NAMIE AMURO / Queen of Hip Pop

はてなブックマークに追加
NAMIE AMURO / Queen of Hip Pop
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    QUEEN OF HIP POP
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    avex trax
  • 規格品番:
    AVCD-17692
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    NAMIE AMURO / Queen of Hip PopをAmazon.co.jpで購入するNAMIE AMURO / Queen of Hip PopをHMV.co.jpで購入するNAMIE AMURO / Queen of Hip Popを楽天ブックスで購入するNAMIE AMURO / Queen of Hip Popを@TOWER.JPで購入する
    NAMIE AMURO / Queen of Hip Popを山野楽器で購入するNAMIE AMURO / Queen of Hip PopをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
タイトル曲(1)からして強気の一言。ブロークン・ビーツやバングラ風味も交え、ストリート方面から仕切り直すということか。ブリンブリンなビジュアルとその意気込みとが若干すれ違い気味なのは残念だが、出来は決して悪くない。(12)には隠しトラックが。
『STYLE』から約1年半ぶりとなるオリジナル・アルバム。先行シングル4曲をはじめ、ダンス・チューンが満載された濃厚な内容だ。スズキ シボレーのCMでお馴染みのタイトル曲も収録。
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2005/7/11)  ⇒  4位 (7/18)  ⇒  7位 (7/25)  ⇒  22位 (8/1)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2005/7/11)  ⇒  5位 (7/18)  ⇒  7位 (7/25)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2005/7/11)  ⇒  7位 (7/18)  ⇒  5位 (7/25)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2005/7/11)  ⇒  3位 (7/18)  ⇒  6位 (7/25)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    3位 (2005/7/11)  ⇒  2位 (7/18)  ⇒  7位 (7/25)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2005/7/11)  ⇒  3位 (7/18)  ⇒  4位 (7/25)  ⇒  6位 (8/1)  ⇒  8位 (8/8)  ⇒  5位 (8/15)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2005/7/11)  ⇒  4位 (7/18)  ⇒  5位 (7/25)  ⇒  11位 (8/1)  ⇒  11位 (8/8)  ⇒  12位 (8/15)
トラックリスト
01Queen of Hip-Pop
ハンド・クラップと浮き上がるようなシンセの相性が抜群に良いバウンシーなR&Bナンバー。重みのあるビートと躍動するソウルフルなヴォーカルが絶妙に絡み合い、静と動をうまく使いこなした、彼女はまさに“Queen of Hip-Pop”だ。
02WANT ME、WANT ME
イントロから弾ける、琴のような“和”の要素を採り入れたループが癖になる、レゲエ風ダンス・チューン。表現力豊かなヴォーカルとともにジワジワと気分を盛り上げるサウンド・プロデュースは、SUGI-Vによるもの。夏の夜に聴くのにはもってこいだ。
03WoWa
行進やハンド・クラップに笛など、生身の人間が出す音をミックスしたアレンジが印象的なダンサブルなミディアムR&Bナンバー。“Wo-Wo-Wa-Wa”というコーラスに絡む、彼女の官能的なヴォーカルが刺激的。プロデュースはNao'ymt。
04I Wanna Show You My Love
浮遊感あるコーラスを切り裂くような、カラダに直接響いてくる感情的なヴォーカルに耳を奪われるUK風R&Bナンバー。歯切れのいいライミングなど“声”の魅力を最大限に引き出したキメ細かいサウンド・メイクは、T-kura/Michicoの“Giant Swing”プロデュース。
