ダイアナ・クラール / クワイエット・ナイツ

はてなブックマークに追加
ダイアナ・クラール / クワイエット・ナイツ
CD
  • 原題:
    QUIET NIGHTS
  • ジャンル:
    ヴォーカル・ジャズ
  • レーベル:
    ヴァーヴ
  • 規格品番:
    UCCV-1123
  • 価格:
    2,381 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ダイアナ・クラール / クワイエット・ナイツをAmazon.co.jpで購入するダイアナ・クラール / クワイエット・ナイツをHMV.co.jpで購入するダイアナ・クラール / クワイエット・ナイツを楽天ブックスで購入するダイアナ・クラール / クワイエット・ナイツを@TOWER.JPで購入する
    ダイアナ・クラール / クワイエット・ナイツを山野楽器で購入するダイアナ・クラール / クワイエット・ナイツをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
ボサ・ノヴァを基調とした2008年録音作。巨匠クラウス・オガーマンのオーケストラ・アレンジが絶品で、艶のあるヴォーカルが際立つ。気だるそうな表情の中に高い技巧が垣間見える「トゥー・マーヴェラス・フォー・ワーズ」、抑えた表現ながら情感は豊かな「ウォーク・オン・バイ」、甘美を極める「クワイエット・ナイツ」など、いずれも隙のない仕上がり。
ガイドコメント
大人の雰囲気が漂うロマンティックなジャズ・ヴォーカル・アルバム。「イパネマの少年」を含むエレガントなボサ・ノヴァ&バラードを収録。優雅で艶やかなムードに包まれている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    34位 (2009/3/23)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    9位 (2009/3/23)
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    2位 (2009/3/23)  ⇒  4位 (3/30)  ⇒  7位 (4/6)  ⇒  11位 (4/13)  ⇒  20位 (4/20)
収録曲
01WHERE OR WHEN
02TOO MARVELOUS FOR WORDS
03I'VE GROWN ACCUSTOMED TO HIS FACE
04THE BOY FROM IPANEMA
05WALK ON BY
06YOU'RE MY THRILL
07ESTE SEU OLHAR
08SO NICE
09QUIET NIGHTS
10GUESS I'LL HANG MY TEARS OUT TO DRY
11HOW CAN YOU MEND A BROKEN HEART
12EVERY TIME WE SAY GOODBYE
13I SEE YOUR FACE BEFORE ME
(11)(12)(13)ボーナストラック
演奏
ダイアナ・クラール(P,VO) アンソニー・ウィルソン(G) ジョン・クレイトン(B) ジェフ・ハミルトン(DS) オーケストラ
録音
2008.
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015