ダフト・パンク / ランダム・アクセス・メモリーズ

はてなブックマークに追加
ダフト・パンク / ランダム・アクセス・メモリーズ
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    RANDOM ACCESS MEMORIES
  • ジャンル:
    エレクトロ/ダンス(海外)
  • レーベル:
    Sony
  • 規格品番:
    SICP-3817
  • 価格:
    2,400 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ダフト・パンク / ランダム・アクセス・メモリーズをAmazon.co.jpで購入するダフト・パンク / ランダム・アクセス・メモリーズをHMV.co.jpで購入するダフト・パンク / ランダム・アクセス・メモリーズを楽天ブックスで購入するダフト・パンク / ランダム・アクセス・メモリーズを@TOWER.JPで購入する
    ダフト・パンク / ランダム・アクセス・メモリーズを山野楽器で購入するダフト・パンク / ランダム・アクセス・メモリーズをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ガイドコメント
オリジナルとしては前作『Human After All〜原点回帰』以来約8年ぶりとなる、2013年5月22日リリースの4thアルバム。結成20周年となる2013年に送る、コロムビア・レコード移籍第1弾となる注目作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2013/5/20)  ⇒  2位 (5/27)  ⇒  4位 (6/3)  ⇒  4位 (6/10)  ⇒  2位 (6/17)  ⇒  9位 (6/24)  ⇒  8位 (7/1)  ⇒  7位 (7/8)  ⇒  8位 (7/15)  ⇒  10位 (7/22)  ⇒  14位 (7/29)  ⇒  21位 (8/5)  ⇒  17位 (8/12)  ⇒  26位 (8/19)  ⇒  22位 (8/26)  ⇒  36位 (9/2)  ⇒  36位 (9/16)  ⇒  2位 (2014/1/27)  ⇒  13位 (2/3)  ⇒  14位 (2/10)  ⇒  19位 (2/17)  ⇒  18位 (2/24)  ⇒  27位 (3/3)  ⇒  26位 (3/10)  ⇒  29位 (3/17)  ⇒  37位 (4/7)  ⇒  35位 (4/14)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2013/5/20)  ⇒  2位 (5/27)  ⇒  4位 (6/3)  ⇒  5位 (6/10)  ⇒  5位 (6/17)  ⇒  12位 (6/24)  ⇒  7位 (7/1)  ⇒  7位 (7/8)  ⇒  9位 (7/15)  ⇒  16位 (7/22)  ⇒  12位 (7/29)  ⇒  15位 (8/12)  ⇒  15位 (12/30)  ⇒  5位 (2014/1/27)  ⇒  4位 (2/3)  ⇒  5位 (2/10)  ⇒  12位 (2/17)  ⇒  16位 (2/24)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2013/5/20)  ⇒  2位 (5/27)  ⇒  9位 (6/3)  ⇒  7位 (6/10)  ⇒  6位 (6/17)  ⇒  3位 (2014/1/27)  ⇒  8位 (2/3)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2013/5/20)  ⇒  2位 (5/27)  ⇒  5位 (6/3)  ⇒  8位 (6/10)  ⇒  4位 (6/17)  ⇒  2位 (2014/1/27)  ⇒  7位 (2/3)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2013/5/20)  ⇒  1位 (5/27)  ⇒  4位 (6/3)  ⇒  6位 (6/10)  ⇒  8位 (6/17)  ⇒  5位 (7/8)  ⇒  9位 (12/30)  ⇒  3位 (2014/1/27)  ⇒  1位 (2/3)  ⇒  8位 (2/10)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2013/5/20)  ⇒  2位 (5/27)  ⇒  5位 (6/3)  ⇒  7位 (6/10)  ⇒  8位 (6/17)  ⇒  10位 (6/24)  ⇒  9位 (7/1)  ⇒  3位 (2014/1/27)  ⇒  7位 (2/3)  ⇒  10位 (2/10)
収録曲
01GIVE LIFE BACK TO MUSIC
