KOKIA / パール〜ザ・ベスト・コレクション

はてなブックマークに追加
KOKIA / パール〜ザ・ベスト・コレクション
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    PEARL - THE BEST COLLECTION -
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ビクター
  • 規格品番:
    VICL-61852
  • 価格:
    2,900 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    KOKIA / パール〜ザ・ベスト・コレクションをAmazon.co.jpで購入するKOKIA / パール〜ザ・ベスト・コレクションを@TOWER.JPで購入するKOKIA / パール〜ザ・ベスト・コレクションをHMV.co.jpで購入するKOKIA / パール〜ザ・ベスト・コレクションを楽天ブックスで購入するKOKIA / パール〜ザ・ベスト・コレクションをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
初のベスト盤。新録が3曲、未発表曲が1曲。代表的な曲がこうして集まると、いずれもジェントルでどこかはかなげな雰囲気を醸し出しているという、彼女の世界を貫く、ひとつの方向が見えてくる感じがする。最後まで聴いても疲れない柔らかい作品集。
ガイドコメント
2004年アテネオリンピック日本代表選手団公式応援ソング「夢がチカラ」など、タイアップ・ソング満載のベスト・アルバム。新録ヴァージョンも収録され、ビギナーだけでなくコアなファンも楽しめる。
ニュース
チャート
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    9位 (2006/1/30)
収録曲
01The Power of Smile
清涼感のあるピアノから始まるエヴァーグリーンな輝きをもつサウンド、そしてピュアなヴォーカル。シャンプーのCMにも起用されたブライト・チューンで、サビの印象的なフレーズは勇気とパワーを与えてくれる。
02愛のメロディー (original ver.)
深みのあるKOKIAのヴォーカルが最大限に生かされた優しいバラード。長編アニメ『銀色の髪のアギト』のエンディングとして書き下ろした曲のオリジナル版だ。愛する人がいることそのものへの感謝が伝わってくる。
03dandelion
フィーチャーされた二胡の音色が、この楽曲にスケール感を与えている。風に乗って飛んでゆくたんぽぽの綿毛のように、多くの人の心に届くピースフルな想いを映し出した、ゆったりと刻まれるリズムや心地良いメロディ・ラインが秀逸のナンバー。
04幸せの花束
シングル「time to say goodbye」のカップリングで、やわらかなキーボードの音が醸し出すハッピー・ヴァイブスが響く、聴いているだけ笑顔こぼれるハートフル・ポップ・チューン。KOKIAもノリノリでかわいい。
05かわらないこと〜since1976〜
サブタイトルにある1976はKOKIAの生まれた年。ひとり呟くように、愛され支えられていることの感謝を歌うAメロから、拡がりのあるサビへと向かう。伝えたいことがとても明確な、やさしいメロディアスなバラード。
06私の太陽
3rdアルバム『Remember me』に収録されているナンバー。高音部ではファルセットの美しさを充分に発揮し、Cメロでは芯の強さも感じさせる。KOKIAのヴォーカルが、透明感のあるメロディをよりいっそうクリアにしている。
07Remember the kiss〜a wish〜
アルバム『Remember me』では、ピアノのみによるシンプルな弾き語りナンバーだったが、ここではギターやリズム隊が加わり、違った色を見せている。時に熱さを帯びたサウンドを従えて、ヴォーカルの表情はとても豊かだ。
08DESPERADO
イーグルスの名曲のカヴァーで、ライヴでも披露しているナンバー。映画『ホテル ビーナス』のサントラに収録されているが、KOKIAではベスト盤で初CD化。ちょっと懐かしい空気感と憂いがいい感じでミックスされている。
09夢がチカラ/Brave warrior
アテネオリンピック日本代表選手団公式応援ソングをアコースティック・アレンジ。オリジナルでは4人のソリスト(KOKIAコンチェルト)による躍動感あるサウンドが響きわたっていたが、こちらのやさしく励ます感じもいい。
10歌う人
澤近泰輔のピアノがそっと寄り添う4thアルバム『歌がチカラ』収録のスロー・ナンバー。天性のシンガー・ソングライターであるKOKIAが強い意志を持って歌い上げている。映画『ふるさと-JAPAN』のエンディング・テーマ。
