ブライアン・ウィルソン / ペット・サウンズ・ライヴ 2002

はてなブックマークに追加
ブライアン・ウィルソン / ペット・サウンズ・ライヴ 2002
CD
あの感動のライヴの模様を1枚のCDでもう一度。しかし誰がこんな夢のような瞬間がおとずれることを予想していただろうか。ブライアンにとっては、自分の作品を自分の手で演奏しただけなのだが、観客には特別すぎる時間となった。聴く度に気持ちが無垢に近づく。
ポップ史上永遠の名作、ビーチ・ボーイズ『ペット・サウンズ』全曲がブライアンによるライヴで蘇った。2002年1月ロンドンで行なわれた夢の企画。日本盤にはボーナス・トラックを追加。
トラックリスト
01SHOW INTRO
02WOULDN'T IT BE NICE
03YOU STILL BELIEVE IN ME
04THAT'S NOT ME
05DON'T TALK (PUT YOUR HEAD ON MY SHOULDER)
06I'M WAITING FOR THE DAY
07LET'S GO AWAY FOR AWHILE
08SLOOP JOHN B
09GOD ONLY KNOWS
10I KNOW THERE'S AN ANSWER
11HERE TODAY
12I JUST WASN'T MADE FOR THESE TIMES
13PET SOUNDS
14CAROLINE NO
15MEANT FOR YOU
16FRIENDS
仕様
HDCD
録音
2002.1
  • ブライアン・ウィルソン
    1942年6月20日、米カリフォルニア州イングルウッド生まれのミュージシャン。本名はブライアン・ダグラス・ウィルソン。61年にザ・ビーチ・ボーイズを結成。傑作中の傑作アルバム『ペット・サウンズ』や「アイ・ゲット・アラウンド」「グッド・ヴァイ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015