NEWS / QUARTETTO

はてなブックマークに追加
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    QUARTETTO
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ジャニーズ・エンタテイメント
  • 規格品番:
    JECN-0440
  • 価格:
    3,300 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    NEWS / QUARTETTOをAmazon.co.jpで購入するNEWS / QUARTETTOを@TOWER.JPで購入するNEWS / QUARTETTOをHMV.co.jpで購入するNEWS / QUARTETTOを楽天ブックスで購入するNEWS / QUARTETTOをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
“4人で奏でる”というテーマが示すとおり、メンバー4人のコーラスを活かした7枚目のアルバム。タイトル曲「QUARTETTO」、シングル「Touch」などのEDM系ダンス・チューン、ジャズのテイストを取り入れたヒップホップ系ナンバー「NEWSKOOL」などカラフルなサウンドメイクも魅力的。
ガイドコメント
2016年3月9日リリースの7thアルバム。“4人で奏でる”をテーマに制作された一枚。フジテレビ系ドラマ『傘をもたない蟻たちは』主題歌「ヒカリノシズク」やニッセンのタイアップ・ソング「Touch」などを収録している。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2016/3/7)  ⇒  26位 (3/14)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2016/3/7)  ⇒  12位 (3/14)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2016/3/7)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2016/3/7)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2016/3/7)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2016/3/7)  ⇒  8位 (3/14)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2016/3/7)  ⇒  13位 (3/14)
収録曲
01Theme of “QUARTETTO”
7thアルバム『QUARTETTO』のオープニングを飾る1分ほどのイントロダクション。ストンプによるリズムに、メンバーの声をサンプリング。さらにそこからアルバム収録各曲の断片を切り取ってひとつの作品に。短いながらもさまざまな試みが詰め込まれている。
02QUARTETTO
アルバムのタイトル曲は、2分半ほどと短尺ながら熱いメッセージが込められたクールかつアッパーなダンス・ナンバー。鼓舞するような言葉を叩きつけながら、不意にひとりずつ囁く“QUARTETTO”のフレーズにドキっとさせられる。
03ANTHEM
「FIFAクラブワールドカップジャパン2015」のオフィシャル・ソングで、サポーターの声援のような導入や歓声など、スタジアムを思わせる演出を取り込んだアップ・チューン。頂へ向かって突き進んでいく姿勢に胸が熱くなる。
04シリウス
ド派手なサウンドスケープにどこか儚げなメロディを乗せ、ドラマティックな展開を生み出したアップ・テンポのポップ・チューン。シンガロングな“Oh oh oh...”など高揚感を煽るフレーズが満載だが、歌われるのは叶わぬ恋の切ない物語。
05Touch
カラフルかつ柔らかな手触りのトラックが心地よいポップ・チューン。“不思議だね 寒くない まさか恋の仕業?”という歌い出しから、ロマンティックなモード全開。アッパーなテイストながら、ファルセットを交えたサビのメロディの美しさも際立つ。
06NEWSKOOL
ソウルフルなトラックがオシャレなヒップホップ・ナンバー。4人の個性がよく出たラップが楽しい。“NEWS COOL”という言葉遊びやオールドスクールの名曲、シュガーヒル・ギャング「ラッパーズ・ディライト」のフレーズを取り入れるなど、仕掛けも随所に。
07四銃士
DVDシングルとして発表されたナンバー。ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」を原曲にした楽曲で、指揮/総編曲に西本智実を迎えたことでも話題に。荘厳なオープニングやスケールの大きな構成はクラシックならではだが、ポップスとしても十分に機能する。
