BONNIE PINK / REMINISCENCE

はてなブックマークに追加
BONNIE PINK / REMINISCENCE
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    REMINISCENCE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ワーナーミュージック・ジャパン
  • 規格品番:
    WPCL-10193
  • 価格:
    2,514 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    BONNIE PINK / REMINISCENCEをAmazon.co.jpで購入するBONNIE PINK / REMINISCENCEを@TOWER.JPで購入するBONNIE PINK / REMINISCENCEをHMV.co.jpで購入するBONNIE PINK / REMINISCENCEを楽天ブックスで購入するBONNIE PINK / REMINISCENCEをTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
2005年9月にデビュー10周年を迎えるBONNIE PINKの初のフル・カヴァー・アルバム。彼女の音楽的ルーツである楽曲を、洋邦問わず交流のある豪華アーティストたちとフリーにコラボレートした話題作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    22位 (2005/6/20)  ⇒  36位 (6/27)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    19位 (2005/6/20)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    10位 (2005/6/20)  ⇒  10位 (6/27)
収録曲
01Ordinary Angels (with Tore Johansson)
オーストラリアのバンドFrente! の曲のカヴァー。久しぶりにタッグを組んだトーレ・ヨハンソンの手腕により、アコースティックを基調とした原曲が爽快なスウェディッシュ・ポップに生まれ変わっている。
02Perfect (with mito & おおはた雄一)
90年に解散した、エディ・リーダー率いるフェアグラウンド・アトラクションのカヴァーで、クラムボンのミトと共演した曲。アコースティックな音とカントリー風のメロディに心が癒される。
03Manic Monday (with Yuka Honda)
チボ・マットの本田ゆかとコンビを組んでの、バングルスの名曲のカヴァー。エレクトロニカとアコースティック・ギターの音色が溶け合った美しい曲に仕上がっている。ガーリィな魅力が全開になるコーラス部分もグッド!
04Got Me A Feeling (with DJ Mitsu the Beats、平井堅)
DJ Mitsu the beatsに平井堅という異色の組み合わせが参加したことでも話題となった、Misty Oldlandによる名曲のカヴァー。彼女による日本語の歌詞が曲のイメージに良く合っている。
05The Origin of Love (with HONESTY)
大ヒットした映画『ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ』劇中曲のカヴァーで、會田茂一と高桑圭の二人が全面的に参加。いかにも會田茂一らしいギターの音色が、曲にグッと深みを与えている。
06Don't Get Me Wrong (with The Miceteeth)
プリテンダーズの名曲を、総勢11人の大所帯バンドMiceteethと組んで大胆にカヴァーした楽曲。Miceteethの面々が奏でるホーンの音色が、原曲とはまるで違った印象を与える。BONNIE PINKの可愛らしいヴォーカルもイイ。
07真夏の果実 (with 斉藤和義)
サザンオールスターズが90年代に残した名曲の一つを、斉藤和義と一緒にカヴァーした楽曲。アコースティック・ギターに乗せ、2人がコーラスするサビの部分を聴くと、サザンのそれとは違った種類の切ない感情がこみ上げてくる。
08That's Just What You Are (with 松岡モトキ、奥野真哉)
エイミー・マンの『アイム・ウィズ・ステュピド』に収録された魔法のような名曲を、ソウル・フラワー・ユニオンの2人とともにカヴァーした楽曲。完璧なまでにポップなメロディとBONNIE PINKのヴォーカルの相性が抜群に良い。
09Your Eyes (with 川上つよしと彼のムードメイカーズ)
誰もが耳にしたことがあるであろう、山下達郎の名曲をカヴァー。共演した川上つよしと彼のムードメイカーズによるホーンの音色とレゲエのリズムが、爽やかな夏の晴天を感じさせる。夏休みのお出かけにピッタリの一曲。
10Through The Dark
BONNIE PINK初のカヴァー・アルバム『REMINISCENCE』の中で唯一、彼女単独による楽曲。原曲はUKのギター・ポップ・バンド、ザ・サンデーズ。エレクトロニカ・テイストが加わり、原曲とは異なる印象の楽曲に仕上がっている。
アーティスト
  • BONNIE PINK
    1973年4月16日、京都府生まれの女性シンガー・ソングライター。95年にアルバム『Blue Jam』でデビュー。トーレ・ヨハンソン制作の『Heaven's Kitchen』やミッチェル・フルームと組んだ『Let go』など洋楽的なサウンド……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015