ヒルクライム / リサイタル [CD+DVD] [限定][廃盤]

はてなブックマークに追加
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    RECITAL
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ユニバーサルJ
  • 規格品番:
    UPCH-9539
  • 価格:
    3,143 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ヒルクライム / リサイタル [CD+DVD] [限定][廃盤]をAmazon.co.jpで購入するヒルクライム / リサイタル [CD+DVD] [限定][廃盤]を@TOWER.JPで購入するヒルクライム / リサイタル [CD+DVD] [限定][廃盤]をHMV.co.jpで購入するヒルクライム / リサイタル [CD+DVD] [限定][廃盤]を楽天ブックスで購入するヒルクライム / リサイタル [CD+DVD] [限定][廃盤]をTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
2010年1月13日発表の1stアルバム。「純也と真菜実」「春夏秋冬」「もうバイバイ」といったシングル曲をはじめ、独特の日本情緒を垣間見せるリリックと、ピアノやストリングスの柔らかな音像にアクの強いビートを潜ませたトラックの数々を収録。
収録曲
[Disc 1]
01〜OPENING〜
1stアルバム『リサイタル』の幕開けを告げる1分強のオープニング・トラック。ロビーのざわめきや開演前の注意事項のアナウンス(マユミーヌが声を担当)などが続き、クラシック・コンサートの開演前の心躍る気分が味わえる。
02リサイタル〜ヒルクライム交響楽団 作品第1番変ヒ短調〜
1stアルバムのタイトル曲。TOCがMCスキルを全開にしてアグレッシヴなラップで“唱和 ヒルクライマー交響楽団 俺と一緒に歌おうか”と煽る、ダンスホール調のナンバー。座って聴いてなどいられない“リサイタル”の開演だ。
03チャイルドプレイ
リヴァーブを効かせたキーボードによる幻想的なサウンドと、TOCのハキハキとしたMCが絶妙に対比をみせたミッド・ナンバー。“子供の頃の心そのまま”で音楽を作っているのだとつぶやくリリックが、しんみりと響く。
04春夏秋冬
ヒルクライムの代表曲となった、アコギやストリングスを用いた壮大なバラード。サビで上昇と下降を繰り返すヴォーカル・ラインがとてもドラマティック。長い時間を一緒に過ごしたいという願いを込めたリリックにも、心を揺り動かされる。
05雨天
湿り気を帯びたアコギとキーボードだけのシンプルなマイナー調によって、雨空と晴れない心を描写したナンバー。“雨が止まないのなら、俺がお前の太陽となる”という男気あふれる言葉を、あえて抑えの効いた低いトーンで歌ったところに真剣さがうかがえる。
06LAMP LIGHT
それぞれの大切な夢や想いを絶やすことなく胸に“灯せ”と鼓舞するミッド・ナンバー。重いビートにノスタルジックなシンセを乗せたサウンドは、静かにずしりと重く響く。冒頭のジッポ・ライターに火を点ける音を使うアイディアもおもしろい。
07RIDERS HIGH
エフェクトをかけたギターの重低音や硬質なドラム音がハード・ロックのような印象すら与えるテクノ調のナンバー。高速ラップを駆使しながら“ハイグレードカスタムさらにまたアイテムを足すか”など、カスタム・カーにまつわるライミングもなかなか。
08射程圏内 (feat.SUNSQRITT)
SUNSQRITTをフィーチャーしたアッパー・レゲエ・チューン。ダンスホールらしいノリのよいサウンドにのせて、SHAKA-Tはがなり気味に、SCAR-FACEは清々しく、TOCは歯切れよく“夢を射程圏内にとらえろ”とラップする。
09もうバイバイ
アコースティック・サウンドにラップを重ねた、ヒルクライムの十八番ともいえるミッド・ナンバー。気持ちが離れてしまった二人の心境を綴っており、なかでも“「別れが来るなら出会いなんて無かった方がいい」なんて……言わないでくれよ”の一節が悲しい。
10イバラの道 (feat.BOXER)
TOCと客演のBOXERがラップを交互に繰り出すナンバー。特徴的なマイナー・コードのリズムを繰り返すことで、重たくも苦しい人生の“イバラの道”を表現。温かく前向きな楽曲を得意とするヒルクライムとしては異色。
11ツボミ
夢に向かって生きる“俺たち”を花の“ツボミ”に喩えて“いつか花を咲かせよう”と歌う、ドリーミーかつピュアなキーボードの音色が印象的な楽曲。歌詞に月ごとに見ごろを迎える花の名前を挙げるなど、女性的な感性が息づいた仕上がりだ。
12純也と真菜実
ヒルクライムのメンバーが親友の結婚に際して、彼女とのエピソードを聞いて書き下ろしたラヴ・ソング。ストリングスとピアノをフィーチャーした荘厳なサウンドに乗せ、“ふたりは相思相愛”と高らかに宣言するサビは、すぐに口ずさみたくなるほどキャッチー。
13My Place
心から気を許せる場所へと帰ったときの安堵感を歌ったミッド・スロー・ナンバー。柔らかくつま弾かれるアコギのシークエンスが、自然とやさしい気持ちにさせてくれる。アルバム『リサイタル』のクロージング・トラック。
[Disc 2]〈DVD〉
01純也と真菜実
02春夏秋冬
03もうバイバイ
アーティスト
  • Hilcrhyme
    1981年10月4日生まれ、新潟県出身のヒップホップMC、TOCのソロ・ユニット。2006年にDJ KATSUとのユニットとして結成し、2009年にシングル「純也と真菜実」でメジャー・デビュー。2ndシングル「春夏秋冬」で全国的にブレイクし……
  • 同時発売作品
    ヒルクライム / リサイタル [廃盤]
    UPCH-1763   2,667円+税   2010/01/13 発売
    ヒルクライム / リサイタル [廃盤]をamazon.co.jpで購入するヒルクライム / リサイタル [廃盤]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するヒルクライム / リサイタル [廃盤]をHMV.co.jpで購入するヒルクライム / リサイタル [廃盤]を楽天ブックスで購入するヒルクライム / リサイタル [廃盤]をTSUTAYAで購入する
    新潟在住のMC TOCとDJ KATSUによるヒップホップ・ユニットのメジャー1枚目のアルバム。開演のベルとアナウンスが冒頭に入り、ホールでリサイタルが開幕するようにスタート。2009年9月に発売しロ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[特集] 〽玉川太福のまるごとぉぉぉぉぉ『浪曲師 玉川太福読本』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015