じて〜」で本格的なソロ活動へ移行すると、「CAN YOU CELEBRATE?」などのヒットを重ね、“……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 主人公の輪郭を求めているのかもしれない 中村雅俊、通算55枚目のシングル「だろう!!」[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」
[インタビュー] MAKE SOME HAPPEN なにか起こしたい――A-THUGの“夢”[インタビュー] 後悔は一切ない 〈おはよう武道館〉を控える般若が初のベスト・アルバム『THE BEST ALBUM』をリリース
[インタビュー] “わたし”から“私”へ 吉澤嘉代子『女優姉妹』[インタビュー] 宇宙船ジャガー号に潜入取材!――ベスト・アルバム『ジャガーさんがベスト!』に迫る
[インタビュー] 孤独を歩こう――2018年の日本を描いた、中村 中『るつぼ』[インタビュー] “黒い春”と一緒に“死者の日”を楽しもう エル・ハル・クロイの世界とは
[インタビュー] 泣けて笑えて、また泣けて、また笑えて――近田春夫×児玉雨子[インタビュー] ビートで紡ぐストーリー――CRAM『The Lord』
[インタビュー] 進化し続けるCOLOR CREATION 新たなチャレンジや発見も詰まった「I[インタビュー] カズオ・イシグロが歌詞を提供した“ジャズ・ソングバード” ステイシー・ケントがジム・トムリンソンと描く美しい歌
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015