ブンブンサテライツ / フォトン

はてなブックマークに追加
ブンブンサテライツ / フォトン
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    PHOTON
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    SMEJ
  • 規格品番:
    SRCL-5386
  • 価格:
    3,204 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ブンブンサテライツ / フォトンをAmazon.co.jpで購入するブンブンサテライツ / フォトンを@TOWER.JPで購入するブンブンサテライツ / フォトンをHMV.co.jpで購入するブンブンサテライツ / フォトンを楽天ブックスで購入するブンブンサテライツ / フォトンをTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
前作『UMBRA』から約1年半ぶりとなる通算3作目のアルバム。ブレイクビーツやダブの要素がますます洗練を増し、かつて聴いたことのないほど“自由”なサウンド満載の会心作だ。
収録曲
01INCEPTION
アルバム『PHOTON』の幕を切って落とす、オープニング・ナンバー。断続的に響くビートと、ゆらりとたゆたう電子音が、つかず離れずの距離感で囁くように奏で合い、何かが始まりそうな予感をリスナーに与えてくれる。
02LIGHT MY FIRE
円を描くようにはじけるドラムと、それとまったく逆方向にうねるベース・ライン。反発し合う逆方向のリズムの渦が絡まり合い、猛烈な吸引力を伴って爆発を起こす。カオティックでセクシーな、悩殺ビート革命曲。
03BELUGA
フリー・インプロヴィゼーションと鋭角的なビートが生み出すトランシーなサウンド・スケープがとにかく壮絶な一曲。かなり前衛的なスタイルだが、ポップ・ミュージックとしての体裁もしっかり保っているあたりが彼ららしい。
04DRESS LIKE AN ANGEL
デジタル・ノイズ、爆裂ビート、サックス&トランペットのフリー・インプロヴィゼーションが織りなす悪夢のようなサウンドの向こうから、川島の鋭利なヴォーカルがこちらを斬りつけてくるダークな一曲。ディープ故に恐ろしくドラッギーで、ハマる。
05PIPER
前衛的な音作りが目立つ、アルバム『PHOTON』のなかでは珍しく正攻法な一曲。ゴスペル調のサウンドを背景に、ダークなヴォーカルとビートの反復が、徐々に高揚感を煽っていく。分かりやすい激しさはないが、実にサディスティック。
0640-FORTY-
つばぜり合いのようにせめぎ合う音と音の粒子が、静かにさえずり、緩やかな放物線を描いて盛り上がっていくミドル・ナンバー。派手さはないが、その広大なサウンドスケープにただただ圧倒されるばかりだ。
07BLINK
『PHOTON』からの先行シングル・カット曲。ファズのかかった凶悪なギター・ノイズとビートという名の暴走マシンの蜜月関係が生み出す、爆走ロックンロール。ブンブンサテライツの真骨頂とも言うべきダイナミックさだ。
08AMBER
ジャジィな音のセッションで構成された一曲。極限まで洗練された巧みの音が、ダンス・ミュージックと融合し、新たな側面を覗かせいてくさまは、鳥肌が立つほどの美しさを放っている。電化マイルス・ファンにもお勧め。
09LET IT LIFT
冒頭のギターが奏でるイントロから雪崩れ込む怒濤のメロディの世界。ロックのミドル・チューンとしても十分胸を打つ強度を持っているが、「踊れる」ダンス・ミュージックとしても十分な仕上がり。歌って泣けて踊れる音楽だ。
10I.A.I.T. (INTERCITY DUB)
アルバム『PHOTON』の幕を閉じる、エピローグ的作品。浮遊するパルス音とコラージュ的なビート、さらに日常的なサウンド・エフェクトが、無限の世界を投げかけて作品の世界は終結する。なぜか耳に残る不思議な味わいがある一曲だ。
タイアップ
  • 「BLINK」 - フジテレビ「陰陽師☆安倍晴明〜王都妖奇譚」オープニングテーマ
アーティスト
  • BOOM BOOM SATELLITES
    日本のロック・ユニット。川島道行と中野雅之により1990年に結成。テクノ名門レーベル〈R&S〉より発表した12インチ・シングルが欧州の音楽雑誌などで絶賛され、海外でブレイク。欧州の大型ロックフェス出演やアンダーワールドやモービーらとの欧米ツ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015