トーキング・ヘッズ / リメイン・イン・ライト [再発]

はてなブックマークに追加
トーキング・ヘッズ / リメイン・イン・ライト [再発]
CD
ガイドコメント
トーキング・ヘッズの最も重要な作品。メンバー以外のリズム隊に黒人ミュージシャンを起用し、ロックとアフリカン・ビートの融合という前衛的な試みを見事に結実させている。
チャート
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    13位 (2009/1/12)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    15位 (2009/1/19)
収録曲
01BORN UNDER PUNCHES (THE HEAT GOES ON)
フリーキーなギターとブンブン跳ねるファンキーなベース・ラインが混沌としたグルーヴを形成していくダンサブルなナンバー。パーカッションやポリリズムへの傾倒など、アフリカ音楽の影響がそこかしこに見え隠れしている。
02CROSSEYED AND PAINLESS
音数が少ないながらも印象に残るキーボードのフレーズや、ギターのプロセシング音のフィード・バックが印象的な曲。プロデューサーのブライアン・イーノが演奏でも参加し、5ピースでの分厚い演奏となっている。
03THE GREAT CURVE
ブラス・ホーンと金属的なギター・カッティング、パーカッションのビートが有機的に絡み合い、テンションの高い未曾有のグルーヴを生み出している。奇天烈なギター・サウンドは奇才エイドリアン・ブリューによるもの。
04ONCE IN A LIFETIME
エレクトロ・ミュージックのようなジェリー・ハリソンのループするキーボード・プレイとポエトリー・リーディングのようなデヴィッド・バーンの歌唱。2つの要素が絶妙に融合した昂揚感のあるアップ・テンポなナンバー。
05HOUSES IN MOTION
どファンクなサウンドにソウルフルなヴォーカルが炸裂する、熱すぎるナンバー。前衛トランぺッター、ジョン・ハッスルの鳴らす象の鳴き声のようなブラスも、この奇妙な世界を形成する要素のひとつとして効果的に機能している。
06SEEN AND NOT SEEN
ハンドクラップとベース・ラインが牽引するリズムを基盤に、シンセ・フレーズの断片が走馬灯のように駆け巡っていく。人類最初のハウス・ミュージックとエレクトロニカが同時に産声を上げたかのような、スペクタクル・ミュージックだ。
07LISTENING WIND
アラビア風のオリエンタル・サウンドを前面に押し出したナンバー。幻想的で浮遊感漂うサウンドを背景に、物語を語るように黙々と歌うバーンの歌声が、どこかしらルー・リードを彷彿とさせる。
08THE OVERLOAD
フリー・ジャズ的ともいえるノイジー&スペイシーなサウンドスケープの中に、重苦しいデイヴィッド・バーンの歌声が呪文のように響くサイケデリック・ナンバー。最後まで大きな盛り上がりはないが、マグマのようにうごめくサウンドは、かなりの熱さだ。
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • トーキング・ヘッズ
    1974年にデヴィッド・バーン、クリス・フランツ、ティナ・ウェイマスの3人で結成し、77年にジェリー・ハリスンが加わりデビュー。当初は知的なイメージが先行していたが、80年の『リメイン・イン・ライト』ではアフリカン・リズムを導入し、エスノ・……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表
[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る[インタビュー] DJ KAORI、デビュー20周年を迎えた人気DJが、ディズニーの名曲をノンストップミックス
[インタビュー] 何事にも全力!丘みどり、デビュー15周年ベスト・アルバムを発表[インタビュー] “全曲シングル”なコンピレーション『SLENDERIE ideal』発売記念!藤井 隆×吉田 豪
[特集] アルチザン・筒美京平の魅力 [対論]萩原健太×湯浅 学[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表
[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集
[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015