寺尾聰 / リ・クール・リフレクションズ [SA-CDハイブリッド]

はてなブックマークに追加
寺尾聰 / リ・クール・リフレクションズ [SA-CDハイブリッド]
SA-CD
SA-CDハイブリット
  • アーティスト:
  • 原題:
    RE - COOL REFLECTIONS
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    A&A
  • 規格品番:
    IOCA-20195
  • 価格:
    3,300 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    寺尾聰 / リ・クール・リフレクションズ [SA-CDハイブリッド]をAmazon.co.jpで購入する寺尾聰 / リ・クール・リフレクションズ [SA-CDハイブリッド]を@TOWER.JPで購入する寺尾聰 / リ・クール・リフレクションズ [SA-CDハイブリッド]をHMV.co.jpで購入する寺尾聰 / リ・クール・リフレクションズ [SA-CDハイブリッド]を楽天ブックスで購入する寺尾聰 / リ・クール・リフレクションズ [SA-CDハイブリッド]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
81年発表のアルバム『Reflections』を、25年ぶりに当時と同じメンバーで再録。よりクールにリメイクされ、シャレたシティ・ポップスへと昇華している。TBS『ザ・ベストテン』12週連続1位記録を持つ「ルビーの指環」もスタジオ・ライヴ・ヴァージョンで収録。
ガイドコメント
87年の『Standard』以来、約19年ぶりとなる寺尾聰のアルバム。J-POP史に残る名曲「ルビーの指環」などのデビュー盤『Reflections』の収録曲を、井上鑑や高水健司といった当時のメンバーらとともに再録音した、企画色の濃い一枚。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    15位 (2006/12/18)  ⇒  26位 (2007/1/1)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    9位 (2006/12/18)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    9位 (2006/12/18)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    6位 (2006/12/18)  ⇒  6位 (2007/1/1)  ⇒  9位 (1/8)  ⇒  18位 (1/15)
収録曲
01Re-Cool HABANA EXPRESS
81年にリリースした大ヒット・アルバム『Reflections』に収録されていたナンバーのセルフ・カヴァー。当時のオリジナル・ヴァージョンとは異なる、スティール・ドラムをフィーチャーしたアレンジが、古くからのファンには新鮮だ。
02Re-Cool 渚のカンパリ・ソーダ
スウィートでビターなひと夏の出来事を歌ったポップ・チューン。ビーチ・ボーイズを彷彿とさせる軽快なコーラス・ワークと寺尾の渋いヴォーカルとの絡み合いが楽しい。それにしても「八月は出逢う女を恋人に変えちまうよ」とは、プレイボーイ過ぎる!
03Re-Cool 喜望峰
孤独な男の人生を一人旅になぞらえた歌詞がたまらなく渋い大人のロック・ナンバー。セクシーなサックスやワウを効かせたギターによるファンキーでジャジィなサウンドと、歌謡曲テイストのメロディとのバランスが絶妙だ。
04Re-Cool 二季物語
一言で表現するなら“アダルト・オリエンテッド歌謡曲”とでも言うべきか。暗く重苦しい雰囲気の中で、ギターがアンニュイに響く前半部分は冬の別れを、軽快なリズムの上をピアノが踊る後半は夏の情事をと、アレンジの妙で「二季物語」を表現している。
05Re-Cool ルビーの指環
彼の最大のヒット作であり、昭和を代表する名曲のひとつである「ルビーの指環」を25年ぶりにセルフ・カヴァー。印象的なギター・リフに男の悲哀を描いた切なげな歌詞、円熟味を増したヴォーカルと渋くてセクシーな大人の魅力に、もはやノックアウト必至!
06Re-Cool SHADOW CITY
イントロや間奏で効果的に使われる気だるいスキャットのリフレインが、耳から離れなくなりそうなミディアム・バラード。別れる恋人との最後の時間を歌った詞はキザ過ぎるはずなのに、彼が歌うと違和感なく、カッコよく聴こえてしまうのが不思議。
07Re-Cool 予期せぬ出来事
ファンキーでアダルトな雰囲気たっぷりのギター・リフがクールなナンバー。初めて出会った女とパーティを抜け出して、「シナリオ気にしてちゃ恋はできないぜ」なんていう、男なら一度は憧れるシチュエーションが、この歳でサマになるのはさすが。
08Re-Cool ダイヤルM
アルフレッド・ヒッチコックの傑作映画からタイトルを拝借したムーディなナンバー。アダルトで気だるい雰囲気が漂うなか、フリューゲル・ホーンとパーカッションによるフリー・ソウル的アレンジが新鮮なアクセントを与えている。
09Re-Cool 北ウィング
いかにも歌謡曲といったタイトルのとおり、歌のメロディもサウンド・アレンジも、聴けば聴くほどに演歌調の歌謡曲そのもの。だが、寺尾の渋くてセクシーな声と歌いまわしや独特の存在感によって、一言で歌謡曲と片づけられない不思議で妖艶な曲に仕上がっている。
10Re-Cool 出航SASURAI
どこまでもキザで、いじらしいほどカッコイイ、そんなクールな男の世界全開の歌詞が素敵なミディアム・ナンバー。音飛びと間違えるほどブレイクを多用するAメロが、だんだんとクセになる。優しくセクシーなヴォーカルとストリングスの澄んだ音色の相性もバッチリ。
11ルビーの指環1981
当時の賞レースを総ナメにした金字塔的大ヒット曲を、豪華メンバーとともに新たにライヴ・レコーディングした貴重な一曲。当時を知る人も、俳優の寺尾聰しか知らない人も、ミュージシャンとしての彼の魅力を余すところなく実感できるはず。
仕様
SA-CDハイブリッド仕様
タイアップ
  • 「Re-Cool HABANA EXPRESS」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
アーティスト
  • 寺尾聰
    1947年5月18日生まれ。横浜市出身。俳優・歌手。父は俳優の故宇野重吉。64年ザ・サベージ結成。ベース担当。66年「いつまでもいつまでも」でデビュー。70年ソロ活動開始。 81年『Reflections』リリース。「ルビーの指環」で日本レ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015