ELLEGARDEN / Pepperoni Quattro

はてなブックマークに追加
ELLEGARDEN / Pepperoni Quattro
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    PEPPERONI QUATTRO
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    dynamord
  • 規格品番:
    ZEDY-2009
  • 価格:
    2,640 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ELLEGARDEN / Pepperoni QuattroをAmazon.co.jpで購入するELLEGARDEN / Pepperoni Quattroを@TOWER.JPで購入するELLEGARDEN / Pepperoni QuattroをHMV.co.jpで購入するELLEGARDEN / Pepperoni Quattroを楽天ブックスで購入するELLEGARDEN / Pepperoni QuattroをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
一番カッコよかった時代の西海岸ポップ・パンクのスタイルで、超キャッチーなメロディのつるべ打ち。英語詞ゆえの気楽さとポップさを武器にしつつ、やがて歌詞に込めたまっすぐな青春メッセージに胸打たれる二段構えがニクイ。3枚目の飛躍作。
ガイドコメント
インディーズ界で圧倒的な人気を誇るELLEGARDENの3rdフル・アルバム。前作よりさらにパワー・アップしたエモ・サウンドと、胸にグッとくる日本語詞がアツイ! ライヴ定番曲「Make A Wish」を含む全10曲を収録。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2004/5/24)  ⇒  7位 (5/31)  ⇒  11位 (6/7)  ⇒  16位 (6/14)  ⇒  30位 (6/21)  ⇒  37位 (6/28)  ⇒  37位 (12/27)  ⇒  19位 (2005/1/3)  ⇒  33位 (5/2)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    5位 (2004/5/24)  ⇒  13位 (5/31)  ⇒  19位 (6/7)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    5位 (2004/5/24)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2004/5/24)  ⇒  6位 (5/31)  ⇒  9位 (6/7)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    8位 (2004/5/24)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2004/5/24)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス インディーズ
    1位 (2004/5/24)  ⇒  2位 (5/31)  ⇒  2位 (6/7)  ⇒  5位 (6/14)  ⇒  5位 (6/21)  ⇒  4位 (6/28)  ⇒  10位 (8/16)  ⇒  7位 (11/1)  ⇒  10位 (11/8)  ⇒  4位 (11/15)  ⇒  4位 (11/29)  ⇒  6位 (12/6)  ⇒  9位 (12/13)  ⇒  8位 (12/20)  ⇒  4位 (12/27)  ⇒  2位 (2005/1/3)  ⇒  10位 (1/24)  ⇒  9位 (2/7)  ⇒  10位 (2/14)  ⇒  8位 (2/21)  ⇒  10位 (4/4)  ⇒  4位 (4/25)  ⇒  5位 (5/2)
収録曲
01Supernova
激情のままをギター・ロックのフィルターに通し、昇華したようなナンバー。パワフルな散弾銃ドラム、加速を助長するヘヴィなギターがたまらない。一聴すると晴れやかな曲調だが、実のところは消せないリグレットを叫び続けている。
02スターフィッシュ
ヘヴィなリフから一転して、サビでは一気に煌びやかな輝きを放つメロディ。そんなELLEGARDENの得意とするサウンド・メイクが顕著なポップ・ソングだ。愛する人への気持ちを綴ったシンプルな日本語詞には素直に好感が持てる。
03Make A Wish
弾き語りでぬくもりが感じられる曲調は、まるで隣で眠る恋人をあやす子守唄のよう。静かに眠りへと誘ってくれる。かと思いきや、ラスト50秒でパンク・チューンへと豹変。息をつかせぬ高速ドラムが目を覚まし、一気にラストまで疾走する。
04Addicted
ヘヴィ・ロックの配音を施したサウンドが、やたらとサマになっているナンバー。新たな彼らの振幅の広さをこの曲でも確認できる。特にサビが圧倒的な迫力で、自己崩壊の心情をあらわに描いた詞もクレイジー。
05バタフライ
ハードなリフに、時折飛び込んでくる“デス声”。いつになく過激なロック・テイストがみなぎり、反骨精神にあふれた、ELLEGARDENというバンドを稼動させている“貪欲”というエネルギーが満ちている。ひたすら純真なリリックが胸を打つナンバー。
06My Bloody Holiday
心底腐っていた自分自身のやりきれない行動を、悔やむというよりは呪ったような“自己嫌悪後進曲”。冷静な眼差しで自省するリリックには、妙なリアリティがある。廃人すれすれで「待ってくれ」とすがる哀れな主人公に、思わず同情してしまう。
07Pizza Man
ダニエルって奴を探してひた走るピザ屋の配達物語。ひょうきんで痛快なリリックが飛び交って、ひたすらに楽しい。意味を考えることが無益のコミカルな劇を観ている気分になる。約2分で幕が下りる遊楽は、クレームすら受けつけさせない迫力だ。
08ロストワールド
宝石が放つ輝きのようにまばゆさあふれるギター・リフは、“忘れてはいけない感情”を綴った詞世界を象徴しているよう。いたずらに急ぐ世界に警鐘を鳴らしながらも、ELLEGARDENならではの人間味があふれる、温かさの宿るナンバーだ。
09Perfect Days
あたりの柔らかなギター・リフを中心に据えたシンプルなメロディや、紡がれるリリックににじむ、ヴォーカル細美の大らかな人間性に、優しい気持ちを覚えるナンバー。平凡を嘆くことがバカバカしく思える、そんな強さをもらえる、“パーフェクト”な作品だ。
10Good Morning Kids
生まれくる子供たちへ向けた、切なる願いを込めた愛の歌。褪せた世界に足を踏み出す子供たちを不安に思う一方で、「僕みたいにはならないだろう」と安心する、心の葛藤を滑稽に描く。だが、このような“人間臭さ”にエルレの魅力が詰まっている。
アーティスト
  • ELLEGARDEN
    日本のロック・バンド。メンバーは細美武士(vo)、生形真一(g)、高田雄一(b)、高橋宏貴(ds)の4名。1998年12月末に千葉県で結成。2001年にアルバム『ELLEGARDEN』で全国デビュー。以来、エネルギッシュなライヴパフォーマン……
  • 同時発売作品
    ELLEGARDEN/BRING YOUR BOARD!!TOUR BOOTLEG II [DVD]
    ZEDY-3003   3,520円(税込)   2004/05/26 発売
    ELLEGARDEN/BRING YOUR BOARD!!TOUR BOOTLEG II [DVD]をamazon.co.jpで購入するELLEGARDEN/BRING YOUR BOARD!!TOUR BOOTLEG II [DVD]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するELLEGARDEN/BRING YOUR BOARD!!TOUR BOOTLEG II [DVD]をHMV.co.jpで購入するELLEGARDEN/BRING YOUR BOARD!!TOUR BOOTLEG II [DVD]を楽天ブックスで購入するELLEGARDEN/BRING YOUR BOARD!!TOUR BOOTLEG II [DVD]をTSUTAYAで購入する
    ELLIOTTの来日公演でオープニングを務めた、パンキッシュなエモ系バンドのライヴDVD第2弾。疾走感のあるサウンドと良質なメロディ、英語詞も無理なく聴かせる注目株だ。ジャケットもかっこ良い!……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015