11time to say goodbye
切ないバラードなのだが、悲しい別れから前向きに歩き出そうとするリリックが、逆にすがすがしさを感じさせる。翳りのあるAメロから、振り切るような力強さを持ったサビにいたるまで、KOKIAの声はその音を丁寧に紡いでいる。
12調和 oto〜with reflection〜
既発アルバム『trip trip』収録曲。『銀色の髪のアギト』オープニングに起用されるにあたり、再レコーディングされた民族音楽風の祈りの曲だ。自然との共存を願う人々の思いを表す歌詞は、映画の世界観そのまま。
13so much love for you♥
タイトルにハートが付いてるし、恋の予感にワクワクする気持ちをかわいさ(!)を含んだ声でストレートに歌っている。キャッチーなサビのメロディが耳に残り、思わず口ずさんでしまうハッピー・ポップ・チューン。
14I believe〜海の底から〜
KOKIAの声が持つあらゆる要素、透明感であったり、繊細さであったり、あるいは力強さだったり……。それらのすべてを包括し、大きなスケールと説得力を持つナンバー。アルバム『Remember me』収録。
15ありがとう… (the pearl edition)
99年リリースの3rdシングル。KOKIAの香港、台湾での人気を決定づけ、サミー・チェンが広東語でカヴァーしたナンバーのスペシャル・テイク。ピアノとストリングスで構成されるサウンドに、ピュアなヴォーカルが映える。
16The Power of Smile〜a gentle breeze〜
同名のシングル・ナンバーの別ヴァージョン。ボサ・ノヴァ・テイストのアレンジでリラックス・ムード満点、心地良い時間が流れている。ヴォーカルもとても軽やかで、楽しんで歌っている雰囲気が伝わってくる。
タイアップ
  • 「dandelion」 - 日本テレビ「スーパーテレビ・情報最前線」エンディングテーマ
  • 「DESPERADO」 - 松竹\アスミック・エース「ホテルビーナス」挿入歌
  • 「so much love for you・」 - フジテレビ「う!ウマいんです。」テーマソング
  • 「The Power Of Smile」 - 花王「エッセンシャル ダメージケア」
  • 「time to say goodbye」 - フジテレビ「金曜エンタテイメント」エンディングテーマ
  • 「かわらないこと〜since 1976〜」 - フジテレビ「愛しき者へ」主題歌
  • 「愛のメロディー」 - 松竹「銀色の髪のアギト」エンディングテーマ
  • 「幸せの花束」 - 日本テレビ「新どっちの料理ショー」エンディングテーマ
  • 「幸せの花束」 - 中央共同募金会「赤い羽根 共同募金」CMソング
  • 「私の太陽」 - フジテレビ「ハングリーハート WILD STRIKER」エンディングテーマ
  • 「調和oto〜with reflection〜」 - 松竹「銀色の髪のアギト」オープニングテーマ
  • 「夢がチカラ」 - JOC(日本オリンピック委員会)「アテネオリンピック 日本代表選手団」応援ソング
封入特典
  • 歌詞
アーティスト
  • KOKIA
    桐朋学園でオペラを専攻し、大学在学中にデビューを果たした女性シンガー・ソングライター。1999年に発表したサード・シングル「ありがとう…」が香港国際流行音楽大賞で3位となり、2001年には香港四天王と3万人規模のコンサートで共演するなど、ま……
  • 同時発売作品
    KOKIA/jewel〜The Best Video Collection〜 [DVD]
    VIBL-322   4,000円+税   2006/02/01 発売
    KOKIA/jewel〜The Best Video Collection〜 [DVD]をamazon.co.jpで購入するKOKIA/jewel〜The Best Video Collection〜 [DVD]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するKOKIA/jewel〜The Best Video Collection〜 [DVD]をHMV.co.jpで購入するKOKIA/jewel〜The Best Video Collection〜 [DVD]を楽天ブックスで購入するKOKIA/jewel〜The Best Video Collection〜 [DVD]をTSUTAYAで購入する
    ベスト・アルバムと同時発売のKOKIAのベスト映像集。「かわらないこと〜since 1976〜」「夢がチカラ」といったシングル・クリップに加え、厳選された秘蔵のライヴ映像も楽しめる。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015