大西順子 / ピアノ・クインテット・スイート [SHM-CD]

はてなブックマークに追加
大西順子 / ピアノ・クインテット・スイート [SHM-CD]
SHM-CD
  • 原題:
    PIANO QUINTET SUITE
  • ジャンル:
    ジャズ
  • レーベル:
    サムシン・エルス
  • 規格品番:
    UCCJ-4157
  • 価格:
    1,900 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    大西順子 / ピアノ・クインテット・スイート [SHM-CD]をAmazon.co.jpで購入する大西順子 / ピアノ・クインテット・スイート [SHM-CD]をHMV.co.jpで購入する大西順子 / ピアノ・クインテット・スイート [SHM-CD]を楽天ブックスで購入する大西順子 / ピアノ・クインテット・スイート [SHM-CD]を@TOWER.JPで購入する
    大西順子 / ピアノ・クインテット・スイート [SHM-CD]を山野楽器で購入する大西順子 / ピアノ・クインテット・スイート [SHM-CD]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
95年にリリースされた大西の5枚目のリーダー作。初めてのクインテット編成で、アメリカやフランスからのメンバーの参加した傑作。とりわけバピッシュなサックスを披露する林栄一の貢献が本作を華やかにしている。
トラックリスト
01PIANO QUINTET SUITE
02PEGGIE'S BLUE SKYLIGHT
03INTERLUDE 1
04NATURALLY
05INTERLUDE 2
06THE TROPIC OF CAPRICORN
07TONY
08ORANGE WAS THE COLOR OF HER DRESS, THEN BLUE SILK
09TAKE THE A TRAIN
仕様
SHM-CD
演奏
大西順子(P) マーカス・ベルグレイヴ(TP,(9)VO) 林栄一(AS) ロドニー・ウィテカー(B) トニー・ラベソン(DS)
録音
95.7
  • 大西順子
    1967年4月16日生まれ、京都府城陽市出身のジャズ・ピアニスト。東京で育ち、89年にボストンのバークリー音楽大学を卒業。ニューヨークを拠点にプロとしての活動開始。ベティ・カーター、ジョー・ヘンダーソン、ジャッキー・マクリーンらと共演。92……
  • 林栄一
    1950年1月1日東京生まれ。サックス奏者。本邦ジャズ・シーンを代表するアルト&ソプラノ・サックス奏者の一人。まだ高校在学中の67年頃、山下洋輔のトリオに飛び入りしたのは有名なエピソード。80年からは+1という形で同トリオに参加する。91年……
  • トニー・ラベソン
  • マーカス・ベルグレイヴ
  • ロドニー・ウィテカー
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015