KEIICHI SUGIMOTO / PLAY MUSIC [2CD]

はてなブックマークに追加
KEIICHI SUGIMOTO / PLAY MUSIC [2CD]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    PLAY MUSIC
  • ジャンル:
    ニューエイジ/イージー・リスニング
  • レーベル:
    HEADZ / WEATHER / play
  • 規格品番:
    HEADZ-201
  • 価格:
    2,750 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    KEIICHI SUGIMOTO / PLAY MUSIC [2CD]をAmazon.co.jpで購入するKEIICHI SUGIMOTO / PLAY MUSIC [2CD]を@TOWER.JPで購入するKEIICHI SUGIMOTO / PLAY MUSIC [2CD]をHMV.co.jpで購入するKEIICHI SUGIMOTO / PLAY MUSIC [2CD]を楽天ブックスで購入するKEIICHI SUGIMOTO / PLAY MUSIC [2CD]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
“遊園地再生事業団”の今野裕一郎が率いるユニット、バストリオの演劇作品に提供された楽曲からなる、初の劇伴音楽集。最新鋭のエレクトロニカ、ポスト・ロックをベースにしながら、繊細な感情の機微、想像上の風景を鮮やかに描き出すサウンドメイクに心地よく圧倒される。
ガイドコメント
音楽家・杉本佳一がこれまで手がけた作品の中から、舞台音楽を厳選した2枚組。遊園地再生事業団、バストリオ、マームとジプシーなど新進気鋭の劇団が手がけた作品を、サウンド面から享受できる画期的かつ貴重なアルバムだ。
収録曲
[Disc 1]〈トータル・リビング 1986-2011〉
01意識する二人
02欠落の女です
03愚痴ばかりの女
04じゃあ、なぜ、あの人は灯台守なのか……?
05インターネット
06やっぱりパーティーが開かれている
07南の島の屋上
08あの日の言葉/記述者たち
09きょうはわりと機嫌がいいよ
10Curtain Call
〈Rock and Roll あなたにとって大切なのはココロ〉
11ギターはもう聴こえない
12原始人みたい
13これは紙です
14Always to now
15この前、どこに行ってたの?
16ロック・アンド・ロール
〈Very Story,Very Hungry〉
17ベリーハングリー
181、2、3、4
19ゾンビの音楽
20木の枝で絶滅
21強いココロの揺れ、ココロ
22皆で踊る
23Paradise/牧場
24結婚式の音楽
25馬は、走っていました
〈点滅,発光体,フリー〉
26人が死ぬと質量がなくなる
27ピエロの音楽
28リンダ
[Disc 2]〈グッドバイ〉
01ふたたび宙にバツを書く
02少女の思い出
03霧/上昇
04Xは飛行する
〈夏の終わりの妹〉
05インタビュアー資格制度
06それから場所が変わって、
07沖縄に来ないか?
08汝滑町
09南の島からの音楽
10質問のテーマ
11歌わないよ
12それで今度は妹が笑った
13デモに合う曲
14ハンモックの揺れ
15全員が椅子に座ったら IN
16ペンをぽんと放り出した
17ヨガのテーマ
〈光のない。(プロローグ?)〉
18女優3のテーマ
19ペンも紙も失ったので、
20わたしのからだはからっぽの……、
21「書くための道具」以外
22あなたはそれを望まなかった
23わたし、生きてるの?
24そう思います
〈ΛΛΛかえりの合図,まってた食卓,そこ,きっと-----〉
25WST
アーティスト
  • 1975年12月13日生まれ、山梨県出身の日本のアーティスト/作曲家。99年に自身のプロジェクト“FourColor”で1stアルバムを発表。同年、エレクトロ・アコースティック・ユニット“Minamo”を結成。また、“FilFla”“Fon……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015