08Wonder
ホラー映画のような導入からメタル調のギターを配したハードなトラックへと変貌するイントロに驚かされるナンバー。ワイルドな歌唱と熱いメッセージはもちろん、ほぼピアノと歌だけになるラストやダブ・テイストなパートなど、ジェットコースター的な展開が楽しい。
09ライフ
竹内雄彦が作詞曲を、亀田誠治が編曲を手がけたポップ・ナンバー。いつかは星になることを受け入れられるように、今日を生きていく。“命の旅”を続けていくために必要な大切な言葉が、ドラマティックなメロディを得て耳に飛び込んでくる。
10チュムチュム
インドの言葉でキスを意味する“チュム”という単語を冠したタイトルのとおり、シタール風の音色やトラックのそこかしこにインドのテイストを盛り込んだユニークなダンス・ナンバー。“チュムチュム INDIA”と繰り返すサビの中毒性は抜群。
11Departure
カラフルなサウンドと疾走感のある4つ打ちで進む、2000年代以降の王道アイドル・ポップといえるナンバー。夢に見た未来のために、自分を信じてスピードを上げていけ、というシンプルなメッセージが込められたアガる応援歌だ。
12ヒカリノシズク
加藤シゲアキの小説を原作としたフジテレビ系ドラマ『傘をもたない蟻たちは』主題歌となった20枚目のシングル。ストリングスやピアノが映えるドラマティックなミディアム・アップで、頼りない夜に光を灯すために何度も歌う、という言葉が胸に響く。
13LIS'N (増田貴久)
クールなラップ・パートとハイトーンな声質を生かしたメロディ、そしてスタイリッシュなトラックが一体となって迫る増田貴久のソロ曲。パートごとにまったく違った表情を見せる彼のアーティストとしての性能の高さが前面に出ている。
14愛のエレジー (小山慶一郎)
小山慶一郎のソロ・ナンバーは、スパニッシュなテイストをたっぷりと呑み込んだポップ・チューン。タイトルからも感じる歌謡曲な雰囲気は、交差点ですれ違った“懐かしい香り”からはじまる切ない恋物語を描いた歌詞でも継続。サウンドとの親和性も高い。
15星の王子さま (加藤シゲアキ)
加藤シゲアキが作詞曲を手がけ、中西亮輔が編曲を担当した柔らかなポップ・チューン。“飛行士”“砂漠”など、タイトルで引用されたサン=テグジュペリの名作から膨らませたような世界が印象的。低く響くセクシーな声が活きるラップも見事。
16Encore (手越祐也)
WHITE JAMのSHIROSEが作曲に参加した手越祐也のソロ曲。ピアノを中心とした王道バラードで、表現力豊かな甘いヴォーカルの魅力が全開。終わってしまった恋から立ち直ることができず、二人でいた日々を思い返す歌詞が切なく響く。
タイアップ
  • 「ANTHEM」 - 日本テレビ「FIFA クラブワールドカップ ジャパン2015」オフィシャルソング
  • 「Touch」 - ニッセンTV-CMソング
  • 「シリウス」 - ワコール「Wing Miss スレンダ」TV-CMソング
  • 「ヒカリノシズク」 - フジテレビ「傘をもたない蟻たちは」主題歌
  • 「四銃士」 - 読売テレビ「金田一少年の事件簿 R(リターンズ)」オープニングテーマ
アーティスト
  • 日本のアイドル・グループ。メンバーは小山慶一郎、加藤シゲアキ、増田貴久の3名。2003年に結成し、翌2004年にシングル「希望〜Yell〜」でメジャー・デビュー。以来、メンバーチェンジを重ねながらもシングル、アルバムともに連続1位を継続。4……
  • 同時発売作品
    JECN-0438〜9   4,180円(税込)   2016/03/09 発売
    NEWS / QUARTETTO [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入するNEWS / QUARTETTO [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するNEWS / QUARTETTO [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するNEWS / QUARTETTO [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するNEWS / QUARTETTO [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する
    2016年3月9日リリースの7thアルバム。“4人で奏でる”をテーマに制作された一枚。フジテレビ系ドラマ『傘をもたない蟻たちは』主題歌「ヒカリノシズク」やニッセンのタイアップ・ソング「Touch」など……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015