浜崎あゆみ / RAINBOW [CCCD]

はてなブックマークに追加
浜崎あゆみ / RAINBOW [CCCD]
CD
CCCD
  • アーティスト:
  • 原題:
    RAINBOW
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    avex trax
  • 規格品番:
    AVCD-17239
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    浜崎あゆみ / RAINBOW [CCCD]をAmazon.co.jpで購入する浜崎あゆみ / RAINBOW [CCCD]をHMV.co.jpで購入する浜崎あゆみ / RAINBOW [CCCD]を楽天ブックスで購入する浜崎あゆみ / RAINBOW [CCCD]を@TOWER.JPで購入する
    浜崎あゆみ / RAINBOW [CCCD]を山野楽器で購入する浜崎あゆみ / RAINBOW [CCCD]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
「Voyage」「Free&Easy」といったヒット・シングルを含む5作目。それまでのヘヴィなギター・サウンドから一転、デジタルな音像を多用することによって、“未来”“希望”“光”というモチーフを映像的に描き出すことに成功している。軽やかなポップ感が印象的。
2002年No.1ヒットとなった『H』ほか、大ヒット・シングル5曲と新たなタイアップ3曲を含むニュー・アルバム。しかも今回はアジア6ヵ国で同時発売。年末年始の話題を独占!
トラックリスト
01everlasting dream
雨に霞んだ重い空が去り、晴れた空に虹がかかる……苦悩の後に喜びはくるという情景が浮かぶインストゥルメンタル・ライクな、アルバム『RAINBOW』のイントロダクション。淡々としながらもアルバムの予感を覚えるストーリー性のあるナンバー。
02WE WISH
アグレッシヴでハードなヴォーカル・ワークが走るアッパー・チューン。彼女のメッセージ性の強い詞が、HΛLの情熱的なアレンジにより、さらにハートに響く楽曲に昇華している。彼女の新しい息吹を感じるロック・ソウルだ。
03Real me
R&B調のアプローチで上質に仕上げたダンス・チューン。ヴァースで抑え気味のコーラスを多く盛り込み、サビでクールなウェット感を醸し出し高みへ行く、“あゆテイスト”のヴォーカルが気持ちよく映える。
04Free&Easy
HΛLのゴシック調のアレンジがドラマティックな展開を生む26thシングル。しっとりとした質感を持ったピアノをバックに進む壮大で鮮度ある曲線的な前半から、意志がハッキリと見える直線的な後半への斬新な構成は圧巻。
05Heartplace
CREA名義で作曲されたロック色の強いミディアム・チューン。ベースはタイトなロック・サウンドだが、弦一徹グループが奏でるストリングスを艶やかに楽曲へ添加した島健のダイナミックなアレンジにより、あゆ流のロック・アプローチとして完成。
06Over
美しいピアノやストリングスにほのかに陰を感じるイントロから、メランコリックなメロディへと流れるミディアム・スロー・バラード。切なさがあふれだす瞬時に高みへ昇るコーラス、母性を感じる“It is Over”というラスト・フレーズが印象的。
07HANABI
横文字のタイトルではあるが、思い描いたのは夏の終わりの物悲しさを感じる情緒ある和の花火であろう。ダブやアンビエントの要素を持ったサウンドに、彼女の世界観が存分に表われた詞が映える新感覚のポップスといえる。
08taskinillusion
彼女の多くのアレンジを手掛けるtasukuによるインストゥルメンタル・インタールード。アルバム『RAINBOW』のギア・チェンジ的な役割を持つナンバー。浜崎あゆみのヴォーカル・メロディが幻想的な雰囲気を醸し出している。
09everywhere nowhere
彼女のバック・キーボーディスト、popの作曲によるダンス・チューン。英語詞によるイントロダクションが楽曲への期待感を高める。トランス・テイストなサウンド・アレンジや過去を見つめながら未来へ向かうという詞もハマっている。
10July 1st
ナチュラルなギター・リフがそよ風のように包む、爽やかで夏らしいダンス・チューン。コーラスはマイナー調ではあるが、アタック感ある西川進のギターとDJ cool-Kのスクラッチによってダウナーな要素を打ち消している。
11Dolls
北野武監督作品『Dolls』に感化されてつくられたというミディアム・バラード。詞曲とも自身によるナンバー。蕾から花へ移ろうような繊細で荘厳な構成や“……ましょう”という詞を多用することで、純和風な雰囲気を醸し出している。
12neverending dream
静から動へ。熟し続けてきたものが実りあるものへと変化する瞬間を、壮大なスケール感で表現したHΛLによるインストゥルメンタル・インタールード。メロディの一音一音が煌びやかに舞うようなシンプルで豪華なナンバー。
13Voyage
ゆっくりと月日の重さを感じながら旅路を行くようなミディアム・スロー・チューン。島健による流麗でエッジの効いたストリングス・アレンジや、黒人のゴスペル調バック・コーラスが上質さを際立たせている28thシングル。2002年レコード大賞受賞曲。
14Close to you
響きわたる鐘の音、崇高な聖歌隊風のバック・ヴォーカル。それらしい詞は出てこないものの、浜崎あゆみ流クリスマス・ソングといっていい曲。壮大なクライマックスを演出するのにふさわしいアレンジは亀田誠治の手によるもの。
15independent+
ハンドクラップからスタートする勢いのあるアッパー・ダンス・チューン。ロック・テイストでアグレッシヴに表現したtasukuのアレンジが光る、日テレ系『THE BASEBALL 2002』イメージ・ソング。
タイアップ
  • 「everlasting dream」 - 松下電器「77MD」
  • 「everwhere nowhere」 - 松下電器「MJ−55」
  • 「Free&Easy」 - 松下電器「57MD」
  • 「HANABI」 - ツーカーセルラー東京
  • 「Heartplace」 - 松下電器「LUMIX」
  • 「independent」 - 日本テレビ「THE BASEBALL」イメージソング
  • 「July 1st」 - コーセー「ヴィセ」
  • 「Real me」 - 松下電器「D-snap」
  • 「Real me」 - 松下電器「D-snap AS10」
  • 「Voyage」 - TBS「マイリトルシェフ」主題歌
  • 「WE WISH」 - コーセー「ヴィセ」
  • 「+(プラス)」 - フジテレビ「ayu ready?」エンディングテーマ
  • 浜崎あゆみ
    1978年10月2日生まれ、福岡県出身のシンガー・ソングライター。愛称は“あゆ”。98年にシングル「Poker face」で歌手デビュー。共感を呼ぶ歌詞に加え、ファッションリーダーとしても注目され、若者のカリスマ的存在となる。その後、日本レ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは
[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』
[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015