RADWIMPS / RADWIMPS 3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜

はてなブックマークに追加
RADWIMPS / RADWIMPS 3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    RADWIMPS 3
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    東芝EMI
  • 規格品番:
    TOCT-25933
  • 価格:
    2,933 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    RADWIMPS / RADWIMPS 3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜をAmazon.co.jpで購入するRADWIMPS / RADWIMPS 3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜を@TOWER.JPで購入するRADWIMPS / RADWIMPS 3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜をHMV.co.jpで購入するRADWIMPS / RADWIMPS 3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜を楽天ブックスで購入するRADWIMPS / RADWIMPS 3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
2005年から2006年にかけて、もっとも注目を集めることになった超新星バンド、RADWIMPSのメジャー・デビュー・アルバム。西海岸メロコア〜エモコアのエッセンスを血肉化した彼らのロックは、激しくて楽しく、繊細にしてダイナミック。キュートな旋律もいい。
ガイドコメント
2006年2月リリースのメジャー1st、通算では3枚目となるフル・アルバム。直球ラブ・ソング「25コ目の染色体」をはじめ、楽曲ごとに様々な表情を見せるバラエティに富んだ仕上がり。今後のさらなる飛躍を感じさせる1枚だ。
ニュース
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    5位 (2006/2/13)  ⇒  20位 (2/20)  ⇒  21位 (2/27)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    5位 (2006/2/13)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2006/2/13)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2006/2/13)  ⇒  9位 (2/20)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    6位 (2006/2/13)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    3位 (2006/2/13)  ⇒  10位 (2/20)  ⇒  7位 (2/27)  ⇒  12位 (8/14)  ⇒  17位 (2007/1/8)  ⇒  20位 (1/15)
収録曲
014645
重厚なギター・リフに、ポップでパワフルなメロディはまさに西海岸のミクスチャー・バンドのごとく。ほぼ全編にわたる英詞をこなす野田のヴォーカルも、一聴すると本場ものかと錯覚するほど堂に入ったもの。で、このタイトル、「ヨロシコ」と読む。「結婚してください」という、実はプロポーズ・ソングだったりするのです。
02セプテンバーさん
これこそ、夏の終わりのノスタルジックな心の風景そのもの。二十歳の瑞々しい感性と、その早熟な才能がなし得た奇跡の名曲だ。ロックの哀愁と日本的情緒が溶け合うサウンドは、初期のくるりを彷彿させる。ナチュラルなギターの響きに、4つ打ちが重なり広がっていく展開は、野田の切ないヴォーカルと相まって実に感動的。
03イーディーピー〜飛んで火に入る夏の君〜
“メンバー全員が共通にリスペクトするのは、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ”というエピソードも頷ける、ポップでパンチの効いたミクスチャー・ロック。そこへ決して相容れないはずの“日本の情緒”をサラリと織り込んでしまった、驚愕のナンバー。英語詞と日本語詞を自在に歌いこなす、野田の柔軟なヴォーカルも圧巻。
04閉じた光
「生きていること」という壮大なテーマを星空に描き出した、ギターが轟くダイナミックなロック・ナンバー。あまりに早熟な音楽センスに驚かされる彼らだが、青臭い葛藤にあふれるリリックと、刹那的に疾走していくプレイは、等身大の二十歳ならでは。バンプ・オブ・チキンの鮮烈なデビューを思わせる、若さと才能がほとばしる秀作。
0525コ目の染色体
“あなた”への愛が果てしなく膨らみ、ついに二人で作る次の命(染色体)へその想いを託すという、ミクロにしてとてつもなく壮大なラヴ・ストーリー。独創的なリリックに描き出されるのは、命への慈しみとまっすぐな愛。詞の世界を存分に解した、バラード調からロック調へ疾走するアレンジもまた、奇跡と言えるほど感動的だ。
06揶揄
彼らが多彩な音楽性を持つことは百も承知だが、これにはビビりまくり。タイトなピアノを従え、野田のヴォーカルが縦横無尽に駆け回る、ジャジィなナンバー。官能的でスリリングなサウンドにエゴラッピンも真っ青(かも)。流れるようなリリックで言葉遊びをする余裕といい、職人的な音といい、恐ろしいほどの才能が炸裂!
07
“光ってないとね、誰も僕を見ないんだよ”……。悲しみを抱えながら、それでも生きていく僕らを、儚い“蛍”に重ねたあまりに美しいロック・バラード。感情を分かち合う存在の大切さや、生きることのかけがえのなさ……。そんなことを思い出させてくれる、3thアルバムのなかでも重要なハイライトといえる名曲だ。
08おとぎ
これから始まる二人のラヴ・ストーリーを、永遠のおとぎ話に重ねたロマンティックなラヴ・ソング。エモーショナルかつ骨太なロック・サウンドに、J-ROCKならではの繊細さを携えた秀作。ほぼ全編にわたる英語詞は、ネイティヴばりの自然なメロディ・ラインを描き、改めて野田が帰国子女だということを認識する。
09最大公約数
二人が一つになるのではなく、二人の共通を共有しよう……。その器とは“最大公約数”。野田らしい独創的なセンスにまたしても感服させられる、サイエンティフィックなラヴ・ソング。無限に続いていく数……その壮大なスケール感を、浮遊感あふれる、爽やかなサウンドで描き出していく4人の職人技に感服。
10へっくしゅん
愛にあふれる彼らの作品群とは一線を画す、怒りと自虐に満ちた迫力満点のダークなナンバー。サビのラップ部分では、エミネムばりの攻撃性を見せるも、一筋縄で終わらせないのがこの4人。暴力と神聖、穢れと純真……。音にもリリックにもこのコントラストが見事に描き出され、聴けば聴くほど美しくなる秀逸のトラックだ。
11トレモロ
常にヒネリを聴かせたサウンドでリスナーを驚かせる若き4人だが、ここではスッピンの美しさが満開。涙が出るくらい切ないメロディと若さほとばしる疾走感が、どこかバンプ・オブ・チキンを彷彿させる、これぞJ-ROCKなサウンドを披露。ここで俄然輝くのは、ダイナミックななかにも哀愁を秘めた桑原の絶品のギター・プレイ。
12最後の歌
消えていった命への慈しみ、生きていることへの感謝を綴った、切なくも心温まるスロー・バラード。ノスタルジックなメロディに味わい深いヴォーカルは、キャロル・キング顔負け。人間のさまざまな感情を描き出した3rdアルバムを締める、いわばまとめの歌だが、彼らが言いたかったことは、つまり“愛”なのだ!
タイアップ
  • 「25コ目の染色体」 - TOKYO FMPOWER PLAY
  • 「25コ目の染色体」 - テレビ東京「JAPAN COUNTDOWN」エンディングテーマ
  • 「イーディーピー〜飛んで火に入る夏の君〜」 - TBS「カウントダウンTV」オープニングテーマ
アーティスト
  • RADWIMPS
    日本のロック・バンド。メンバーは野田洋次郎(vo,g,p)、桑原彰(g)、武田祐介(b)、山口智史(ds)の4名。愛称は“ラッド”。バンド名は“RAD”(すごいの俗語)と“WIMP”(弱虫)を合わせた“かっこいい弱虫”“マジスゲーびびり野郎……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015