DOUBLE / Reflex

はてなブックマークに追加
DOUBLE / Reflex
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    REFLEX
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    フォーライフ
  • 規格品番:
    FLCF-4193
  • 価格:
    3,142 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    DOUBLE / ReflexをAmazon.co.jpで購入するDOUBLE / Reflexを@TOWER.JPで購入するDOUBLE / ReflexをHMV.co.jpで購入するDOUBLE / Reflexを楽天ブックスで購入するDOUBLE / ReflexをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
シングル「SPRING LOVE」「SUMMERTIME」(feat.VERBAL)を収録した約3年9ヵ月ぶりとなるフル・アルバム。2000年代後半におけるR&B、ヒップホップの最新鋭サウンドとJ-POPとしての親しみやすさのバランスが見事。色彩豊かなヴォーカルも素晴らしい。
ガイドコメント
およそ3年9ヵ月ぶりとなるオリジナル・アルバム。ダンサブルなアッパー・チューンやスウィート・ヴォイスが光るミディアム・バラードなどが幅広く収録され、より煌びやかにグレード・アップしたサウンドが堪能できる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    15位 (2007/8/6)  ⇒  40位 (8/13)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    5位 (2007/8/6)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    8位 (2007/8/6)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    12位 (2007/8/6)  ⇒  14位 (8/13)
収録曲
01SPRING〜intro
02SPRING LOVE
DOUBLE本人による100声を超える(!)コーラス、クラシックの要素を感じさせるピアノ、上品かつおおらかなメロディ、春の雰囲気のなかで描かれる深遠なる愛。R&Bを超えた、独創的・普遍的なラブ・ソングだ。
03DOUBLE'S STYLE〜interlude
04We International (feat.Ak'Sent)
LA出身のフィメール・ラッパー、アクセントをフィーチャーしたR&Bチューン。2000年代の流行のひとつ、和楽器の音色を取り入れたトラックとDOUBLEによる強靭でエロティックなフロウが、しっかりと融合している。
05Reflex
キラキラとした光りを放つサウンド・エフェクトとダンスホール・レゲエ〜ヒップホップをナチュラルにつなぐトラックが印象的。圧倒的なオリジナリティとオリエンタルな空気を同居させた、アルバムのタイトル・チューン。
06This close
スウィートにしてセクシーなメロディとなめらかに流れていくグルーヴが何とも気持ちいい、ヒップホップ・ソウル系のバラード。アナログ・テイストのミックスも、シックな空気をたたえた曲想によく似合っている。
07Autumn〜interlude
08WHY DO YOU GO
どうして行ってしまうの? というタイトルどおり、突然の別れに戸惑い、崩れていく女性を描いた失恋ソング。叙情的なリリックを、深いソウルネスを備えたサウンドがしっかりと支えている。抑制の効いたヴォーカルも大人っぽくてステキ。
09SUMMERTIME (feat.VERBAL)
ダンスホール・レゲエ、ヒップホップ、R&Bなどのエッセンスを独自のセンスによってクロスオーヴァーしたトラックがとにかく斬新。VERBALを迎え、“海へ行こうよ、遊ぼうよ、楽しもうよ”というハッピー&お気楽なノリが心地よいサマー・アンセム。
10Arabian Dream
中近東あたりのエキゾティック&ミステリアスな音像を用いながらも、トラックはしっかりとUS調R&Bとして成立。サウンド・メイクにおけるセンスの良さ、意外性に満ちたアイディアが感じられるダンス・チューンだ。
11Emotions
骨太のブレイクビーツと激アッパーなホーン・セクションでテンションが一気に上がるダンス・チューン。音楽をクリエイトするときの感情(=“エモーション”)の盛り上がりをテーマにしたと思われるリリックも、きわめて興味深い。
12ROCK THE PARTY (feat.BOY-KEN&ORQUESTA DE LA LUZ BAND)
BOY-KENとオルケスタ・デ・ラ・ルスをフィーチャーした、ラテン・モード全開の灼熱系ナンバー。華麗にシンコペーションするビートと週末のパーティを描いた詞が、快楽を呼び起こす。レゲエ調のがなる男臭いフロウで顔を出すBOY-KENとの相性も絶妙。
13Winter Love Song
舞い降りる雪のなか、しっかりと抱き合いながら愛を確かめ合うカップルというベタなシチュエーションを、純度の高い歌唱とサウンドで洗練されたソウル・バラードへと昇華。決して大げさでなく、メロディの良さを伝えるヴォーカルが素晴らしい。
14D-O-U-B-L-E〜interlude
15Call Me
妖艶でヴォリューム感を打ち出す音作りとは裏腹に、キュート&ガーリィな歌詞が超チャーミングなヒップホップ・チューン。ジャパニーズR&Bクイーンという貫禄を持ち合わせながらのこのギャップが、リスペクトの一因となるのだ。
16THE LOVE ON FIRE
スパニッシュ調を色濃く感じさせるトラックのなかで描かれるのは、どこまでも激しく燃え上がる愛の炎。情熱的なリリックと洗練されたサウンドのコントラストや、強烈な愛を内に秘めたヴォーカリゼーションが印象的なナンバー。
17Run Away Love (feat.Lupe Fiasco)
シカゴ出身の気鋭ラッパー、ルーペ・フィアスコをフィーチャーしたオーセンティックなヒップホップ・ソウル。濃密なヴァイブスを放つフロウや、やわらかくフェミニンな手触りをたたえたメロディが、ナチュラルに響き合う。
タイアップ
  • 「Call Me」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」
  • 「ROCK THE PARTY」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」
  • 「SPRING LOVE」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
  • 「SUMMERTIME feat. VERBAL」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
  • 「SUMMERTIME feat.VERBAL」 - MLJ「アーティスト公式サウンド」TV-CMソング
  • 「We International feat.Ak'Sent(TURBO's sigma Mix Edit)」 - 富士フイルム「Finepix Z100fd」TV-CMソング
アーティスト
  • DOUBLE(R&B / TAKAKO)
    新潟出身の女性歌手、TAKAKOのソロ・プロジェクト。姉のSACHIKOとともに姉妹R&Bデュオとして1998年にシングル「For me」でデビュー。「Shake」でブレイクするもSACHIKOが急逝。2000年よりTAKAKOのソロとして……
  • 同時発売作品
    FLCF-4192   3,666円(税込)   2007/08/08 発売
    DOUBLE / Reflex [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入するDOUBLE / Reflex [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するDOUBLE / Reflex [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するDOUBLE / Reflex [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するDOUBLE / Reflex [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する
    およそ3年9ヵ月ぶりとなるオリジナル・アルバム。ダンサブルなアッパー・チューンやスウィート・ヴォイスが光るミディアム・バラードなどが幅広く収録され、より煌びやかにグレード・アップしたサウンドが堪能でき……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015