ナイル・ロジャースがギターで参加したフューチャリスティックなディスコ・ブギー。ディスコ・クラシックス定番のファンキーなグルーヴにヴォコーダーを重ねながら、ずっと大切にしてきた音楽で今の音楽に命を再び吹き込むんだと歌う、温故知新の提言だ。
02THE GAME OF LOVE
フュージョンっぽい緩やかなメロディ・ラインで語られる恋の顛末。恋のゲーム……これも一つの恋の形なのかもしれないと、離れていってしまった恋人へ残した“ずっといてほしかっただけ”という言葉が痛切に胸に刺さる。たそがれたヴォコーダーが実に切ない。
03GIORGIO BY MORODER
電子楽器を駆使してディスコ・ミュージックの発展を促した作曲家、ジョルジオ・モロダーのナレーションを導入したエレクトロ・チューン。シンセで未来のサウンドを得ようとしたジョルジオの人生譚を、ファンキーなエレクトロとオーケストラを融合させて壮大に描写する。
04WITHIN
チリー・ゴンザレスの抒情的で物憂げなピアノとアンニュイで虚無的なヴォコーダーが、一面にやるせなさを漂わせる。僕が誰なのか教えてくれないか……自分自身の存在意義やアイデンティティに悩む心の葛藤を、見事に描き切ったミディアム・エレクトロだ。
05INSTANT CRUSH
ザ・ストロークスのヴォーカル、ジュリアン・カサブランカスを迎えたメランコリックなフューチャー・ポップ風。人間関係の難しさを意図したような意味深な詞世界を、ジュリアンがファルセットを駆使して物語る。メロディに内包されるロッキンな影が印象的だ。
06LOSE YOURSELF TO DANCE
ナイル・ロジャースのギター、ロボット二人のヴォコーダーをバックに、ファレル・ウィリアムスが“我を忘れて踊り狂え!”と歌う。分厚いベースにジョン・ロビンソン・ジュニアとオマー・ハキムの凄腕二人の生ドラムが加わった、シンプルなダンス・グルーヴが魅力。
07TOUCH
カーペンターズの名カヴァー「愛のプレリュード」の作詞で知られるポール・ウィリアムズをヴォーカルにフィーチャー。250トラック分の音を詰め込んだ狂気さは、プログレ的な音像にも表われている。触れ合いを通じて愛を抽象的に語る、8分超のエキセントリックな曲。
08GET LUCKY
4作目『ランダム・アクセス・メモリーズ』からの1stシングル。ナイル・ロジャースがシックで名を馳せた当時のディスコを、ロボット二人が近未来へ送り込むというコンセプトが白眉。“オールナイトで楽しいことしようぜ”と華麗に歌うファレル・ウィリアムスも好演。
09BEYOND
冒頭に壮大なオーケストラ・サウンドを配した、コスミックなフューチャー・ポップ。ポール・ウィリアムズによる、夢の向こう側へ続く魂の旅には愛が不可欠なんだというピュアな詞世界を、心の声にも思えるヴォコーダーで表現。心を洗うような普遍性に満ちた一曲だ。
10MOTHERBOARD
オーケストラをバックに擁したインストゥルメンタル。優雅で神秘的なサウンドスケープで展開されるが、後半より生命体の誕生を思わせるダイナミックな音像へと移り変わる。プリミティヴなリズムを有したプログレ風味のトラックだ。
11FRAGMENTS OF TIME
大ヒット作『ディスカバリー』収録の「フェイス・トゥ・フェイス」以来となるトッド・エドワーズとの共演。トロピカルな楽園的ムードのギターやペダル・スティールをちらちらと挟み込みながら君と一緒に永遠のパラダイスを目指そうと語る、陽気なミディアム・ポップだ。
12DOIN' IT RIGHT
フューチャリスティックなヴォコーダーと天真爛漫としたパンダ・ベアー(アニマル・コレクティヴ)のヴォーカルが素晴らしい融和を披露してくれる。肩の力を抜いたリラックス・モードのエレクトロで、“ちゃんとやってればみんな踊り出すはずさ”と歌う。
13CONTACT
冒頭から挿入されるのは、アポロ17号に乗って月へ到着したユージーン・サーナン船長の音声。フレンチ・ハウス界を代表する盟友、DJファルコンをモジュラー・シンセに迎え、オマー・ハキムの生ドラムも激動するエクセントリックなナンバーだ。
14HORIZON
4作目『ランダム・アクセス・メモリーズ』日本盤のボーナス・トラックとして収録されたインストゥルメンタル・トラック。“水平線”から昇る朝日の陽光に照らされた景色とその緩やかな時間の流れを神々しく映し出す。希望が満ちるエンディングだ。
(14)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ダフト・パンク
    仏・パリ出身、トーマ・バンガルテルとギ=マニュエルによるハウス/エレクトロ・デュオ。学生時代のクラスメイトと組んだバンドが音楽誌から酷評された際の“ダフト(愚かな)パンク”のフレーズが気に入り、デュオとなって以降、本格的にハウス・ユニット“……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015