05GIRL TALK
オシャレで甘すぎないキュートなトラック・プロジェクトに定評あるT・クラ&ミチコ夫妻提供のポップ・ダンス・チューン。腰元に落とし込むようなアレンジ、細やかな上質感と、ナチュラルさを最大限に活かしている。
06Free
ダークな雰囲気を漂わせるイントロから妖しげなリズムのシンセ・サウンドへの展開が印象的な、クールなミディアムR&Bチューン。自分らしく生きていこうと静かながらも力強く“自由”を求める、彼女の美しさが映えるヴォーカルが魅力。
07My Darling
ズンズンと迫る勢いあるサウンドと彼女のスウィートでスムースなヴォーカルがクールな、ソウルフルなR&Bナンバー。L.L.BROTHERSによる勢いをさらにあおるようなMCが、体全体でサウンドを感じることに拍車をかけてくるようだ。
08Ups&Downs (duet with Nao'ymt)
安らぎに満ちたサウンドがラヴ&ピースな気持ちにさせてくれるミディアムR&Bナンバー。プロデュースを手掛けたNao'ymtをフィーチャーしたコーラスの掛け合いがムーディで、アムロのヴォーカリストとしての魅力が十二分に発揮されている。
09I Love You
リズミカルに跳ねるサウンドがキラキラと弾けるディスコ・ポップ・ナンバー。フランス語、英語、スペイン語、中国語……それぞれの“I LOVE YOU”を盛り込んだコーラスが、彼女のキュートさをより映し出している。C.“Tricky”Stewartプロデュース曲の日本語詞カヴァー。
10ALL FOR YOU
クールなガール・ヒップホップ路線が定着しつつあった彼女が、2004年に放ったバラード。ドラマ主題歌にマッチした琴線に触れる泣きのメロディが、清らかな風のように心をすり抜ける。
11ALARM
2004年第1弾となるシングル曲。サビ・メロともに単調なメロディが続くミディアム・チューンとなっているが、マットでセクシーな歌声と重低音が相まって、鼓動が昂ぶる。“今”をキーワードに着々と闊歩してゆく。アラームが鳴った瞬間からすべては始まる。
12No
バウンシーなサウンドに導かれた妖しさをまとったヴォーカルが体を熱く反応させるほど官能的に響く、刺激的なクラブ・チューン。ハンド・クラップとシンセで“N・A・M・I・E”のコールをあおるブリッジも魅惑的。後半にはスローなR&Bのシークレット・トラックもアリ。
タイアップ
  • 「ALARM」 - マンダム「ルシード エル プリズムマジック ヘアカラー」
  • 「ALL FOR YOU」 - フジテレビ「君が思い出になる前に」主題歌
  • 「GIRL TALK」 - マンダム「ルシード エル」
  • 「Queen of Hip-Pop」 - スズキ「CHEVROLET CRUZE」
  • 「WoWa」 - マンダム「ルシード エル」
  • 安室奈美恵
    1977年9月20日生まれ、沖縄県那覇市出身のシンガー。15歳の時にスーパーモンキーズの一員としてデビュー。95年の「TRY ME〜私を信じて〜」で本格的なソロ活動へ移行すると、「CAN YOU CELEBRATE?」などのヒットを重ね、“……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 主人公の輪郭を求めているのかもしれない 中村雅俊、通算55枚目のシングル「だろう!!」[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」
[インタビュー] MAKE SOME HAPPEN なにか起こしたい――A-THUGの“夢”[インタビュー] 後悔は一切ない 〈おはよう武道館〉を控える般若が初のベスト・アルバム『THE BEST ALBUM』をリリース
[インタビュー] “わたし”から“私”へ 吉澤嘉代子『女優姉妹』[インタビュー] 宇宙船ジャガー号に潜入取材!――ベスト・アルバム『ジャガーさんがベスト!』に迫る
[インタビュー] 孤独を歩こう――2018年の日本を描いた、中村 中『るつぼ』[インタビュー] “黒い春”と一緒に“死者の日”を楽しもう エル・ハル・クロイの世界とは
[インタビュー] 泣けて笑えて、また泣けて、また笑えて――近田春夫×児玉雨子[インタビュー] ビートで紡ぐストーリー――CRAM『The Lord』
[インタビュー] 進化し続けるCOLOR CREATION 新たなチャレンジや発見も詰まった「I[インタビュー] カズオ・イシグロが歌詞を提供した“ジャズ・ソングバード” ステイシー・ケントがジム・トムリンソンと描く美しい歌
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015